40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

夏の必須アイテム「日傘」。みなさん、デザインだけで選んでいませんか? 日焼けを絶対したくない方も、暑さにとことん弱い方も、求めるものが違えば選び方も違うはず。どなたでも満足の1本を選べるように、今回は日傘の3つの効果と選び方をご紹介します。


マスクをしても、日傘は必須!

日傘をさす女性

マスクで顔は隠れているし、出ているところにだけ日焼け止めを塗っておけば日焼け対策はOK……と思っていませんか?実は布マスクや不織布マスクは10〜20%程度紫外線を通しますから、マスクの下でも日焼けはするのです。

しかも、マスクで隠れた口元とそうでないところでは焼け方に差が出てしまいますから、場合によってはマスク形の日焼け跡になるなんてことも。顔全体を日陰で覆ってくれる日傘は、このご時世だからこそ欠かしたくないアイテムなのです。

日傘は「熱」「光」「紫外線」の3つを遮るスグレモノ

日傘

日焼け対策がメインに使われがちな日傘ですが、遮ってくれるのは紫外線だけではありません。暑さを遮る「遮熱」、紫外線を含む太陽光など、光そのものを遮る「遮光」の効果があります。通常の日傘は光も紫外線も遮ることを指して「遮光」と表記されることが増えているようです。

特に注目したいのは「遮熱」で、炎天下で日傘を使えば、汗の量が約17%も減る(※)のだそう! 汗のかき過ぎは脱水や熱中症の原因になりますから、日傘はまさに護身用アイテムなのです。

※環境省「平成31年度 暑熱環境に対する適応策検討調査業務報告書」より

日傘の色も効果に関わる大事なポイント!

日傘が私たちの健康を守ることは分かりましたが、やっぱり気になるのはUVカット効果です。なんとしても日焼けをしたくない場合は、少しでも紫外線を遮ってくれる日傘を選びたいものですよね。

UVカット効果が高いのは暗い色、だけど……

紫外線は布の色によってもそのカット効果が違います。最も紫外線を通さないのは黒で、最も通してしまうのが白。UVカット効果の高い順に黒→紺→淡い色→白とイメージしておきましょう。一方で遮熱効果はその逆。白が最も遮熱効果が高く、黒に近づくほどに弱まっていきます。

紫外線も熱も、両方しっかり遮りたいのに、かなえてくれる色はなさそうです。でも、心配はいりません。たいていの日傘にはUVカット(遮光)加工がしてありますから、実はUVカットについてはどの色を選んでもあまり差がありません。遮熱については白系がおすすめですが、遮熱コーティングがしてある生地であれば好きな色を選べます。

内側が白やシルバーは要注意

日傘の効果

完全防備の日傘を手に入れたいのであれば、路面からの照り返しにも注意です。照り返しには熱も紫外線も含まれますから油断できません。気象庁によると、紫外線の照り返しはアスファルトで10%、草地や土で10%かそれ以下とあります。余談ですが、新雪では80%もあるそうです。雪山での日焼けのすごさも納得ですね。

白い日傘は上からの遮熱効果は高いのですが、内側まで白いとちょうどレフ板のような役割をして、路面からの照り返しを強く受けてしまいます。内側にシルバー加工がしてあるタイプもありますが、その照り返しは白よりもっと強力ですからあまりおすすめできません。晴れの日は別の日傘を使うなど、使い分けましょう。

UVカットを含めた遮光は黒、暑さを遮る遮熱は白……そんな制限があったら好みの日傘選びもままなりませんが、布加工の技術が進んだことで選択の幅が広がりました。絶対に日焼けNG!という方は「内側が白の日傘は曇天の時だけ」と心得て、基本は日傘のタグに記載された遮光率や遮熱の有無と相談して決めましょう。今年の夏も暑くなりそうです。お肌と体調に注意して、日傘とともにおでかけしてくださいね!

関連する投稿


その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


最新の投稿


大人の指先を華やかに彩る!マニキュアで楽しむ“秋のセルフネイル”

大人の指先を華やかに彩る!マニキュアで楽しむ“秋のセルフネイル”

ダークなトーンが多くなりがちな秋のファッション。大人の華やかさを演出する差し色として、マニキュアでネイルデザインを楽しんでみてはいかがでしょうか?ネイルデザインに、秋の人気カラーであるボルドーやカーキを取り入れるだけで、グッとトレンド感がアップします。今回は、セルフネイルの基本とマニキュアで楽しめる秋のネイルデザインをご紹介します。


外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

40代からは下半身の筋肉が落ちやすく、冷え・むくみなどが起こりがちです。しかし若い頃のように「冷えた時に温める」だけでは対策として万全とは言えません。大人世代には、普段から体を温め、冷えが原因の不調やつらさを予防する「温活」が重要です。今回は、温活の考え方や手軽に取り入れられる方法をご紹介します。


病気じゃないかも、でもつらい……理解されにくい「不定愁訴」との付き合い方

病気じゃないかも、でもつらい……理解されにくい「不定愁訴」との付き合い方

たぶん健康だと思うけど「元気!」という感じがしない、頭が重い、疲れがとれない……。こうした自覚症状がありながら、病名がつかないようなケースを『不定愁訴』と言います。不定愁訴の多くは検査を受けても異常がなく、しかも本人の自覚症状も変化するため、周囲の理解を得られにくいものです。なんだかずっと不調が続く、そんな方に向けて不定愁訴の症状や付き合い方を解説します。


カンタン風水で金運アップ♪お金を呼び込む行動&お財布とは

カンタン風水で金運アップ♪お金を呼び込む行動&お財布とは

開運の代名詞としてメジャーな風水。占いと思われていることも多いのですが、そもそもは住まいをはじめとする環境を整え、開運に導く「環境学」です。しかし、よい環境に住んでいれば自動的に運が良くなるというわけではありません。日々の行動や習慣も重要なのです。ひとことで開運と言っても、なかでも気になるのは、金運ではないでしょうか?というわけで、今回は、毎日の行動やいつも使うお財布で金運をアップする風水をご紹介します。


いますぐはじめる!女性目線で備える防災

いますぐはじめる!女性目線で備える防災

9月1日は「防災の日」。普段なんとなく「職場」、「地域」、「家族」といった単位で考えられがちな防災対策。でも、女性目線で考えると、それだけでは足りない備えが意外と多いものです。今回は、女性のために役立つプラスアルファの防災TIPSについてご紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット 温活 セルフケア アロマ リラックス法