キレイと健康はお風呂から!今日からできるバスタイムの過ごし方

キレイと健康はお風呂から!今日からできるバスタイムの過ごし方

健康的な美しさに欠かせないのが、血色の良い健康的なお肌。気温が低くなる時期、冷えは女性にとって悩みの種…「冷えを改善するにはお風呂」とよく耳にしますが、同じお風呂でも入り方でその差は歴然!今回は、温め効果の高まる入浴法をご紹介します。


血行促進で中から温める!冷え改善入浴法

シャワーでは身体の表面しか温まらない一方、湯船に時間をかけてゆっくりつかることで、身体の中から温まり、冷めにくくなる効果があります。次に、時間をかけてじっくりと血流を促すことで、身体を温める効果が高く、湯冷めしにくくなる入浴法を見ていきましょう。

ぬる湯に15~20分ゆっくりつかる

42℃以上のあつ湯に長時間つかるのは、のぼせの原因になったり、身体に負担がかかったりしてしまいます。38℃~40℃くらいのぬる湯にゆっくりつかるほうが、時間をかけてじっくりと身体を温められますし、副交感神経が優位になってリラックス効果も高まりますよ。

お湯を適温でキープする

家庭用のお風呂などは、最初は適温でも、ゆっくりつかるうちに温度が下がってしまいます。じっくり温まるためにも、追い炊きや足し湯などをうまく利用して、適温をキープしましょう!

全身浴ができない日は、半身浴や足湯がおすすめ

湯船にお湯を張って全身浴を毎日続けるのは、負担に感じられることもあるはず……。全身浴ほどではありませんが、湯船に少なめにお湯を張る半身浴や足湯にも、全身を温める効果があります。湯船につからない時も、半身浴やバケツを利用した足湯などで、ゆっくり温まってみましょう!

最適な入浴タイミングで快眠へ

多くの女性が悩んでいる冷えや美容のために睡眠の質も意識したいところです。実は、夜の入浴にはベストなタイミングがあるんです。次に、心地良い睡眠に導くための入浴法をご紹介します。

入浴にベストなタイミングは就寝の1~2時間前!

人は「身体の内部の体温が下がる過程」で自然に眠気を感じるようになっています。入浴後すぐ就寝すると、体温が高いまま下がりませんし、時間が経ちすぎると就寝前に体温が下がりきってしまい、どちらも寝付きにくくなってしまいます。就寝1~2時間前に入浴すると、ちょうど就寝時間に体温が下がり始め、ぐっすり眠れます。

お風呂の入り方を変えるだけで、冷えだけでなく睡眠も改善して健康的な美肌を保つ秘訣に……!他にも、多くの女性を悩ませる肩こりやむくみの改善など、正しい入浴にはメリットがたくさん!寒い日が続く冬にぜひ取り入れてみてくださいね!

最新の投稿


カラダを内側から温める!手軽にできる薬膳温活ライフ

カラダを内側から温める!手軽にできる薬膳温活ライフ

カラダにじんわりと染み渡るあったかいスープ。薬膳の考え方を取り入れて、温め効果をレベルアップさせませんか?今回はカラダを温めて疲れを癒やす、スープジャーで作る薬膳スープをご紹介します。お鍋でも手軽に作れますから、ぜひチャレンジしてみてください。食べ終わる頃にはカラダがポカポカになりますよ。


冬のおしゃれを楽しむ!スマートに魅せるあったかコーデ術

冬のおしゃれを楽しむ!スマートに魅せるあったかコーデ術

寒がりだけど化学繊維のインナーは苦手、でも厚着すると着太りが気になる……そんなお悩みも「メリハリ」が意識できていれば、厚着をしてもモコモコしたぬいぐるみのような見た目になることもありません。今回は、あたたかいのにすっきりキマる冬コーデのポイントをご紹介します。


秋冬の美肌づくりの鍵は、「角質」が握っている?

秋冬の美肌づくりの鍵は、「角質」が握っている?

銀杏の葉も日ごとに色づきだし、本格的な秋の訪れを感じるようになりました。この時季は、何となくやる気が起きない、身体がだるいなど、夏の疲れが出やすくなります。季節の変わり目は、体調だけでなく肌にも疲れが出やすいので要注意です。今のうちに夏の疲れを癒やして、秋冬のための美肌づくりを意識しましょう!


心のざわつきをリセット、「大人の塗り絵」のリラックス効果

心のざわつきをリセット、「大人の塗り絵」のリラックス効果

秋冬はなんだか調子が出ない……そんな不調は日照時間の減少と関係があるといわれています。この時期はいつもよりストレスを抱え込みがちです。秋冬の夜長にぴったりな「大人の塗り絵」は、リラックス効果やリフレッシュ効果があることが知られています。1日の最後に試してみてはいかがでしょうか。


きのこで食欲の秋を健康的に

きのこで食欲の秋を健康的に

食欲の秋、楽しみな食材のひとつといえば、この時期に旬を迎えるきのこ類。野菜類と並んでダイエット食材のイメージが強いきのこですが、美容や健康にうれしいたくさんのビタミンやミネラルを含んでいることは、案外知らない方が多いかもしれません。今回は、きのこの豊富な栄養と、その栄養を無駄なく活かす食べ方についてご紹介します。