40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
運気も気分もアップする 「塩+アロマオイル」が使える!

運気も気分もアップする 「塩+アロマオイル」が使える!

癒やしの効果で人気のアロマソルト。あら塩にアロマオイルを少々……そうして作ったアロマソルトは、盛り塩を兼ねたアロマディフューザーに、玄関やキッチンのニオイ消しに、さらにはバスソルトにと大活躍。今回は、多めに作って常備しておきたいアロマソルトの作り方&活用方法をご紹介します。アロマオイルを買ったけど、なかなか減らない!そんな方にもおすすめです。


まとめて作っていろいろ使える基本の 「アロマソルト」

アロマソルト

アロマソルトに使用する塩は、「あら塩」などの精製していない天然の塩がおすすめ。スーパーなどで1kg500円前後で手に入るあら塩は、普段づかいとしてたっぷり使うのに重宝します。また、お風呂で使うアロマソルトだけはヒマラヤ岩塩やデットシーソルト(死海の塩)などの輸入塩にして気分を上げるというのもおすすめです。

「基本のアロマソルト」の作り方はいたって簡単!お好みのアロマオイル1滴に対して、大さじ3〜5の粗塩をよく混ぜるだけ。ガラス容器に入れて常温保存します。
※アロマオイルのなかにはプラスチックを傷めるものもあるので、ガラス容器がおすすめです。

香る「盛り塩」として使う

アロマソルトを「盛り塩」として

日本では古くから神道・仏教を問わず、塩をお清めの道具として使ってきました。「塩によるお清め」の力を借りるなら、アロマソルトを使った盛り塩が手軽でおすすめです。小皿にこんもりと盛り塩を作ってから、その上にアロマオイルを1滴垂らすだけで完成。もしくは、「基本のアロマソルト」をそのまま盛り塩にしても◎。

なくても構いませんが、盛り塩用の固め器や、日本酒用のおちょこを使うと、キレイな形の盛り塩が作れますよ。

人や運気の出入り口である玄関(室内側)や、水気が多く気がよどみやすいトイレや洗面所に置いてみましょう。気になる場所に置くだけで、盛り塩のお清め効果に加えて、アロマの良い香りが気持ちを穏やかにしてくれます。

また、盛り塩の交換時期に決まったルールはないので、週に1回決まった曜日や、毎月1・15日の2回など、一定のタイミングを決めて取り替えればOKです。その際、ついでに盛り塩の周りもささっとお掃除することで、その場の清浄さがさらにアップします。

かすかな香りが心地良い♪ルームディフューザーとして

アロマソルトを「ルームディフューザー」として

「基本のアロマソルト」で作ったアロマソルトを、枕元など香らせたい場所に。散らばってしまいそうなら、お茶パックなどに入れると良いでしょう。香りが弱くなったら適宜オイルを足してOKです。

ハーブティーのティーバッグの中身を混ぜると、ポプリ風でかわいくなります。赤みのあるローズヒップティーや、白と黄色が目に優しいカモミールティーなど、お好みのハーブで試してみてくださいね。

使った後のアロマソルトはお掃除に再利用

アロマソルトは食用には使えないので、香りを楽しんだ後はお掃除に再利用しましょう!キッチンやお風呂・トイレなど水洗いできる場所にふりかけて洗い流せば、「ぬめり取り」や「におい消し」になります。掃除中も良い香りがして、心地良いですよ。

「盛り塩」として使った場合であっても、その後の取り扱い方に決まりはありません。昔は川に流したり土に埋めたりといった処分をしていましたが、塩害や環境の点で現代ではおすすめできない方法です。お掃除でも使い切れなかったアロマソルトは、通常の家庭ごみと同じように処分しましょう。

天然オイルを足せば「しっとりバスソルト」に

アロマソルトを「バスソルト」として

「基本のアロマソルト」を応用してバスソルトも手づくりできます。アロマオイルは水に溶けにくいため、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどの植物性の油(キャリアオイル)を加えて希釈しましょう。そうすることで、アロマオイルによる肌の刺激を和らげ、キャリアオイルのおかげで湯上がり後のお肌はしっとりです。

上記に塩を加えるだけでも良いのですが、重曹があればぜひプラスして。重曹を入れたお風呂は弱アルカリ性になって、皮脂汚れを柔らかくして落とす効果が期待できます。重曹はお掃除用でも食用でも構いません。

また、後述する注意点にもあるように、主成分が塩なので釜を傷めないよう追い焚きはしないようにしましょう。追い焚きが必須なお家なら、バスソルトはお風呂ではなく、バケツに入れて足湯に使うのがおすすめです。足湯に使う場合、カレースプーンで2〜3杯くらいのバスソルトが適量となります。

バスソルト専用 アロマソルトの作り方(約5回分)

【用意するもの】
あら塩…200g
重曹…50g
アロマオイル…20〜25滴
植物油(キャリアオイル)…10ml
ガラス容器
※アロマオイルのなかにはプラスチックを傷めるものもあるので、ガラス容器がおすすめです。

ガラス容器に植物油とアロマオイルを入れてよくかき混ぜてから、粗塩・重曹を入れてさらに混ぜて完成です。冷暗所で保存して1カ月を目安に使い切りましょう。

バスソルトにぴったりの「落ち着く系」アロマ3選

お風呂でアロマを楽しむなら、心がゆったりする香りがおすすめです。ここでは、手に入れやすいアロマオイルのうち、バスソルトに向く香りを3つご紹介いたします。深い呼吸を意識してバスタブにつかれば、ソワソワした気持ちも静かに落ち着いていくはずです。

ラベンダー

アロマオイルの代表格であるラベンターは甘さの少ないフローラル&ウッディな香り。緊張をほぐしてリラックス効果が高いことで知られ、一日の終わりに使用することで穏やかな入眠が期待できます。

サンダルウッド(白檀)

エキゾチックな深みのあるウッディな香りで、他の樹木系の香りよりも甘さを感じるのが特長です。日本では「白檀(ビャクダン)」の名前で、古くから親しまれてきました。高ぶった気持ちを穏やかにしたい時に。

シダーウッド

マツ科の樹木から抽出されるシダーウッドは、ウッディで落ち着きのある香り。瞑想を行う時の香りとしても用いられています。バスソルトに使えば、森林浴を思わせる開放感があります。

KIREI Cruiseでは他にもお悩み別の香りをご紹介しています!

アロマオイルをお風呂で使用する注意点

・アロマオイルは刺激が強いので、レシピ以上にたくさん入れないようにしましょう。
・レモンやベルガモット、グレープフルーツといった柑橘系の香りのなかには、日光や紫外線に当たることで炎症などの肌トラブルを招く(光毒性)ことがあります。バスソルトとしての使用は控えましょう。
・お肌が弱い方は、少量から試したり、事前にパッチテストをするなど、ご自身の判斷のもとお試しください。
・バスソルトを入れたお湯は、追い焚きを行わないよう注意。塩が主成分なので故障の原因になることがあります。また、残り湯を洗濯に使用しないでください。
・乳幼児はお肌が敏感なのはもちろん、匂いにも敏感です。乳幼児の入浴時使用は避けましょう。
・妊娠中(初期・中期・後期)、授乳中の方は基本的にアロマポットやアロマソルトの香りを楽しむ程度に留め、バスソルトやアロママッサージなど、肌に精油が触れるものは控えたほうが安全です。

場を清浄にするために用いられてきた塩と、香りがもたらす効果を組み合わせた「アロマソルト」。新しい生活習慣として、気軽に取り入れてみてくださいね。良い香りが私たちにもたらす効果はさまざま。気分を上げたり、反対に穏やかにしたり、気持ちを切り替えたり、なりたい気分で選んでみましょう。

アロマに関する他記事や、アロマオイルとともに試してみたいバスタイムの過ごし方の記事もありますので、ぜひお読みください!

関連する投稿


体にも地球にも優しい!「ホールフード」の楽しみ方

体にも地球にも優しい!「ホールフード」の楽しみ方

みなさん「ホールフード」という言葉はご存じですか?実の部分だけではなく、普段は捨ててしまう野菜の皮や葉も、まるごと食べようという考え方です。実はいつも捨ててしまう部分にはたくさんの栄養素が含まれており、美容や健康を気遣う方にもおすすめなんです!さらに、生ごみが減らせるので食品ロスの削減になり、環境問題の解決へもつながります。そんなホールフードの魅力と、いつもの食事に取り入れる簡単な方法をご紹介します。


色のチカラでなりたい自分へ!「カラーセラピー」の始め方

色のチカラでなりたい自分へ!「カラーセラピー」の始め方

色は私たちの気持ちや行動に、想像以上の影響を与えています。色を利用して心身のバランスを整えるカラーセラピーはとても奥深いものですが、私たちの生活に活かしたい時にはそこまで難しくはありません。カラーセラピーにこれまで馴染みがない方に、癒やしや元気を届ける色と使い方をご紹介します。


リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

木漏れ日や川の音、ゆらりと揺れるキャンドルの炎……心地良さを覚えるこうした情景には、「1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)」を持っているという共通点があります。人の心を落ち着かせる「1/fゆらぎ」は、実は身の回りにもたくさんあります。今回は、手軽に生活に取り入れられる「1/fゆらぎ」をご紹介します。


美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

一般的に「冬至の行事」と思われがちなゆず湯などのかんきつ湯。でも実は、かんきつ湯には年が明けて寒さが厳しい時季こそ入りたい美容・健康効果がたくさんあるのです。今回は、かんきつ湯の主な効果や、おすすめの入り方をご紹介します。


大掃除がちょっとラクになる「お掃除豆知識」

大掃除がちょっとラクになる「お掃除豆知識」

面倒ではあるけれど、やって後悔することはない大掃除。掃除には体を動かすことによる心を落ちつける効果があり、整頓した部屋はやる気や集中力がUPすると言われています。さらに、掃除は家のなかに良い「気」を入れるので、開運も期待できると良いこと尽くめ……!この時期に読んでおきたい、二度手間を防ぐ掃除の基本や、環境に優しい掃除の方法など、試してみたくなる豆知識を集めました。ぜひ取り入れて、新年を迎えましょう!


最新の投稿


【ヨガ講師監修】梅雨どきは家ヨガ!おうちでキレイを手に入れる♪

【ヨガ講師監修】梅雨どきは家ヨガ!おうちでキレイを手に入れる♪

雨で、休日などもおうちで過ごすことが多くなりがちな梅雨どき。体を動かす機会も減りがちな時こそ、おうちでできて美容にも効くヨガのポーズを覚えて、体も心もスッキリさせてみませんか?今回は、初心者さんがおうちで取り組める、いわゆる「家ヨガ」の始め方や、気になるパーツに効くおすすめのポーズを、ヨガインストラクター・MEG先生の監修のもと、ご紹介します。


6月13日(月)~6月26日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

6月13日(月)~6月26日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

6月21日は太陽がかに座に移動する日、つまり「夏至」です。占星術ではこの夏至の瞬間のホロスコープ(夏至図)を読み解いて向こう3ヵ月の世相を占うのですが、今年の夏はどんな日々となるでしょうか。ぱっと拝見した限りでは、災害への備えはこれまでと同じく万全に。これは年末までずっと、注意は怠らないようにしたいものです。経済は、豊かさのためにはまだまだ抜本的な改革が必要とされる見通しです。こうした流れのカギを握っているのは、私たち一人ひとりであるというサインも読み取れます。世の中の動きに関心を持とう、声を上げようという流れは、この夏も変わらないと思われます。ちょっぴり堅苦しい前書きになりましたが、星座ごとの運勢も見てまいりましょう!


あなたはどのタイプ?食材の色で健康やせ♪

あなたはどのタイプ?食材の色で健康やせ♪

食材は色によって、効能に傾向があることをご存じですか?これは薬膳の考え方で、ダイエットにも応用できるのです。太りやすい理由は人それぞれですが、体質や体調に合わせて食材を選べるようになれば、バランスが整って、ゆっくりと自然に改善していきます。食材の色はシンプルで覚えやすいですから、ダイエットや美容を心がけるならぜひともおさえておきましょう!


メイク道具のお手入れは大丈夫?正しい洗い方から交換頻度まで徹底解説

メイク道具のお手入れは大丈夫?正しい洗い方から交換頻度まで徹底解説

日々のメイクアップに欠かせないメイク道具ですが、みなさんきちんとお手入れしていますか?正しくお手入れをしないと、お化粧のノリや仕上がりに差が出てくるなんてことに!また、清潔に保たれていないメイク道具を使用すると肌トラブルを起こすことも……。今回は、メイク道具の正しいお手入れ法をご紹介します。道具を清潔に保って、メイクをよりキレイに仕上げましょう。


5月30日(月)~6月12日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月30日(月)~6月12日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月30日の新月からスタートする2週間です。新月は「スタート」を意味するフレッシュなタイミングで、新しいことを始めたり、気持ちを切り替えたりするのに良いアシストをしてくれるでしょう。ちょうど月曜日のタイミングで、月末の忙しさを乗り切っていくぞ!という気持ちの後押しとなること請け合いです。また6月3日には、5月上旬から「逆行」というイレギュラーな動きを見せていた水星が通常モードに。水星は「知性とコミュニケーションの星」ですから、関係が滞っていた人とのやりとりも、自然と以前のような気楽さを取り戻していけるはずです。待たされていた連絡も、来るかもしれません。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


12星座占い 占い ダイエット