40代、キレイの旅に漕ぎ出そう

占い


占いの記事一覧

2月19日(月)~3月3日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

2月19日(月)~3月3日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

2024年、年明けから春にかけて、火星や水星など占星術で使う10個の星がぎゅっとまとまった配置となっています。たとえば1月はやぎ座に、2月中旬まではみずがめ座に――そして2月下旬から3月にかけては、うお座に星々が集中するのです。こうした時期は、世の中のムードにその星座“らしさ”が強く反映される、という傾向が生まれます。では、うお座“らしさ”とは……?うお座は「共感や情緒」、「直感」、「無意識」などを司る星座。それを現実に応用すると、たとえば人間関係では理屈よりも情を重視したほうがうまくいきますし、美容では直感でピンときたアイテムを選ぶと運気アップにつながる、ということになります。この時期、直感に従ってみませんか?


2月5日(月)~2月18日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

2月5日(月)~2月18日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

1月、やぎ座に大集合した星々が続々とお隣のみずがめ座に移動します。やぎ座は社会性、つまり仕事や組織、権威といったものを管轄する星座で、みずがめ座は革新や平等、個人といったものを管轄します。2月5日から18日にかけては、古い常識にとらわれない発想や行動力が重視されるでしょう。特に10日の新月前後では、テクノロジーのさらなる発展を連想させるようなニュースが世間を騒がせることになるかもしれません。また、「情熱と闘いの星」と呼ばれる火星と「破壊と再生の星」と呼ばれる冥王星が重なる14日前後は、目の前のことに振り回されすぎず、落ち着いて判断することを心がけると良いでしょう。


1月22日(月)~2月4日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

1月22日(月)~2月4日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

1月23日、愛情運や金運を司る金星がやぎ座へ移動します。やぎ座にはすでに、情熱を司る火星とコミュニケーションを司る水星も滞在しており、責任感や努力の重要性がこれまで以上にクローズアップされることになるでしょう。この時期、「他人から見たら、この行動はどう受け取られるのだろう」といった発想は、社会のなかでうまくやっていくためには踏まえておくと良いのかもしれません。ちょっぴり窮屈に感じてしまうかもしれませんが、内面よりも行動を見て判断する方は、多いのだろうと思います。また、26日はしし座で満月に。自分に自信を持って、現状を大きく変えていく星回りです。


1月8日(月)~1月21日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

1月8日(月)~1月21日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

8日からの2週間は社会が大きく動きそうな見通し。11日の新月前後は、世の中で権威を持つ人が新たに台頭してくる様子を予感させます。14日にはコミュニケーションを司る水星が移動、昨年12月中旬からストップしていた話に動きが見られるかもしれません。また、21日には「変容の星」と呼ばれる冥王星(めいおうせい)がみずがめ座に移動。完全な移動が起こるのは11月ですが、10年、20年といった長期的な単位の「時代の節目」と呼べるような出来事が起こりやすい時です。


12月25日(月)~1月7日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

12月25日(月)~1月7日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

2023年と2024年をまたぐ2週間。星々の動きが多い時期だけに、運勢も連動してバタバタしたものとなりそう。特に1月2日まではコミュニケーションを司る水星がイレギュラーな動きを続けているので、コミュニケーションの混乱や勘違い、タイミングのズレなどに気をつけておくと良いでしょう。誰かに対して「言わなくてもわかるよね」、「前に言ったから覚えているよね」と思った時は、「念のため言っておく」という選択をすると良いでしょう。みなさま、良いお年をお迎えください。そして2024年も、よろしくお願いいたします!


新時代の扉が開かれる時 2024年上半期の幸運を掴むヒント

新時代の扉が開かれる時 2024年上半期の幸運を掴むヒント

2024年、星占いの重要なトピックスとして注目したいのが、「変容の星」と呼ばれる冥王星(めいおうせい)の移動。2008年以来、15年の時を経て移動するのが2024年で、ここから約20年の長い旅を始めます。移動の“本番”は11月下旬ですが、1月下旬から9月頭までも影響を感じる方は多いでしょう。ここまでの15年は、社会的権威や経済に大きな「変容」が訪れる時期でしたが、ここからの20年は自由や平等のあり方に注目が集まり、思いもよらない「変容」が起こるでしょう。そうした背景のなか、個人の運勢は5月末が切り替わりのタイミング。それまでは突発的な「自分革命」が起こる方もいそうです。シフトチェンジを見越して、1年の過ごし方を考えてみたいですね。


12月11日(月)~12月24日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

12月11日(月)~12月24日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

あちこちでクリスマスソングが流れ始め、ライトアップが夜道を彩るこの季節。思わず心踊る季節ではありますが、星たちの様子は少々慌ただしげ。コミュニケーションや通信を司る水星が、13日からイレギュラーな動きを始めるのです。普段よりも連絡の行き違いや誤解などが生まれやすい状況が、年明けにかけて続いていくでしょう。ただでさえ慌ただしい年末なのに……と思われるかもしれませんが、「そういう時期」と知っておくことで注意深く過ごせば、トラブルは未然に防げるはず。そんなふうに、上手に占いを使って充実した2週間にしたいですね。


11月27日(月)~12月10日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

11月27日(月)~12月10日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

11月から12月へ。2023年もいよいよ最終月に入るかと思うと、感慨深いものがありますね。この2週間は、コミュニケーションを巡る運気に変化が訪れる時期と言えそうです。27日の満月は、身近な人とのコミュニケーションにおいて頑張ってきた方に、うれしい変化が現れる時。そして12月1日以降、ここまで楽観的に進んできた話に「きっちりと決めよう」という流れが生まれます。13日からは物事が混乱しやすい時期が始まるので、大事なテーマはこの時期にちょっと張り切って決めておくのが良さそうです。


11月13日(月)~11月26日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

11月13日(月)~11月26日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

13日のさそり座新月からスタートする2週間です。新月は「スタート」を意味するタイミング。加えて、今回は「情熱と闘いの星」と呼ばれる火星とほぼ重なっており、情熱を感じさせる星回りです。本当に大切にしたいものを、強い心で守り抜く。そんな決意をする方も多いのかもしれません。ただ、お向かいには「自由と改革の星」と呼ばれる天王星があるのが少し気になります。天王星は時に、想定外の事態をもたらすからです。情熱が高まった時ほど、慎重さも大切にすると良さそうですよ。


10月30日(月)~11月12日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

10月30日(月)~11月12日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

早いもので、もう11月。カレンダーの枚数も残り少なくなってきましたね。空の動きとしては、美容を司る金星が動きます。11月8日までは「整える」美容により力を入れると効果的でしょう。それ以降は、「センスを活かす」美容。メイクアップが楽しめる時で、自分に似合う色やメイクのコツに出会える方が多いでしょう。いまのお肌にあらためてじっくりと向き合ったり、必要なケアの方法を検討してみたりするには、ぴったりの時期と言えそうです。


10月16日(月)~10月29日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

10月16日(月)~10月29日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

10月後半は比較的安定した星回り。コミュニケーションにおいて頑張りたいことがある方は、コミュニケーションを司る水星が活発な22日までに相手に働きかけたり、話し合いの機会を持ったりすると良いでしょう。また、29日にはおうし座で部分月食、つまり満月が起こります。月食は、占星術では「物事が満ちる時」という意味合いでとらえる満月なのですが、その満ちる度合いが強くなります。頑張ってきた日々を振り返り、感慨深いものがある方も少なくないでしょう。ちなみにこの部分月食は日本全国で観測できるそうですが、時間は朝方。ベッドのなかでぬくぬくしている頃、端っこが少し暗くなる程度に欠ける感じです。


10月2日(月)~10月15日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

10月2日(月)~10月15日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

秋の色もだんだん濃くなっていく10月前半、星々も次々に居場所を変えていきます。コミュニケーションを司る水星、日々のお楽しみやお金に関するテーマを司る金星、情熱の星・火星が次々と移動し、世の中の風向きにも変化が生じるでしょう。15日の新月は日食で人間関係において、ゼロベースから「始める」ようなことが起こるかもしれません。


9月18日(月)~10月1日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

9月18日(月)~10月1日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

9月前半、コミュニケーションにおいて停滞感を覚えていた方は、日を追うごとに状況が改善していくでしょう。ここまで話し合いがなかなか進まなかったり、連絡をしても返信をずっと待たされていたりした方は、諦めずにもう一度話をしてみると良さそうです。これまでの停滞感が嘘のように、話が進んでいくことも多いでしょう。また、29日はおひつじ座で満月が起こります。満月は物事が「満ちる」時。今年の5月中旬までに頑張ったことが報われ、「頑張って良かった」という実感を得られる方は多いだろうと思います。


豊かさと美しさを、自分のものにする半年間 2023年下半期の幸運を掴むヒント

豊かさと美しさを、自分のものにする半年間 2023年下半期の幸運を掴むヒント

「幸運と拡大の星」と呼ばれるラッキースター・木星がおうし座に巡る2023年下半期。おうし座は五感でものを感じることをテーマとする星座です。美しいものを見ること、おいしいものを食べること、小川のせせらぎや鳥の声に耳を澄ませることなど、世界を自分の感覚でとらえることが幸運につながる時期となるでしょう。また、おうし座とつながりの深い金星は、美を司る星。6月から10月まで金星はしし座に滞在し、自分らしい美しさを後押ししてくれます。メイクもスキンケアも、いつも以上に楽しみがいがあるはず。さらに言えば、金運にも運気の後押しがある時期なので、生活のなかで「豊かさ」を意識してものを選ぶと良いでしょう。充実した半年間にしたいですね。


3月は大きな転換点!2023年上半期の幸せを掴むヒント

3月は大きな転換点!2023年上半期の幸せを掴むヒント

1年の始まりはちょっぴりスロースタートな印象。早い方は1月13日、のんびりめな方は18日くらいに状況が動き始めるので、スローな雰囲気のなかでもやるべきことをコツコツ進めておきましょう。大きな転換点は3月。「制限と試練の星」と呼ばれる土星が約2年2ヵ月ぶりに、「変容の星」と呼ばれる冥王星が15年ぶりに移動することで、世の中的に雰囲気が大きく変わっていくことを実感する方は多いでしょう。個人の運命の転換点を感じるのは5月中旬。「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が移動し、2024年5月末まで続く「幸運のテーマ」が新たに示されることになります。星座ごとに、そのテーマを解説いたしますので、ぜひご覧ください。


いよいよ下半期!2022年後半、どう過ごす?運気に沿ってメリハリのある計画を

いよいよ下半期!2022年後半、どう過ごす?運気に沿ってメリハリのある計画を

「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が12星座のトップバッターであるおひつじ座に滞在し、世のなかがフレッシュな勢いに満ちている夏。7月中は「考えるよりも、とにかく行動してみよう!」という行動力が運にブーストをかけてくれます。慎重派の方も、この時期は「よし!」と勇気を出しやすいはず。ぜひ前向きに行動を起こしてみてはいかがでしょうか?8月下旬からはエンタメや旅行、イベントなどが本格的に復活。「アフターコロナ」の動きを実感する方が多いでしょう。好奇心のままに行動を起こしてみると、面白いことにたくさん出会えそうです。運気の転換点は10月末。ここで「気持ちの整理」、「いらないものを手放す」的な動きが起こり、年末には再び、快活な勢いが戻ってきます。


運気の変わり目は5月、10月!2022年上半期、幸せのヒント

運気の変わり目は5月、10月!2022年上半期、幸せのヒント

12星座占いではおひつじ座からうお座まで、12個の星座の順列をひとつのサイクルとしてとらえます。このサイクルは1ヵ月、1年、2年半……などさまざまなスパンで動いており、最長のサイクルはなんと1周が248年!人生100年時代ではとても味わい尽くせないスパンで、わたしたちの運命に示唆を与えてくれます。さて、本記事のコンセプトでもある「年間の運勢」は12年で1サイクル。その12年の切り替わりの年が2022年です。一度でスパッと移るのではなく、ジグザグとうお座(ラスト)とおひつじ座(スタート)を行き来しながら、最終的に12月下旬に完全移行します。行き来する5月上旬と10月末はとりわけ「節目」となりやすいので、楽しみにしていらしてくださいね。