40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


購入前に要チェック!日焼け止めの基礎知識

日焼け止め

夏のスキンケアに欠かせない日焼け止め。紫外線から肌をしっかり守るには、「SPF」や「PA」の数値が高いものを選べば良い!と思っていませんか?数値の高さだけで選んでしまうと、肌に負担がかかりすぎてしまうことも……。日焼け止めは、生活シーンや自分の肌タイプに合わせて選ぶのが大切です。これから、日焼け止めを選ぶ際の基礎知識をご紹介していきます。

SPFとは?

「SPF」は、「Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)」の略で、主に皮膚に赤く炎症を起こす紫外線B波(UV-B)をどの程度防止できるかを表した指数。何も塗らないで日差しを浴びた時に、肌が赤くなるまでにどのくらい時間がかかったかに対し、日焼け止めを塗った場合に、その時間が何倍引き伸ばせるかを表したのがSPF数値です。
「SPF」は、1~50までの数値で表され、「SPF50」を超える場合は「SPF50+」と表記されます。

PAとは?

「PA」は、「Protection grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)」の略で、短時間に皮膚をを黒くする紫外線A波(UV-A)を防ぐ指数。防止効果の程度は、PA+、PA++、PA+++、PA++++と、4段階に分類されます。+の数が多くなるほど、紫外線A波を防ぐ効果が高くなります。

シーン別の数値目安は?

炎天下の海辺や雪山で浴びる紫外線と、通勤や買い物などの日常生活で浴びる紫外線の量や強さは、同じではありません。紫外線をしっかりと防ぐためには、下の表を目安にするのがおすすめです。また、日焼け止め効果のある化粧品を購入する際は、以下の2点に注意をしましょう。

・シーンに合わせた紫外線防止用化粧品を選ぶこと
・紫外線防止用化粧品の「SPF」や「PA」表示を確認して選ぶこと

紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果

出典:日本化粧品工業連合会編「紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果」より

紫外線による肌への影響をもっと知りたい方はこちらもおすすめ!

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めには、紫外線をカットするために「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が使われています。2つの特徴を簡単に說明すると、「紫外線吸収剤」は使用感の良いものが多く、「紫外線散乱剤」は肌に優しいという利点があります。最近では、改良を重ねている商品も多いので、商品ごとの特徴や表示をチェックし、目的に合わせて上手に使い分けましょう。

紫外線吸収剤

吸収した紫外線を熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出し、紫外線が皮膚の奥へ届くのを防ぎます。無色透明なので白浮きしなく、なめらかな塗り心地。紫外線吸収剤を使用した日焼け止めは、ケミカルタイプと呼ばれこともあります。

紫外線散乱剤

紫外線を物理的な仕組みで反射・散乱させ、紫外線が肌に入り込むのを防ぎます。肌に負担が少なく、ノンケミカルタイプと呼ばれることもあります。白色の粉末を使用しているため、粉っぽさや白浮きを感じやすいのがデメリット。

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めを塗る女性

せっかく日焼け止めを使用しても、きちんと塗れていないと、適切な効果が発揮されません。正しい塗り方をマスターして、日焼け止めの効果を最大限に発揮させましょう。

使用量を目安に十分な量を使う

もったいないからと少量しか塗らないのはNG!製品に記載されている使用量を守って、適正な量を塗ることが大切です。使用量が少ないと効果が発揮されません。

ムラなく丁寧に塗る

適量を手に取って、少量ずつ肌に塗っていくのがポイントです。顔に塗る場合は、指先の腹を使い、均一になるように丁寧に塗るのがコツ。手のひら全体を使って塗ると、日焼け止めが残ってしまい、適切な量が塗れなくなってしまいます。また、マスクをする場合は、顔に塗った日焼け止めがしっかりと馴染んでからにしましょう。

2~3時間おきに塗り直す

正しく塗れていても、汗や水で濡れた肌をタオルやハンカチで拭いたり、衣類と肌が擦れることで、日焼け止めは落ちてしまいます。2~3時間おきに、こまめに塗り直すことが重要です。塗り忘れが多い、耳の裏やうなじ、腕の後ろや足の甲なども、忘れずに塗り直しましょう。

室内でも日焼け止めを塗りましょう!

紫外線は、窓ガラスを通しても入ってくるので、室内で過ごす時も日焼け止めを塗りましょう。また、在宅勤務が増えた今、紫外線だけでなくエイジングを加速させる「ブルーライト」や「近赤外線」の有害光線にも要注意。紫外線と有害光線の両方をブロックしてくれる日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

日焼け止めをタイプ別で選ぶ!

日焼け止めを選ぶ女性

日焼け止めには、いろいろなタイプがあります。使う部位やシーンに合わせて形状を選び、日焼け止めを使い分けることで、より効果的に紫外線をカットしましょう。

クリームタイプ

肌への密着度に優れ、化粧下地として使用できるものが多いです。しっとりとしたテクスチャーで、乾燥しにくいのが◎。

ミルクタイプ

なめらかなテクスチャーで、保湿力に優れているので乾燥が気になる時におすすめ。肌に優しいものが多く、伸びが良くて白浮きしにくいのが特徴です。

スプレータイプ

塗り忘れがちな首の後ろ、背中や二の腕の裏などの手の届きづらい部分に塗ることができて便利。手も汚れず、外出先での付け直しが気軽にできます。また、髪の毛に使用できるものやストッキングの上から使えるものもあり、人気が高まっています。

パウダータイプ

ルースパウダーやプレストパウダーのような感覚で使え、サラリとした付け心地。手軽に使え、メイク直しにも活躍。毛穴カバーやテカリを抑える効果が期待できるものもあります。

ジェルタイプ

伸びやすく、幅広い範囲に塗りやすいので、ボディー用としてもおすすめ。軽い付け心地でベタつきが少ないので、着替える直前に塗っても、すぐに服を着ることができるのが魅力です。サッパリ派の方にピッタリです。

スティックタイプ

固形状のバーになっている中身を、リップクリームのように繰り出して使うのが特徴。肌に直接塗るため、手が汚れず、サッと片手で塗り直せるのが魅力です。

帰宅後のアフターケア

洗顔の様子

「日焼け止めを正しく塗っているから、紫外線ケアは完璧!」と思っていたら大間違い!日焼け後のアフターケアを怠ってしまうと、秋の気配を感じる頃に、くすみ、ゴワつき、乾燥などの肌トラブルを起こしてしまうことに……。帰宅後のケアを徹底することで、紫外線ケアの効果を最大限に発揮させましょう。

日焼け止めをしっかり落とす

日焼け止めをしっかりと落とさないと、ニキビや吹き出ものの原因に。石鹸で落とせるもの、クレンジングが必要なものなど、製品ごとに落とし方が記載されているので、必ず表記を確認しましょう。SPF値の高いものや、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、クレンジング力の高い「オイルクレンジング」を使うのがおすすめです。

オイルクレンジングの正しい使い方

続いてオイルクレンジングを使用した洗顔方法をご紹介します。クレンジング後は、保湿ケアを忘れずに!

1:オイルクレンジングを手のひらに取り、肌になじませる

最初に皮脂の多いTゾーンにのせてから、次に両頬にのせます。くるくると円を描くように顔全体をマッサージしながらメイクとなじませます。特に皮膚の薄い目元は、擦らないように優しく丁寧になじませます。

2:水かぬるま湯ですすぎ、しっかりと保湿する

熱めのお湯ですすぐと、肌の油分まで落としてしまい、乾燥肌の原因に。水か32度程度のぬるま湯で、丁寧にすすぎましょう。触った時に、少し冷たいと感じる程度が32度の目安です。タオルで水滴を優しくふき取ったあとは、しっかりと保湿しましょう。お肌を鎮静してくれるローションやパックもおすすめです。

氷や保冷剤などで肌のほてりを鎮める

海や山などのレジャーで強い日差しを浴びた日は、できるだけ早く肌の熱を鎮めることが肝心です。車で出かけるなら、クーラーボックスに氷や保冷剤を入れておくのがおすすめ。帰りの車中で、ほてりが気になる部分に氷や保冷剤を包んだ冷たいタオルをあて、肌のほてりを鎮めましょう。タオルの摩擦で肌にダメージを与えないように、優しくあててくださいね。

抗酸化作用のある食材を摂る

抗酸化作用のある食材

紫外線を浴びると、肌内部に活性酸素と呼ばれる物質が発生します。活性酸素には、細胞を酸化させてしまう作用があり、これが肌老化の原因に……この酸化を食い止めてくれるのが、抗酸化物質です。

抗酸化作用のある代表的な食材は、ビタミンCが多く含まれるレモン、ピーマン、ブロッコリー、キウイ、ビタミンEが含まれるホウレン草、大豆、カボチャなど。その他にも、緑黄色野菜などに含まれるβカロテンやトマトなどに含まれるリコピンも効果的な食材です。毎日の食事に積極的に取り入れるようにしましょう。

大人の肌の紫外線対策は、日々の積み重ねが肝心です。日焼け止めを正しく使って、紫外線から肌をしっかり守りましょう。ただし、紫外線をブロックするだけでは完璧とは言えません。日焼け後のケアを行ってこそ、完璧な紫外線対策です。夏の肌ダメージを秋まで引きずらないためにも、帰宅後のアフターケアを習慣にしてくださいね!

関連するキーワード


スキンケア 紫外線対策

関連する投稿


目もとのシワに関するウソホント シワ改善で目ヂカラアップ!

目もとのシワに関するウソホント シワ改善で目ヂカラアップ!

年齢を重ねると共に増えてくるシワ。特に乾燥しやすい時期は、目もとのシワが目立ってしまい気になりますよね……。保湿などのスキンケアや、マッサージ、ストレッチなどのセルフケアをしっかりと行って、シワを改善していきましょう。また、世間で囁かれる目もとのシワに対するウワサは本当なのか!?についてもご紹介します。


肌がよろこぶ温感美容で、過酷な冬を乗り越えよう!

肌がよろこぶ温感美容で、過酷な冬を乗り越えよう!

冬は1年の中でも特に空気が乾燥する時期。そのため肌も乾燥しやすく、くすみやむくみも起きやすくなりますよね。また冷えからくる血行不良で肌トラブル!なんてことも……。ポカポカ温まる温感美容で肌を整え、寒い冬を乗り切りましょう。


肌にご褒美♪美肌力が上がる冬のスペシャルケア法

肌にご褒美♪美肌力が上がる冬のスペシャルケア法

12月に入り、今年もあと少しで終わりですね。一年間頑張ってきた自分へ、スペシャルケアのご褒美を贈りませんか?今回は、大人女性に起こりがちな肌トラブル別のスペシャルケアをご紹介していきます。普段のスキンケアにちょっとだけスペシャルケアをプラスして、眩い輝きを放つ美肌を手に入れましょう。ぜひ、新しい年を迎える前にご自身の肌も整えてあげてくださいね。


夏の肌ダメージをリセットする秋のいたわり美容法

夏の肌ダメージをリセットする秋のいたわり美容法

夏はどんなに対策をしていても、紫外線やエアコンなどの影響を受けて、肌のコンディションが悪くなりがち……。それをそのままにしておくと、秋には肌荒れや乾燥などの肌トラブルにつながってしまいます。夏に受けた肌ダメージを正常に戻していくためには、今この時期にしっかりケアをすることが大切!今回は肌ダメージをリセットして、コンディションを整えていくケアについてご紹介します。


気になる毛穴をタイプ別にケア!今年の夏は“毛穴レス”な大人肌へ

気になる毛穴をタイプ別にケア!今年の夏は“毛穴レス”な大人肌へ

夏になると目立ち始める毛穴の開きや詰まり。夏場の肌は、気温や湿度が上がることで皮脂が過剰に分泌され、普段よりも毛穴が目立ちやすくなります。詰まった皮脂を放置してしまうと、皮脂が酸化し黒ずみの原因に。特に、40代以降の大人の肌は、たるみ毛穴からシワになってしまう恐れも……。今回は、大人の肌悩みに多い毛穴について、毛穴のタイプ別にお手入れ方法をご紹介します。


最新の投稿


5月16日(月)~5月29日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月16日(月)~5月29日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月後半は16日に起こる皆既月食が大きなポイントです。月食は満月のスペシャルバージョンで、満月が持つ「物事が満ち、振り返りと調整をはかるタイミング」という意味合いがより強調されるのが特徴。この半年くらい頑張ってきたことがある方は、そろそろひとつの到達点(物事が満ちるポイント)が見えてくるでしょう。ただ、「満ちる」ということは時として、想定とは違う方向に満ちることもあるものです。もし、想像もしていなかったことが起きた時は「この結果もまた、いまの自分にとってベストな転機」と考えてみると学ぶことが多そうです。意識にはのぼらなくとも大切にしているものが、この時期は浮かび上がってきやすいからです。


体にも地球にも優しい!「ホールフード」の楽しみ方

体にも地球にも優しい!「ホールフード」の楽しみ方

みなさん「ホールフード」という言葉はご存じですか?実の部分だけではなく、普段は捨ててしまう野菜の皮や葉も、まるごと食べようという考え方です。実はいつも捨ててしまう部分にはたくさんの栄養素が含まれており、美容や健康を気遣う方にもおすすめなんです!さらに、生ごみが減らせるので食品ロスの削減になり、環境問題の解決へもつながります。そんなホールフードの魅力と、いつもの食事に取り入れる簡単な方法をご紹介します。


おしゃれがキマる!大人のスニーカーの選び方

おしゃれがキマる!大人のスニーカーの選び方

爽やかな季節、コーディネートにぜひ取り入れたいけれど、意外と難しいのが「大人のスニーカー」。カジュアルになり過ぎずおしゃれに見せるには、どんなスニーカーを選べば良いのでしょうか。今回は、「あえてスニーカーがおしゃれ」になる選び方や、コーディネートのヒントをご紹介します。


5月2日(月)~5月15日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

5月2日(月)~5月15日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

2022年で最もビビッドな転換点は5月11日。「幸運と拡大の星」と呼ばれるラッキースターである木星が、うお座からおひつじ座へと移動し、運気のうえでも世の中的にも新しいサイクルに入るからです。「急に勢いが出てきた」、「風向きが変わった」と感じるようなことがあったなら、それは吉兆として捉えて良いでしょう。人はもともと、変化というものが本能的に苦手です。ですから、「いつものこと」が変わるというのはちょっぴり身構えてしまうものですが、「きっと良くなっていくはずだ。だってそういう時期だもの。」と思ってみることで、チャンスをつかみやすくなるでしょう。爽やかな風が吹き抜ける5月、変化の波に気持ち良く乗っていきましょう。


運気も気分もアップする 「塩+アロマオイル」が使える!

運気も気分もアップする 「塩+アロマオイル」が使える!

癒やしの効果で人気のアロマソルト。あら塩にアロマオイルを少々……そうして作ったアロマソルトは、盛り塩を兼ねたアロマディフューザーに、玄関やキッチンのニオイ消しに、さらにはバスソルトにと大活躍。今回は、多めに作って常備しておきたいアロマソルトの作り方&活用方法をご紹介します。アロマオイルを買ったけど、なかなか減らない!そんな方にもおすすめです。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


12星座占い 占い ダイエット