40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
春の紫外線は油断大敵!大人肌を守る対策をご紹介

春の紫外線は油断大敵!大人肌を守る対策をご紹介

夏のイメージが強い紫外線。高い空から降り注ぐ強い紫外線を避けるため、毎年対策を行う方も多いのではないでしょうか?しかし実は、春こそ紫外線に注意すべき季節!寒さや日差しのやわらかさから油断しがちですが、夏に負けない量が降り注いでいるのです。また、大人肌にとっては紫外線量以外にも気をつけたい理由が……。そこで今回は、大人肌が気をつけるべき、春の紫外線対策をご紹介します。


4月には初夏並み!油断できない春の紫外線

まだまだ寒い春先ですが、実は大量に降り注いでいる紫外線。気象庁のデータからもわかるように、3月には真夏の半分程度の紫外線量になり、4月には一気に増えて初夏や残暑と変わらない量が降り注いでいるのです。

気象庁ホームページ
「日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ」

地上に到達する紫外線は、紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)の2種類があり、UV-Bは「レジャー紫外線」と呼ばれ、真夏に最も量が多くなるのが特徴。主に肌の表面にダメージを与えてシミ・そばかすの原因となります。一方、UV-Aは「生活紫外線」と呼ばれ、紫外線の中で最も波長が長く、ゆっくりと肌の深部まで到達し、肌を黒くするだけでなく、ハリや弾力のもととなる線維芽細胞を破壊してしいます。

ウェザーニュース
『5月の紫外線は夏並み うっかり日焼けに要注意』紫外線量の月別変化

特に、ハリや弾力に関わるUV-Aは春先から一気に増え、夏とあまり変わらない量が降り注いています。そのため、年齢と共にハリや弾力が失われている「大人肌」にとっては大敵!紫外線は夏だけでなく、春先から注意が必要なのです。

紫外線の種類について、詳しくは下記の記事も参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの1.7倍!?大人肌は紫外線ダメージを受けやすい

春の紫外線ダメージ

年齢を重ねた「大人肌」にとって、紫外線が大敵である理由はほかにもあります。

シミ、シワ、たるみなど、肌老化の約8割が紫外線による「光老化」が原因と言われていますが、近年の研究によると、同じ紫外線照射量でも50代の表皮細胞は赤ちゃんの細胞より生存率が低く、約1.7倍もダメージを受けやすいことがわかっています。

紫外線による肌ダメージはすぐには出にくいですが、着実に蓄積されて将来的にシミやシワ、たるみといった形で表面化するもの。ダメージを受けやすい「大人肌」は日頃からしっかりと対策を行い、浴びる紫外線量を少なくすることが大事なのです。

いますぐ始めたい!春の紫外線対策

ダメージを受けやすい大人の肌にとって、美肌を妨げる春の紫外線は大敵。いますぐできる春の紫外線対策をご紹介します。

曇りや室内でも日やけ止めを塗ろう

室内で日やけ止めを塗る女性

太陽が出ていなければ紫外線量は少ないと思いきや、曇りや雨の日でも降り注ぐ紫外線。曇りは晴れた日の6割以上、雨は2割の紫外線量があります。また、肌のハリや弾力に影響するUV-Aは窓を透過するため、室内にいても紫外線ダメージを受けてしまいます。天気や屋内外に関わらず、日中は常に日やけ止めを塗るようにしましょう。

日やけ止め選びは「PA値」にも注目

日やけ止めを選ぶ際、指標となる「SPF値」と「PA値」。「SPF値」はUV−B、「PA値」は UV−Aに対する防止効果で、数値が大きいほど防止力が高まります。特に多くの方が重視するのが「SPF値」ですが、紫外線ダメージを受けやすい「大人肌」において、注目すべきは春に増加する「PA値」。見逃しがちな「PA値」にも注目して日やけ止めを選びましょう。

<UVA防止効果のレベル>

PA+...UV-A防止効果がある
PA++...UV-A防止効果がかなりある
PA+++...UV-A防止効果が非常にある
PA++++...UV-A防止効果が極めて高い

日やけ止めの選び方について、詳しくは下記の記事も参考にしてみてください。

スキンケアでダメージを受けにくい肌づくり

日やけ止めで紫外線を防ぐと同時に、重要なのが紫外線ダメージを受けにくい肌づくり。美白有効成分を配合したスキンケアアイテムの使用や、しっかりとした保湿ケアを毎日のスキンケアに取り入れることで、紫外線に負けないすこやかな肌を目指すことができます。化粧水やクリームなどは普段より多めに塗ると、うるおいもアップ!

食事やサプリメントで内側からもケア

外側からの紫外線対策に加え、おすすめしたいのが内側からの対策。抗酸化作用をもつ成分を取り入れることで紫外線を浴びると発生する老化の一因「活性酸素」の除去や、シミやシワ、そばかすなどの肌老化予防効果が期待できます。

<抗酸化作用を持つ成分と食材>

ビタミンA…レバー、うなぎ、鶏肉、ニンジン・カボチャ・ほうれん草などの緑黄色野菜
ビタミンC…ピーマン、パプリカ、いちご、キウイ、グレープフルーツなど
ビタミンE…アボカド、アーモンド、カボチャ、枝豆、ブロッコリーなど
ポリフェノール…大豆、緑茶、紅茶、ブルーベリー、カシス、生姜など

日差しがだんだんと強くなり始める春先。早めの紫外線対策で透明感のある美しい肌をキープしましょう!

fotune

関連する投稿


目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

青汁が「まず~い」と言われたのは、いまや昔の話。最近の青汁といえば、栄養価は高いまま、味もおいしい商品がたくさん登場しています。今回は、青汁の概要や、目的に合わせたおすすめの飲み方を紹介します。


ツヤツヤの爪と柔らかい手を育てる秘訣♪日々の小ワザをご紹介

ツヤツヤの爪と柔らかい手を育てる秘訣♪日々の小ワザをご紹介

大人女性は髪や肌に変化を感じるのと同様に、手や爪にも変化が現れます。近年ではアルコール消毒やマメな手洗いによって、その変化を一層強く感じている方も。手や爪は視線に入りやすいので、ふっくらツヤツヤに育んでいきたいものですね。そこで今回は、大人女性が知っておきたいハンドケア・ネイルケアの豆知識や小技を集めました。


アテニア誕生35年の物語。アテニアとお客様との大切な約束

アテニア誕生35年の物語。アテニアとお客様との大切な約束

1989年の創業から35年にわたって、アテニアは「自分らしく、美しくありたい」という女性たちの本音にお応えすべく、寄り添い、ともに歩んできました。それまでの化粧品の常識を打ち破る、商品開発をしてきた創業時の想いや、お客様との大切なお約束をご紹介します。


大人の“まつ育”始めませんか?ケアと対策をご紹介

大人の“まつ育”始めませんか?ケアと対策をご紹介

目元はもちろん、顔の印象をも左右する「まつ毛」。髪の毛以上にデリケートと言われますが、きちんとケアしている方は少ないのではないでしょうか?特に、40代以降、まつ毛は細く抜けやすくなっていき、さらにメイクや生活習慣など、日々たくさんのダメージを受けているのです。今回は、年齢を重ねてもまつ毛を美しく保つためのケア方法をご紹介します。


簡単ケアでうるおう!唇と口周りの乾燥対策

簡単ケアでうるおう!唇と口周りの乾燥対策

肌の乾燥が気になる秋冬。特に皮膚の薄い唇や口周りは、しっかりお手入れしていても乾燥が気になりやすい部分です。これから真冬に向かって気温・湿度がぐんぐん下がり、ますます乾燥が厳しくなる季節。早めの対策でしっとりうるおった唇と口周りをキープしましょう!


最新の投稿


4月15日(月)~4月28日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月15日(月)~4月28日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

新年度がスタートして、早いものでもう半月。いかがお過ごしですか?この4月、コミュニケーションを司る星・水星がイレギュラーな動きを見せることから、ハプニングや計画の遅れが生じやすい運勢となっています。新年度のフレッシュなムードのなか、いまひとつ良い流れに乗れていないような気持ちがしていた方もどうぞご心配なく。いまは、ゆっくり前に進む時です。さて、水星が通常運転に戻るのは4月25日。混乱が見られていた物事も、ここから徐々にスムーズに運ぶようになるはずです。話し合いや相談をしたいなと考えている方は、月末か、もしくは5月に入ってからが良いかもしれませんね。


花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症を患う皆さまは、花粉症の季節になると、症状を和らげたくてさまざまな対策を練りますよね。しかし、世の中に存在するさまざまな花粉症対策のなかには、勘違いされていたり、期待した効果が出なかったりする方法も意外と多いんです。今回は、よくある花粉症対策の勘違いや、期待度の高い改善法をご紹介します。


防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

新生活シーズン、引っ越したばかりの家や新しい通勤経路の防犯面の弱点など、身を守る対策はチェックできているでしょうか?「春からもいままで通り」という方もこの機会に、現状の対策が適切か、自分はいままで通りでも、周辺の状況が変化していないか確認してみましょう。今回は、ちょっとした工夫で実践できる防犯TIPSをご紹介します。


4月1日(月)~4月14日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月1日(月)~4月14日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月5日、コミュニケーションを司る水星がイレギュラーな動きを始めます。ここから4月いっぱいくらいは、物事の動きが鈍くなったり、コミュニケーションロスが発生したりしがちに……。年度始めでバタバタしがちな方も多いかもしれませんが、できるだけ時間に余裕をもって行動し、スケジュールや伝達事項は念には念を入れて確認しておくと良いでしょう。また、4月9日は日食。日食は「特別な新月」で、新たなことをスタートさせる方も多いでしょう。ただ、前述の通りの時期なので、物事の進展はゆっくりです。すぐに結果を出そうと思わず、長期戦のつもりでコツコツやってみると良いでしょう。


目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

青汁が「まず~い」と言われたのは、いまや昔の話。最近の青汁といえば、栄養価は高いまま、味もおいしい商品がたくさん登場しています。今回は、青汁の概要や、目的に合わせたおすすめの飲み方を紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


12星座占い