40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
美容にはやっぱりお茶だった!?種類別の効果とおすすめの飲み方

美容にはやっぱりお茶だった!?種類別の効果とおすすめの飲み方

最近はスーパーなどでも手軽にいろいろな種類のお茶を買うことができますが、その種類によってダイエットや美容、ストレスを和らげるなど、さまざまな効果が期待できます。今回は効果別にいろいろなお茶をご紹介。あわせて、よりおいしく飲むための簡単なアレンジ方法もお伝えします。


なぜ、お茶は美容に良いの?

お茶を飲む女性

日本では日常的にお茶を飲む習慣があり、普段の水分補給や食事のお供にお茶を飲んでいる方も多いでしょう。しかし、お茶といってもその種類は数えきれないほどあり、種類や成分によって期待できる美容効果は異なります。
たとえば日本を代表するお茶といえば緑茶ですが、緑茶には強い抗酸化作用のあるカテキンが豊富に含まれていて、肥満予防や腸内環境の健康維持が期待できます。美容目的でお茶を飲む場合は、含有成分や効果にも注目してみてくださいね。

それではさっそく、効果別にお茶の種類を見ていきましょう!

ダイエットに!代謝促進&デトックス効果が期待できるお茶

どくだみ茶(ノンカフェイン)

ドクダミ茶

どくだみは多年草の一種で、ゲンノショウコやセンブリと並んで「日本の三大薬草」といわれています。そんなどくだみ茶には利尿作用があり、体の老廃物を排出して新陳代謝を高めるため、むくみの改善につながります。
また、どくだみに含まれる成分が新陳代謝を活性化し肌に蓄積された老廃物の排出を促すため、健康的で明るい印象の肌を目指せます。

おすすめの飲み方

健康に良いどくだみ茶ですが、独特な香りと味わいがあるので、そのままでは飲みにくいと感じる方も。その場合は、ほうじ茶や玄米茶などの癖がないお茶と、半分ずつブレンドすると、とても飲みやすくなります。

ごぼう茶(ノンカフェイン)

ごぼう茶

ごぼう茶はごぼうを乾燥させて細かくしたり粉末状などにしたもので、商品によっては皮まで使っているものもあります。ごぼう茶に含まれるサポニンが脂肪やコレステロールの吸収を抑え、水溶性食物繊維のイヌリンが便通を促進するため、ダイエットや便秘に効果があります。

おすすめの飲み方

ごぼう茶は癖のない味で、ごぼう独特の香ばしい風味が特徴。そのままでも飲みやすいですが、豆乳との相性も◎。抗酸化作用のある豆乳と合わせれば、豆乳に含まれるサポニンやビタミンEとの相乗効果で、美肌づくりにも一役買います。

ハイビスカスティー(ノンカフェイン※茶葉はハーブのみ使用の場合)

ハイビスカスティー

ハイビスカスティーは、一般的にハイビスカスと呼ばれている花からではなく、ローゼルという植物からできています。ローゼルも学名にハイビスカスとつくことから、ハイビスカスティーと呼ばれるようになりました。
ローゼルの花や果実を乾燥させたものを使用していて、ミネラルの一種であるカリウムが豊富です。カリウムは余分な塩分を排出するので、むくみ解消やデトックス効果が期待できます。またクエン酸やリンゴ酸も含まれているので、細胞の代謝を促進して、疲労回復にもなります。

おすすめの飲み方

ハイビスカスティーはビタミンCが豊富なローズヒップを混ぜるのがおすすめです。酸味が強いので、苦手な方は蜂蜜を入れてもOK。
また、お湯につけている時間が長くなるほど酸味が出てくるので、さっぱりと飲みたい場合は、短めに淹れると良いでしょう。オレンジなどの果汁と混ぜて、冷やして飲んでもおいしいですよ。

エイジングケアに!抗酸化物質を含むお茶

ルイボスティー(ノンカフェイン)

ルイボスティー

日本では認知度の高いルイボスティーですが、ルイボスティーの原料となるのは、南アフリカ共和国を原産とするマメ科の低木です。現地では「不老長寿のお茶」と呼ばれ、古くから親しまれてきました。
ルイボスティーは体内に備わる抗酸化力を持つ酵素であるSOD酵素を活性化させ、生活習慣病の予防や美肌へ導きます。ノンカフェインなのでお子さまや妊婦さんにも◎。
また、レッドティーといわれるルイボスティーは赤褐色のお茶ですが、発酵前のものをグリーンルイボスティーといい、通常のルイボスティーよりもポリフェノールが豊富で、爽やかで飲みやすい味わいが特徴です。

おすすめの飲み方

ルイボスティーの抗酸化効果を引き出すために、水から火にかけて、10分ほど煮出すのがおすすめ。また、フルーツとの相性が良いので、ミックスベリーやレモン、オレンジなどを入れて、フレーバールイボスティーにすると、爽やかな風味になります。

黒豆茶(ノンカフェイン)

黒豆茶

黒豆を煮出して飲む黒豆茶には、ポリフェノールの一種で高い抗酸化作用を持つアントシアニンが豊富に含まれ、血行促進が期待できます。さらに、女性ホルモンを整えるイソフラボンや、血の巡りを良くするサポニンも含まれているので、代謝が上がり肌の調子も整います。

おすすめの飲み方

黒豆茶は豆を炒った香ばしい風味がするので、カフェオレ風にして飲むのがおすすめ。普通のカフェオレに黒豆茶を加えることで、あっさりしながらもコクがプラスされます。さらにきな粉を混ぜると、小腹が空いた時のおやつ代わりにもなります。

ストレス解消に!リラックス効果のあるお茶

ジャスミンティー

ジャスミンティー

ジャスミンティーは緑茶にジャスミンの香りをつけた香り高い中国茶です。鎮静効果のあるリナロールという成分が含まれています。またベンゼルアセテートという成分は、脂肪燃焼作用と自律神経に作用するため、ストレス解消におすすめです。
ジャスミンティーといえば、爽やかな香りが特徴。気分を和らげてくれるような香りのため、疲れた夜にジャスミンティーを飲むことで、神経が鎮まりゆったりと過ごすことができます。ただしジャスミンティーにはカフェインが含まれているので、寝る直前の飲み過ぎには注意しましょう。

おすすめの飲み方

そのままでもとてもおいしいですが、オレンジ果汁を絞って入れるとより爽やかに。また、牛乳を入れてミルクティーにすれば、ほんのり甘くスッキリとした風味になります。

カモミールティー(ノンカフェイン※茶葉はハーブのみ使用の場合)

カモミールティー

キク科のカミツレという植物から抽出したハーブティーの一種で、 リンゴに似た甘い香りが特徴です。ジャーマンカモミールとローマンカモミールの2種類があり、ジャーマンカモミールには鎮静作用があり、イライラや不安を和らげます。ローマンカモミールにはカフェインが含まれていないので寝る前にも◎。体を温めてくれるので、寝る前に飲むことで、寝つきが良くなるでしょう。

おすすめの飲み方

カモミールティーはそのままでも飲みやすいですが、ショウガと蜂蜜を入れてカモミールジンジャーティーにしてもおいしいです。コクや甘みをプラスしたい場合は、砂糖とミルクを足して、カモミールミルクティーがおすすめ。さっぱりと飲みたい場合は、オレンジやリンゴをカットして、フルーツカモミールティーにするのも良いですね。

日常にお茶を取り入れることで、気軽にダイエットや美容に役立てられます。季節によってアイスにしたり、ホットにしたり、アレンジをしながら楽しんでくださいね。

fotune

関連する投稿


花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症を患う皆さまは、花粉症の季節になると、症状を和らげたくてさまざまな対策を練りますよね。しかし、世の中に存在するさまざまな花粉症対策のなかには、勘違いされていたり、期待した効果が出なかったりする方法も意外と多いんです。今回は、よくある花粉症対策の勘違いや、期待度の高い改善法をご紹介します。


目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

青汁が「まず~い」と言われたのは、いまや昔の話。最近の青汁といえば、栄養価は高いまま、味もおいしい商品がたくさん登場しています。今回は、青汁の概要や、目的に合わせたおすすめの飲み方を紹介します。


新生活に癒やしを 心落ち着くグリーンのある暮らし

新生活に癒やしを 心落ち着くグリーンのある暮らし

新生活や新たな年度に向けて、生活に植物を取り入れてみませんか?植物を育てて見守っていると、ほんの小さな変化が暮らしに癒やしをもたらしてくれます。今回は初心者におすすめの失敗しにくい観葉植物や、お花を咲かせる水栽培の方法をご紹介します。自分だけの癒やしスポットを手に入れましょう♪


【管理栄養士監修】食べる順番ダイエットの常識をアップデート!

【管理栄養士監修】食べる順番ダイエットの常識をアップデート!

ダイエットと言えば「ベジファースト」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、最近は「ミートファースト」や「プロテインファースト」という言葉も耳にするようになってきました。一方で、食べる順番を変えても効果がないという話もあり、どれが良いの?と迷ってしまいますよね……。そこで今回は「食べる順番ダイエット」についての効果や正しいやり方、大人女性にこそ実践してほしい理由について、管理栄養士・上辻知津子さんに解説していただきます。


美しい髪は頭皮から!今日からできるケア方法

美しい髪は頭皮から!今日からできるケア方法

頭皮ケアは健やかな頭皮のみでなく、健やかな毛髪を維持することにもつながります。正しい頭皮ケア方法を知って、美しい髪の毛を維持したいもの。今回は、冬の頭皮をいじめてしまうNG習慣とその対策、より健やかな髪を手に入れるためのスペシャルケア方法をご紹介します。


最新の投稿


4月15日(月)~4月28日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月15日(月)~4月28日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

新年度がスタートして、早いものでもう半月。いかがお過ごしですか?この4月、コミュニケーションを司る星・水星がイレギュラーな動きを見せることから、ハプニングや計画の遅れが生じやすい運勢となっています。新年度のフレッシュなムードのなか、いまひとつ良い流れに乗れていないような気持ちがしていた方もどうぞご心配なく。いまは、ゆっくり前に進む時です。さて、水星が通常運転に戻るのは4月25日。混乱が見られていた物事も、ここから徐々にスムーズに運ぶようになるはずです。話し合いや相談をしたいなと考えている方は、月末か、もしくは5月に入ってからが良いかもしれませんね。


花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症を患う皆さまは、花粉症の季節になると、症状を和らげたくてさまざまな対策を練りますよね。しかし、世の中に存在するさまざまな花粉症対策のなかには、勘違いされていたり、期待した効果が出なかったりする方法も意外と多いんです。今回は、よくある花粉症対策の勘違いや、期待度の高い改善法をご紹介します。


防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

新生活シーズン、引っ越したばかりの家や新しい通勤経路の防犯面の弱点など、身を守る対策はチェックできているでしょうか?「春からもいままで通り」という方もこの機会に、現状の対策が適切か、自分はいままで通りでも、周辺の状況が変化していないか確認してみましょう。今回は、ちょっとした工夫で実践できる防犯TIPSをご紹介します。


4月1日(月)~4月14日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月1日(月)~4月14日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月5日、コミュニケーションを司る水星がイレギュラーな動きを始めます。ここから4月いっぱいくらいは、物事の動きが鈍くなったり、コミュニケーションロスが発生したりしがちに……。年度始めでバタバタしがちな方も多いかもしれませんが、できるだけ時間に余裕をもって行動し、スケジュールや伝達事項は念には念を入れて確認しておくと良いでしょう。また、4月9日は日食。日食は「特別な新月」で、新たなことをスタートさせる方も多いでしょう。ただ、前述の通りの時期なので、物事の進展はゆっくりです。すぐに結果を出そうと思わず、長期戦のつもりでコツコツやってみると良いでしょう。


目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

青汁が「まず~い」と言われたのは、いまや昔の話。最近の青汁といえば、栄養価は高いまま、味もおいしい商品がたくさん登場しています。今回は、青汁の概要や、目的に合わせたおすすめの飲み方を紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


12星座占い