40代、キレイの旅に漕ぎ出そう

12星座占いに関する記事


6月27日(月)~7月10日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

6月27日(月)~7月10日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

6月29日、かに座で新月が起こります。新月は、星占いでは「スタート」のタイミングと読み解きますが、そのパワーが特にくっきりと出るのが今回。世の中的に「どんどん前へ進もう!」、「リスクを恐れていても意味がない!」という勢いのある時期なのですが、こうした時期はどうしても「家族や仲間の気持ちは置いてきぼりにする」ということになりがちです。この新月では、前に進むこと・上を目指すことばかりではスカスカになりがちな、心の「ベース」とも呼べる部分を思い出すように、と私たちに呼びかけてくれているように思います。家族や仲間との絆に、ハッと大事なことを思い出させてくれるような出来事も起こりそうです。


いよいよ下半期!2022年後半、どう過ごす?運気に沿ってメリハリのある計画を

いよいよ下半期!2022年後半、どう過ごす?運気に沿ってメリハリのある計画を

「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が12星座のトップバッターであるおひつじ座に滞在し、世のなかがフレッシュな勢いに満ちている夏。7月中は「考えるよりも、とにかく行動してみよう!」という行動力が運にブーストをかけてくれます。慎重派の方も、この時期は「よし!」と勇気を出しやすいはず。ぜひ前向きに行動を起こしてみてはいかがでしょうか?8月下旬からはエンタメや旅行、イベントなどが本格的に復活。「アフターコロナ」の動きを実感する方が多いでしょう。好奇心のままに行動を起こしてみると、面白いことにたくさん出会えそうです。運気の転換点は10月末。ここで「気持ちの整理」、「いらないものを手放す」的な動きが起こり、年末には再び、快活な勢いが戻ってきます。


6月13日(月)~6月26日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

6月13日(月)~6月26日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

6月21日は太陽がかに座に移動する日、つまり「夏至」です。占星術ではこの夏至の瞬間のホロスコープ(夏至図)を読み解いて向こう3ヵ月の世相を占うのですが、今年の夏はどんな日々となるでしょうか。ぱっと拝見した限りでは、災害への備えはこれまでと同じく万全に。これは年末までずっと、注意は怠らないようにしたいものです。経済は、豊かさのためにはまだまだ抜本的な改革が必要とされる見通しです。こうした流れのカギを握っているのは、私たち一人ひとりであるというサインも読み取れます。世の中の動きに関心を持とう、声を上げようという流れは、この夏も変わらないと思われます。ちょっぴり堅苦しい前書きになりましたが、星座ごとの運勢も見てまいりましょう!


5月30日(月)~6月12日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月30日(月)~6月12日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月30日の新月からスタートする2週間です。新月は「スタート」を意味するフレッシュなタイミングで、新しいことを始めたり、気持ちを切り替えたりするのに良いアシストをしてくれるでしょう。ちょうど月曜日のタイミングで、月末の忙しさを乗り切っていくぞ!という気持ちの後押しとなること請け合いです。また6月3日には、5月上旬から「逆行」というイレギュラーな動きを見せていた水星が通常モードに。水星は「知性とコミュニケーションの星」ですから、関係が滞っていた人とのやりとりも、自然と以前のような気楽さを取り戻していけるはずです。待たされていた連絡も、来るかもしれません。


5月16日(月)~5月29日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月16日(月)~5月29日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月後半は16日に起こる皆既月食が大きなポイントです。月食は満月のスペシャルバージョンで、満月が持つ「物事が満ち、振り返りと調整をはかるタイミング」という意味合いがより強調されるのが特徴。この半年くらい頑張ってきたことがある方は、そろそろひとつの到達点(物事が満ちるポイント)が見えてくるでしょう。ただ、「満ちる」ということは時として、想定とは違う方向に満ちることもあるものです。もし、想像もしていなかったことが起きた時は「この結果もまた、いまの自分にとってベストな転機」と考えてみると学ぶことが多そうです。意識にはのぼらなくとも大切にしているものが、この時期は浮かび上がってきやすいからです。


5月2日(月)~5月15日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月2日(月)~5月15日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

2022年で最もビビッドな転換点は5月11日。「幸運と拡大の星」と呼ばれるラッキースターである木星が、うお座からおひつじ座へと移動し、運気のうえでも世の中的にも新しいサイクルに入るからです。「急に勢いが出てきた」、「風向きが変わった」と感じるようなことがあったなら、それは吉兆として捉えて良いでしょう。人はもともと、変化というものが本能的に苦手です。ですから、「いつものこと」が変わるというのはちょっぴり身構えてしまうものですが、「きっと良くなっていくはずだ。だってそういう時期だもの。」と思ってみることで、チャンスをつかみやすくなるでしょう。爽やかな風が吹き抜ける5月、変化の波に気持ち良く乗っていきましょう。


4月18日(月)~5月1日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月18日(月)~5月1日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

新年度の慌ただしさが落ち着き、じっくり物事と向き合おうというムードが出てきそう。物事の本質や現実に関心が向けられるので、カンや思いつきよりも「何が本当に大切なことなのか」、「限られた時間とお金でどこまでやるか」といったことをしっかりと考えていくと良い波に乗ることができるでしょう。また、この4月下旬はショッピングに良い追い風が吹きます。ただ、思い切った金額のものを購入する場合は、5月1日の新月前後がベスト。それまでの間、じっくり情報収集をしたり、使ったことがある人のクチコミをチェックしたりして、どれが自分の希望にフィットするか検討してみると良いでしょう。


4月4日(月)~4月17日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月4日(月)~4月17日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

星回り的には新月という、フレッシュなムードで始まった4月。新年度は自分や家族の環境が新しくなったり、周囲の顔ぶれが変わったりと、勢いのなかにもピリッとした緊張感が漂うことも多いですね。あなたはいかがでしょうか?そうしたムードがふわりと和らぐのが6日。「愛と美の星」と呼ばれる金星がうお座に移り、愛や癒やしにスポットライトが当たります。11日には「知性とコミュニケーションの星」と呼ばれる水星がおうし座に移り、自分のペースで動ける方が増えるでしょう。季節が一足飛びに変わっていくこの時期は、気が急くことも多いもの。それでも、「ああ、癒やされるなあ」と思える時間を持てれば、この時期はあなたらしさを大切にしていけるはずです。


3月21日(月)~4月3日(日)の運勢 ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

3月21日(月)~4月3日(日)の運勢 ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

新入生に新入社員、新年度などたくさんの「新」があふれるこの季節。新しいことを始めたい、という気持ちがむくむくと持ち上がってくる方も多いのではないでしょうか。もしそうした思いが生まれたなら、この2週間の間に「情報を集められるだけ集めて、とりあえずやってみる!」という流れを一気にやってみると好調な滑り出しとなるでしょう。もちろん、仕事や人間関係でも同じことが言えます。勢いのある星回りの時は、行動も発想も勢いをつけて。占星術の原点は「空にある星の動きは、地上の動きと連動しているのだろう」と考えたところにあるのだそう。星の動きにノリを合わせていくのは、開運法のひとつなのです。


3月7日(月)~3月20日(日)の運勢 ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

3月7日(月)~3月20日(日)の運勢 ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

年度末は仕事もプライベートも大きな節目を迎えたり、周りの人がそうした転機を前にしていたりする季節です。就職に卒入学、異動から引っ越しまで、今年のあなたはいかがですか?もしそうした転機を控えている場合もそうでない場合も、この占いの範囲である3月20日までの期間は、「仕上げ」、「総決算」的なことをしてみても良いかもしれません。というのも明けた3月21日は「春分の日」、占星術では「太陽がおひつじ座に移動する日」であり、ここから新しい1年のサイクルが始まります。今回の占いの期間は言ってみれば、大晦日までの2週間のようです。2021年の春分の日あたりから頑張ったことを振り返ったり、新しい目標を立てたりするのも良い転機になるかもしれません。


2月21日(月)~3月6日(日)の運勢-きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-

2月21日(月)~3月6日(日)の運勢-きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-

2月から3月へ。南のほうから「春」が北上を始めるこの季節、星の動きが活発になるのは3月3日〜6日です。3日は2022年上半期の運勢を強調するような新月が起こり、6日は「愛と美の星」と呼ばれる金星と、「情熱と戦いの星」と呼ばれる火星が同時に居場所を移します。こうした、星が動く時期というのは人間関係や出来事においてもターニングポイントが起きやすい傾向があります。新しく、前向きな変化にしていくためにも、この季節の傾向をおさえておきましょう。


2月7日(月)~2月20日(日)の運勢-きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-

2月7日(月)~2月20日(日)の運勢-きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-

立春を過ぎ、寒さのなかに春の兆しを探すような季節の訪れです。メイクやファッションで春色が気になってくるのは、あたたかな季節を待ち焦がれる気持ちのあらわれでしょうか。さて星回りと言えば、状況が整いどんどん動いていける「実直な行動の時」。社会的にも個人的にも、今が頑張り時という方も多いことでしょう。年度末に環境の変化がありそうな方は特に、この時期から着々と「自分なりの仕上げ」をするために努力を重ねていけます。仮に「こんなの、自分だけかな?」と感じるようなことがあっても、自信を持って突き進んで。年齢も立場も関係ない、とにかくやるんだ!と思えた時に、未来への扉が開くはずです。


1月24日(月)~2月6日(日)の運勢-きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-

1月24日(月)~2月6日(日)の運勢-きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-

1月24日からの2週間は星の動きが活発に。止まっていた物事が動き始めたり、新しいことが始まったりと、現状にフレッシュなエッセンスがたくさん注ぎ込まれます。変化が起きるのは良い兆しと考えて、前向きに新しいものを受け入れていくと幸運をつかめるでしょう。また、2月1日は新月。昨年、頑張ったことをベースに新しいチャレンジをしたい方は、この日を含めた前後2〜3日に行動を起こしていくと良いでしょう。さらに、この新月期はスマホやパソコンなど、デジタル機器に良い運が“乗る”時です。新規購入、機種変更、新しいアプリを使い始めるといったことが幸運の呼び水になるでしょう。良いニュースをキャッチできたり、人間関係が豊かに広がったりと、楽しくなってきますよ。


1月10日(月)~1月23日(日)の運勢-きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-

1月10日(月)~1月23日(日)の運勢-きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-

2022年がスタートして10日。“日常”の雰囲気が戻ってきた、と感じる方も多いかと思います。さて、1月10日から23日、星占いにおける大きなトピックスを2つお伝えします。まず14日、知性とコミュニケーションを司る水星が「逆行」というイレギュラーな動きをする時期に入ります。コミュニケーションがゆっくりになり、いつもと違う受け取り方をする人が増える時期。「念のため」の連絡や確認はしっかりしておくと安心です。18日は満月で、家族間で過去、課題になっていたことを調整していく機会にしていける方が多そうです。ただ、物事の進行はのんびりしているため、調整の結果は、ゆっくりと現れます。少しずつ変わっていくことに、喜びを見出すことができるでしょう。


運気の変わり目は5月、10月!2022年上半期、幸せのヒント

運気の変わり目は5月、10月!2022年上半期、幸せのヒント

12星座占いではおひつじ座からうお座まで、12個の星座の順列をひとつのサイクルとしてとらえます。このサイクルは1ヵ月、1年、2年半……などさまざまなスパンで動いており、最長のサイクルはなんと1周が248年!人生100年時代ではとても味わい尽くせないスパンで、わたしたちの運命に示唆を与えてくれます。さて、本記事のコンセプトでもある「年間の運勢」は12年で1サイクル。その12年の切り替わりの年が2022年です。一度でスパッと移るのではなく、ジグザグとうお座(ラスト)とおひつじ座(スタート)を行き来しながら、最終的に12月下旬に完全移行します。行き来する5月上旬と10月末はとりわけ「節目」となりやすいので、楽しみにしていらしてくださいね。