40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
小さなグリーンを育てる幸せ、再生野菜「リボベジ」をはじめよう

小さなグリーンを育てる幸せ、再生野菜「リボベジ」をはじめよう

いつもは捨ててしまう野菜の「根っこ」や「ヘタ」。実はまだ育つ力があるのをご存じですか?捨てずに水に浸けて育てる、通称「リボベジ」が話題なんです!すくすくと成長する様子がかわいらしく、小さいけれど収穫の楽しさも!土作りも害虫駆除も不要なグリーン「リボベジ」に適した野菜や育て方をご紹介します。


リボベジの魅力は「育てる・愛でる・収穫する」楽しさ

リボーンベジタブル

リボベジは『リボーンベジタブル』の略で、野菜を再生させること。野菜の生命力は素晴らしいもので、端っこなどを水に浸けておくだけで根や葉が再生します。小さい緑が伸びてくると、「昨日より育った!」、「明日はもっと大きくなるかな?」と観察が楽しみになりますよ。

リボベジに必要なのは野菜の端っこと水だけ。土も肥料もいりません。若い葉っぱのキレイなグリーンは、インテリアとしてもお部屋をパッと明るくしてくれるでしょう。

収穫までは早いもので1週間から。量はほんのちょっぴりですが、自分で育てた野菜の収穫はやっぱりうれしいもの。個人で取り組めるSDGs(持続可能な開発目標)のはじめの一歩にもなります。

リボベジの始め方、元気に育つポイント

前述の通り、リボベジには特別な材料は必要ないので、すぐに始められるのも大きな魅力。元気に育てておいしくいただくために、以下に注意しておきましょう。

・清潔なハサミ、受け皿を使う
・1日1回以上、水を替える(特に夏場はこまめに)
・雑菌の繁殖を抑えるため、水替え時には水に浸けた部分と、お皿をすすぐ
・傷んでしまうことがあるので、芽に水がかからないようにする
・レースのカーテン越しくらいの日光をあてる

初めてのリボベジにおすすめなのは「ネギ」、「ニンジン」

初めてのリボベジなら、身近で育ちやすい「ネギ」と「ニンジン」がおすすめです。前段落の「リボベジの始め方」を守れば、きっと収穫まで楽しめますよ。

長ネギ、万能ネギ

ネギは長ネギ、万能ネギ、どちらでも生命力が強く、ぐんぐん成長してくれます。根元から5cm程度を使い、根は傷みやすいので5mmほど残してカットしてください。倒れないよう高さのあるコップにするか、背の低いコップならスポンジの中央に穴を空けて、そこにネギを通して固定すると良いでしょう。水位は2cmが目安です。

ニンジン

ニンジンは繊細でかわいらしい葉っぱがヘタの部分から伸びてきます。ヘタの部分を2㎝ほど残してカットして、浅い平皿で育てましょう。水の高さは5mmくらい。あまり水位が高いと傷みやすくなります。水に接しているところが黒くなったら、その部分はカットして取り除いてください。もともと葉付きだったものや、ちょっぴり芽が出ているニンジンが発芽しやすいです。

成功すると、もっと育てたくなるリボベジ。ベランダがなくても、室内でじゅうぶん育ってくれます。葉が出てくると、毎日成長しているのがわかるので、朝起きたらまずリボベジの元に直行してしまうかもしれませんね。「もしかしてこれも育つかな?」と試行錯誤も楽しいですし、失敗を恐れず気軽に試せるのもリボベジの魅力です。おうち時間のちょっとした彩りに、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

fotune

関連するキーワード


暮らしの豆知識 エコ 趣味

関連する投稿


花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症を患う皆さまは、花粉症の季節になると、症状を和らげたくてさまざまな対策を練りますよね。しかし、世の中に存在するさまざまな花粉症対策のなかには、勘違いされていたり、期待した効果が出なかったりする方法も意外と多いんです。今回は、よくある花粉症対策の勘違いや、期待度の高い改善法をご紹介します。


防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

新生活シーズン、引っ越したばかりの家や新しい通勤経路の防犯面の弱点など、身を守る対策はチェックできているでしょうか?「春からもいままで通り」という方もこの機会に、現状の対策が適切か、自分はいままで通りでも、周辺の状況が変化していないか確認してみましょう。今回は、ちょっとした工夫で実践できる防犯TIPSをご紹介します。


新生活に癒やしを 心落ち着くグリーンのある暮らし

新生活に癒やしを 心落ち着くグリーンのある暮らし

新生活や新たな年度に向けて、生活に植物を取り入れてみませんか?植物を育てて見守っていると、ほんの小さな変化が暮らしに癒やしをもたらしてくれます。今回は初心者におすすめの失敗しにくい観葉植物や、お花を咲かせる水栽培の方法をご紹介します。自分だけの癒やしスポットを手に入れましょう♪


“感じの良い”日本語でお相手に気持ちを伝えませんか?

“感じの良い”日本語でお相手に気持ちを伝えませんか?

「気持ちを伝えたいけれど、ちょうど良い言葉が見つからない」場面や、逆に「言いたいことはわかるけれど、言い方がちょっと残念……」という場面に遭遇したことはありませんか?今回は、大人が使いこなしたいちょっとした言葉づかいのポイントや、感じが良くなる言い換えの実例を紹介します。


迷いがちなフォーマルファッションのポイントとマナー

迷いがちなフォーマルファッションのポイントとマナー

入学式や卒業式、結婚式など、春は特にフォーマルな装いが求められる季節です。また、お葬式といった弔事もフォーマルシーンに含まれます。いずれも頻繁に起こるイベントではないので、いざとなると「どうだったっけ?」と不安になってしまうもの。そこで今回は、迷った時に判断しやすくなる、フォーマルファッションのポイントをご紹介します。


最新の投稿


4月15日(月)~4月28日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月15日(月)~4月28日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

新年度がスタートして、早いものでもう半月。いかがお過ごしですか?この4月、コミュニケーションを司る星・水星がイレギュラーな動きを見せることから、ハプニングや計画の遅れが生じやすい運勢となっています。新年度のフレッシュなムードのなか、いまひとつ良い流れに乗れていないような気持ちがしていた方もどうぞご心配なく。いまは、ゆっくり前に進む時です。さて、水星が通常運転に戻るのは4月25日。混乱が見られていた物事も、ここから徐々にスムーズに運ぶようになるはずです。話し合いや相談をしたいなと考えている方は、月末か、もしくは5月に入ってからが良いかもしれませんね。


花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症を患う皆さまは、花粉症の季節になると、症状を和らげたくてさまざまな対策を練りますよね。しかし、世の中に存在するさまざまな花粉症対策のなかには、勘違いされていたり、期待した効果が出なかったりする方法も意外と多いんです。今回は、よくある花粉症対策の勘違いや、期待度の高い改善法をご紹介します。


防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

新生活シーズン、引っ越したばかりの家や新しい通勤経路の防犯面の弱点など、身を守る対策はチェックできているでしょうか?「春からもいままで通り」という方もこの機会に、現状の対策が適切か、自分はいままで通りでも、周辺の状況が変化していないか確認してみましょう。今回は、ちょっとした工夫で実践できる防犯TIPSをご紹介します。


4月1日(月)~4月14日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月1日(月)~4月14日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月5日、コミュニケーションを司る水星がイレギュラーな動きを始めます。ここから4月いっぱいくらいは、物事の動きが鈍くなったり、コミュニケーションロスが発生したりしがちに……。年度始めでバタバタしがちな方も多いかもしれませんが、できるだけ時間に余裕をもって行動し、スケジュールや伝達事項は念には念を入れて確認しておくと良いでしょう。また、4月9日は日食。日食は「特別な新月」で、新たなことをスタートさせる方も多いでしょう。ただ、前述の通りの時期なので、物事の進展はゆっくりです。すぐに結果を出そうと思わず、長期戦のつもりでコツコツやってみると良いでしょう。


目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

青汁が「まず~い」と言われたのは、いまや昔の話。最近の青汁といえば、栄養価は高いまま、味もおいしい商品がたくさん登場しています。今回は、青汁の概要や、目的に合わせたおすすめの飲み方を紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


12星座占い