40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


購入前に要チェック!日焼け止めの基礎知識

日焼け止め

夏のスキンケアに欠かせない日焼け止め。紫外線から肌をしっかり守るには、「SPF」や「PA」の数値が高いものを選べば良い!と思っていませんか?数値の高さだけで選んでしまうと、肌に負担がかかりすぎてしまうことも……。日焼け止めは、生活シーンや自分の肌タイプに合わせて選ぶのが大切です。これから、日焼け止めを選ぶ際の基礎知識をご紹介していきます。

SPFとは?

「SPF」は、「Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)」の略で、主に皮膚に赤く炎症を起こす紫外線B波(UV-B)をどの程度防止できるかを表した指数。何も塗らないで日差しを浴びた時に、肌が赤くなるまでにどのくらい時間がかかったかに対し、日焼け止めを塗った場合に、その時間が何倍引き伸ばせるかを表したのがSPF数値です。
「SPF」は、1~50までの数値で表され、「SPF50」を超える場合は「SPF50+」と表記されます。

PAとは?

「PA」は、「Protection grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)」の略で、短時間に皮膚をを黒くする紫外線A波(UV-A)を防ぐ指数。防止効果の程度は、PA+、PA++、PA+++、PA++++と、4段階に分類されます。+の数が多くなるほど、紫外線A波を防ぐ効果が高くなります。

シーン別の数値目安は?

炎天下の海辺や雪山で浴びる紫外線と、通勤や買い物などの日常生活で浴びる紫外線の量や強さは、同じではありません。紫外線をしっかりと防ぐためには、下の表を目安にするのがおすすめです。また、日焼け止め効果のある化粧品を購入する際は、以下の2点に注意をしましょう。

・シーンに合わせた紫外線防止用化粧品を選ぶこと
・紫外線防止用化粧品の「SPF」や「PA」表示を確認して選ぶこと

紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果

出典:日本化粧品工業連合会編「紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果」より

紫外線による肌への影響をもっと知りたい方はこちらもおすすめ!

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めには、紫外線をカットするために「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が使われています。2つの特徴を簡単に說明すると、「紫外線吸収剤」は使用感の良いものが多く、「紫外線散乱剤」は肌に優しいという利点があります。最近では、改良を重ねている商品も多いので、商品ごとの特徴や表示をチェックし、目的に合わせて上手に使い分けましょう。

紫外線吸収剤

吸収した紫外線を熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出し、紫外線が皮膚の奥へ届くのを防ぎます。無色透明なので白浮きしなく、なめらかな塗り心地。紫外線吸収剤を使用した日焼け止めは、ケミカルタイプと呼ばれこともあります。

紫外線散乱剤

紫外線を物理的な仕組みで反射・散乱させ、紫外線が肌に入り込むのを防ぎます。肌に負担が少なく、ノンケミカルタイプと呼ばれることもあります。白色の粉末を使用しているため、粉っぽさや白浮きを感じやすいのがデメリット。

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めを塗る女性

せっかく日焼け止めを使用しても、きちんと塗れていないと、適切な効果が発揮されません。正しい塗り方をマスターして、日焼け止めの効果を最大限に発揮させましょう。

使用量を目安に十分な量を使う

もったいないからと少量しか塗らないのはNG!製品に記載されている使用量を守って、適正な量を塗ることが大切です。使用量が少ないと効果が発揮されません。

ムラなく丁寧に塗る

適量を手に取って、少量ずつ肌に塗っていくのがポイントです。顔に塗る場合は、指先の腹を使い、均一になるように丁寧に塗るのがコツ。手のひら全体を使って塗ると、日焼け止めが残ってしまい、適切な量が塗れなくなってしまいます。また、マスクをする場合は、顔に塗った日焼け止めがしっかりと馴染んでからにしましょう。

2~3時間おきに塗り直す

正しく塗れていても、汗や水で濡れた肌をタオルやハンカチで拭いたり、衣類と肌が擦れることで、日焼け止めは落ちてしまいます。2~3時間おきに、こまめに塗り直すことが重要です。塗り忘れが多い、耳の裏やうなじ、腕の後ろや足の甲なども、忘れずに塗り直しましょう。

室内でも日焼け止めを塗りましょう!

紫外線は、窓ガラスを通しても入ってくるので、室内で過ごす時も日焼け止めを塗りましょう。また、在宅勤務が増えた今、紫外線だけでなくエイジングを加速させる「ブルーライト」や「近赤外線」の有害光線にも要注意。紫外線と有害光線の両方をブロックしてくれる日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

日焼け止めをタイプ別で選ぶ!

日焼け止めを選ぶ女性

日焼け止めには、いろいろなタイプがあります。使う部位やシーンに合わせて形状を選び、日焼け止めを使い分けることで、より効果的に紫外線をカットしましょう。

クリームタイプ

肌への密着度に優れ、化粧下地として使用できるものが多いです。しっとりとしたテクスチャーで、乾燥しにくいのが◎。

ミルクタイプ

なめらかなテクスチャーで、保湿力に優れているので乾燥が気になる時におすすめ。肌に優しいものが多く、伸びが良くて白浮きしにくいのが特徴です。

スプレータイプ

塗り忘れがちな首の後ろ、背中や二の腕の裏などの手の届きづらい部分に塗ることができて便利。手も汚れず、外出先での付け直しが気軽にできます。また、髪の毛に使用できるものやストッキングの上から使えるものもあり、人気が高まっています。

パウダータイプ

ルースパウダーやプレストパウダーのような感覚で使え、サラリとした付け心地。手軽に使え、メイク直しにも活躍。毛穴カバーやテカリを抑える効果が期待できるものもあります。

ジェルタイプ

伸びやすく、幅広い範囲に塗りやすいので、ボディー用としてもおすすめ。軽い付け心地でベタつきが少ないので、着替える直前に塗っても、すぐに服を着ることができるのが魅力です。サッパリ派の方にピッタリです。

スティックタイプ

固形状のバーになっている中身を、リップクリームのように繰り出して使うのが特徴。肌に直接塗るため、手が汚れず、サッと片手で塗り直せるのが魅力です。

帰宅後のアフターケア

洗顔の様子

「日焼け止めを正しく塗っているから、紫外線ケアは完璧!」と思っていたら大間違い!日焼け後のアフターケアを怠ってしまうと、秋の気配を感じる頃に、くすみ、ゴワつき、乾燥などの肌トラブルを起こしてしまうことに……。帰宅後のケアを徹底することで、紫外線ケアの効果を最大限に発揮させましょう。

日焼け止めをしっかり落とす

日焼け止めをしっかりと落とさないと、ニキビや吹き出ものの原因に。石鹸で落とせるもの、クレンジングが必要なものなど、製品ごとに落とし方が記載されているので、必ず表記を確認しましょう。SPF値の高いものや、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、クレンジング力の高い「オイルクレンジング」を使うのがおすすめです。

オイルクレンジングの正しい使い方

続いてオイルクレンジングを使用した洗顔方法をご紹介します。クレンジング後は、保湿ケアを忘れずに!

1:オイルクレンジングを手のひらに取り、肌になじませる

最初に皮脂の多いTゾーンにのせてから、次に両頬にのせます。くるくると円を描くように顔全体をマッサージしながらメイクとなじませます。特に皮膚の薄い目元は、擦らないように優しく丁寧になじませます。

2:水かぬるま湯ですすぎ、しっかりと保湿する

熱めのお湯ですすぐと、肌の油分まで落としてしまい、乾燥肌の原因に。水か32度程度のぬるま湯で、丁寧にすすぎましょう。触った時に、少し冷たいと感じる程度が32度の目安です。タオルで水滴を優しくふき取ったあとは、しっかりと保湿しましょう。お肌を鎮静してくれるローションやパックもおすすめです。

氷や保冷剤などで肌のほてりを鎮める

海や山などのレジャーで強い日差しを浴びた日は、できるだけ早く肌の熱を鎮めることが肝心です。車で出かけるなら、クーラーボックスに氷や保冷剤を入れておくのがおすすめ。帰りの車中で、ほてりが気になる部分に氷や保冷剤を包んだ冷たいタオルをあて、肌のほてりを鎮めましょう。タオルの摩擦で肌にダメージを与えないように、優しくあててくださいね。

抗酸化作用のある食材を摂る

抗酸化作用のある食材

紫外線を浴びると、肌内部に活性酸素と呼ばれる物質が発生します。活性酸素には、細胞を酸化させてしまう作用があり、これが肌老化の原因に……この酸化を食い止めてくれるのが、抗酸化物質です。

抗酸化作用のある代表的な食材は、ビタミンCが多く含まれるレモン、ピーマン、ブロッコリー、キウイ、ビタミンEが含まれるホウレン草、大豆、カボチャなど。その他にも、緑黄色野菜などに含まれるβカロテンやトマトなどに含まれるリコピンも効果的な食材です。毎日の食事に積極的に取り入れるようにしましょう。

大人の肌の紫外線対策は、日々の積み重ねが肝心です。日焼け止めを正しく使って、紫外線から肌をしっかり守りましょう。ただし、紫外線をブロックするだけでは完璧とは言えません。日焼け後のケアを行ってこそ、完璧な紫外線対策です。夏の肌ダメージを秋まで引きずらないためにも、帰宅後のアフターケアを習慣にしてくださいね!

関連するキーワード


スキンケア 紫外線対策

関連する投稿


色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

夏の必須アイテム「日傘」。みなさん、デザインだけで選んでいませんか? 日焼けを絶対したくない方も、暑さにとことん弱い方も、求めるものが違えば選び方も違うはず。どなたでも満足の1本を選べるように、今回は日傘の3つの効果と選び方をご紹介します。


紫外線対策は夏前から!毎日の努力で美白・エイジング

紫外線対策は夏前から!毎日の努力で美白・エイジング

紫外線ケアを徹底する夏場に比べ、本格的に暑くなる前の時期の紫外線ケアはついつい気がゆるみがちではないですか?実は紫外線の照射量は、夏になる前からどんどん増えはじめ、5月~8月にかけてピークに達するので、この時期の紫外線こそ要注意!また紫外線を浴びることでシミができてしまった部分は、シワのリスクにつながるなどの肌老化も進むため(※)、紫外線対策は美白ケアのためだけでなくエイジングケアのためにも重要です。今回は、そんな大人の肌ケアには欠かせない紫外線対策をご紹介します。 ※当社研究所調べ。


手荒れにさよなら!手に年齢を語らせないお手軽ハンドケア

手荒れにさよなら!手に年齢を語らせないお手軽ハンドケア

手は「第二の顔」と呼ばれるほど、思った以上に見られている年齢の表れやすいパーツ。それなのに、顔のお手入れに比べ、なぜか怠りがちなハンドケア。ふっくらとツヤのある手は、それだけで若々しさや清潔感を演出してくれます。手に年齢を語らせないハンドケア、今日からスタートしましょう!


大人の美しい肌を手に入れる“美肌習慣”のススメ

大人の美しい肌を手に入れる“美肌習慣”のススメ

春先は季節の変わり目で、体調だけでなく肌の調子も崩しやすい……といったことはありませんか?大人の肌を美しく保つためには、カラダとココロを健康に保つことが大切です。特に、40代頃の大人の肌は、今まで目立たなかった肌のたるみやハリの衰えなどを感じやすくなるため、毎日の暮らし方が肌の美しさを大きく左右します。そこで、今回は、季節の変わり目にトラブルを起こしがちな、大人の肌コンディションを整える“美肌習慣”をご紹介します。


春先の肌不調に!花粉の季節に気をつけたいスキンケア&インナーケア

春先の肌不調に!花粉の季節に気をつけたいスキンケア&インナーケア

梅の花が咲き始め、少しずつ春の兆しを感じるようになりました。立春を過ぎた頃から、ムズムズと気になり始める花粉。肌がゆらぎやすい季節の変わり目は、花粉による外的刺激も加わり、肌トラブルが続出しやすくなります。そこで今回は、肌の花粉対策&花粉シーズンのスキンケアとインナーケアについてご紹介します。


最新の投稿


【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

肌の露出が増える夏は、体型カバーが難しいですよね。それでも、素材やシルエットを厳選することで、気になる部分をカバーして、細見えを叶えることはできます!「二の腕がちょっと……」、「胸やお尻の位置が下がってきた」などのお悩み別に、夏の着やせコーデをご紹介します。


色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

夏の必須アイテム「日傘」。みなさん、デザインだけで選んでいませんか? 日焼けを絶対したくない方も、暑さにとことん弱い方も、求めるものが違えば選び方も違うはず。どなたでも満足の1本を選べるように、今回は日傘の3つの効果と選び方をご紹介します。


夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新しい行事食として注目されている「夏越(なごし)ごはん」をご存じでしょうか?1年の前半を締めくくる6月30日に食べる、夏の食材の栄養がたっぷり盛り込まれたメニューです。今回は、夏越ごはんの由来と、おすすめの食材についてご紹介します。美容にも良い食材ばかりなので、必見です!


肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

ジメジメじっとり、ゆううつな梅雨がやってきました。私たちの体にも、曇り空とそっくりの重たい不調があらわれて来る頃ではないでしょうか。来たる夏に備えて、体調を崩すのは避けたいところ。今回は、梅雨特有の不調と、その対策をご紹介。心当たりのある方は、今日から実践スタートです!


香りで幸福度をUP♪梅雨時期におすすめのアロマ3選

香りで幸福度をUP♪梅雨時期におすすめのアロマ3選

じめじめしている梅雨は、髪型も決まりにくいし、雨が降るとファッションも制限されたりして、テンションが下がりがち。そんな時、手軽に取り入れられて気分を上げる効果も高いのが「香り」。今回は、香りの持つパワーに注目して、じめじめした梅雨時期におすすめの「ハッピーになれる香り」をご紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット