40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
おしゃれな人が実践している、本当に持つべき服の見極め方

おしゃれな人が実践している、本当に持つべき服の見極め方

クローゼットにずらりと洋服が並んでいても、着る洋服はだいたい決まっていませんか?また、たくさんの洋服を目の前に、コーディネートに迷って時間がかかったことはありませんか?クローゼットの中身を持て余しているのなら、一度スッキリさせてしまいましょう!厳選された洋服だけにすることで、おしゃれがもっと楽しめるようになりますよ♪


クローゼットの洋服たち、把握していますか?

洋服の断捨離に迷っている女性

「着てないけど、新品同様だからひとまず取っておこう!」、「良いコーディネートさえ浮かべば活躍するはず!」、「部屋着として使えるからまだ着るかも」……どれかひとつでも「分かる!」と思ったら、もしかするとあなたのクローゼットは渋滞を起こしているかもしれません。

着ない服を大切に取っておいても、そのこと自体を忘れてそのまま時が過ぎれば、着ない服ばかりが充実したクローゼットになってしまいます。溜め込むことはもうやめて、「着たいものがない」クローゼットから「着たいものしかない」クローゼットにリニューアルしましょう!

服を減らすことが、おしゃれの第一歩に

抱えすぎた洋服たちを整理すると、いいことがたくさんあるのです!この記事を読み終わる頃には、着ない服をたくさん持っていることこそ、もったいないかも……といった気持ちになれるはずです。

クローゼットの中身が「全部、今の自分が好きなもの」になる

洋服を選ぶ女性

まずは、洋服を整理することでどんなメリットがあるか見ていきましょう。

・今の自分の好みが明確になる
・コーディネートしやすくなって時短につながる
・タンスの肥やしがなくなるため、年相応で体型に合った洋服にアップデートできる
・新しい服を買う際に、持ち服とのコーディネートが想像しやすくなる
・安いからとりあえず、といった理由で、洋服を買うことがなくなる
・節約できた分、もっと活躍する服に投資できる

すごく快適そうな項目ばかりではないでしょうか。ぜひ実現したいところですが、つい洋服を溜め込んでしまうのは、手放しにくい理由があるからかもしれません。
続いて、手放すか取っておくか迷った時の心得をご紹介します。手放せない、手放すべき?と迷った時はぜひ思い出してくださいね!

全部の服をスタメンに!手放すか迷った時の決断ポイント

洋服を減らす女性

迷ったら全部取っておくというのはこの際やめて、迷う理由を堀り下げてみましょう。判断基準を明確にして、自分が納得できる理由ならば手放さずに取っておくのも選択肢のひとつです。

手放せない理由1:まだ新しいから、高かったから

今着ていないのですから、今後も着る予定はありません。高くても、着ないのなら値段は関係ないのです。フリマアプリなどに出品したり、リサイクルショップに持ち込んだりして、新しい服との出会いに備えるのも良いでしょう。

手放せない理由2:痩せたら着る、いつか着る

「“いつか”は一生来ない」、これは、片付け界隈ではよく知られていることです。痩せた頃には、流行りが終わっているかもしれません。または、年齢を重ねて好みが変わっているかも……。残念ですが、その“いつか”は洋服と一緒にさよならしましょう。

手放せない理由3:ヘタっているけれど気に入っている、部屋着にできる

物持ちが良いのは素晴らしいことなのですが、多過ぎる部屋着は大人のクローゼットには不要です。お洗濯のペースを考えて、必要最小限+1くらい残しておけば十分でしょう。

クローゼット美人は、コーディネート美人

洋服を整理することの目的は、厳選した服だけをクローゼットに並べること。一度整理をしてしまえば、次回のショッピングでは本当に必要なアイテムが明確になり、たくさん活躍してくれるお気に入り服に出会えるはずです。

持ち服が厳選されると、一点一点へ気配りがきくので、洋服も長持ちします。本当に気に入ったものを自分できちんと管理できる枚数だけ、大切に着ていくのが理想ですね。
扉を開くたびに、着たい服だけが並ぶクローゼットを目指して、さっそくワードローブを見直してみましょう!

関連するキーワード


暮らしの豆知識

関連する投稿


いますぐはじめる!女性目線で備える防災

いますぐはじめる!女性目線で備える防災

9月1日は「防災の日」。普段なんとなく「職場」、「地域」、「家族」といった単位で考えられがちな防災対策。でも、女性目線で考えると、それだけでは足りない備えが意外と多いものです。今回は、女性のために役立つプラスアルファの防災TIPSについてご紹介します。


小さなグリーンを育てる幸せ、再生野菜「リボベジ」をはじめよう

小さなグリーンを育てる幸せ、再生野菜「リボベジ」をはじめよう

いつもは捨ててしまう野菜の「根っこ」や「ヘタ」。実はまだ育つ力があるのをご存じですか?捨てずに水に浸けて育てる、通称「リボベジ」が話題なんです!すくすくと成長する様子がかわいらしく、小さいけれど収穫の楽しさも!土作りも害虫駆除も不要なグリーン「リボベジ」に適した野菜や育て方をご紹介します。


知ってた?お気に入りの洋服を長く着るためのお手入れ術

知ってた?お気に入りの洋服を長く着るためのお手入れ術

衣替えのたびに「お気に入りのニットに虫食いが……」とか、「洗濯に失敗しちゃった……」なんてこと、ありませんか?実はちょっとした意識だけで、こうしたトラブルはもっと減らせるんです。今回は、お気に入りの洋服を長く着るために、すぐ実践できるポイントをご紹介します。


知るほどお得!楽しく貯めて得をするお気軽“ポイ活”のはじめ方

知るほどお得!楽しく貯めて得をするお気軽“ポイ活”のはじめ方

お買い物や来店で貯まるポイント、活用していますか?少し面倒に感じてポイントカードは作らない、作ってはみたけれど出し忘れてしまう、そもそも持っていくのを忘れてしまう、持ってはいるけどあんまりお得に感じない……と思っている方も多いはず。ですが実は、楽しみつつもちょっとだけ得をするポイント活動、略して「ポイ活」という言葉が注目されています!そんなポイ活の楽しくライトなススメをお届けします。


最新の投稿


大人の指先を華やかに彩る!マニキュアで楽しむ“秋のセルフネイル”

大人の指先を華やかに彩る!マニキュアで楽しむ“秋のセルフネイル”

ダークなトーンが多くなりがちな秋のファッション。大人の華やかさを演出する差し色として、マニキュアでネイルデザインを楽しんでみてはいかがでしょうか?ネイルデザインに、秋の人気カラーであるボルドーやカーキを取り入れるだけで、グッとトレンド感がアップします。今回は、セルフネイルの基本とマニキュアで楽しめる秋のネイルデザインをご紹介します。


外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

40代からは下半身の筋肉が落ちやすく、冷え・むくみなどが起こりがちです。しかし若い頃のように「冷えた時に温める」だけでは対策として万全とは言えません。大人世代には、普段から体を温め、冷えが原因の不調やつらさを予防する「温活」が重要です。今回は、温活の考え方や手軽に取り入れられる方法をご紹介します。


病気じゃないかも、でもつらい……理解されにくい「不定愁訴」との付き合い方

病気じゃないかも、でもつらい……理解されにくい「不定愁訴」との付き合い方

たぶん健康だと思うけど「元気!」という感じがしない、頭が重い、疲れがとれない……。こうした自覚症状がありながら、病名がつかないようなケースを『不定愁訴』と言います。不定愁訴の多くは検査を受けても異常がなく、しかも本人の自覚症状も変化するため、周囲の理解を得られにくいものです。なんだかずっと不調が続く、そんな方に向けて不定愁訴の症状や付き合い方を解説します。


カンタン風水で金運アップ♪お金を呼び込む行動&お財布とは

カンタン風水で金運アップ♪お金を呼び込む行動&お財布とは

開運の代名詞としてメジャーな風水。占いと思われていることも多いのですが、そもそもは住まいをはじめとする環境を整え、開運に導く「環境学」です。しかし、よい環境に住んでいれば自動的に運が良くなるというわけではありません。日々の行動や習慣も重要なのです。ひとことで開運と言っても、なかでも気になるのは、金運ではないでしょうか?というわけで、今回は、毎日の行動やいつも使うお財布で金運をアップする風水をご紹介します。


いますぐはじめる!女性目線で備える防災

いますぐはじめる!女性目線で備える防災

9月1日は「防災の日」。普段なんとなく「職場」、「地域」、「家族」といった単位で考えられがちな防災対策。でも、女性目線で考えると、それだけでは足りない備えが意外と多いものです。今回は、女性のために役立つプラスアルファの防災TIPSについてご紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット 温活 セルフケア アロマ リラックス法