40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
ワンコインでクリスマスリース!?手作りすれば、おうち時間も楽しく☆

ワンコインでクリスマスリース!?手作りすれば、おうち時間も楽しく☆

年末年始もお出かけが難しくなりそうなこの冬。クリスマスの気分を盛り上げるリースを手作りして、おうち時間を楽しく過ごしませんか?今回は、家にある道具で作ることができて、材料も100円ショップで手に入るクリスマスリースの作り方をご紹介します。


クリスマスリースを手作りしておうち時間を楽しもう!

クリスマスリース

クリスマスリースは魅力的だけど、手作りでおしゃれに仕上げるのは難しそうですよね。でも実は、材料選びやデザインなどのポイントを押さえれば、意外と雰囲気のあるリースができてしまうんです。小さめのリースであれば、材料費も500円ほどでOK!自作すれば愛着もひとしおですから、ぜひ挑戦してみませんか?

素材選びがポイント!センスの良いリースの作り方

クリスマスリースの素材選び

リースを作るために用意した材料は、土台になるリース、サンタの人形、紅白の実と松ぼっくりが付いたワイヤー入りの枝。今回はおうちにラッピング用リボンがあったのでそちらも使用します。購入品はすべて100円ショップで揃えたので、ワンコインでお釣りがくる額で購入できました。それぞれの材料選びのポイントをご紹介します。

まずは小さめのリースを作ろう

リース土台

土台になるリースを手作りするのは大変ですから、100円ショップなどで手に入れましょう。いきなり大きいリースを選ぶと、デコレーションや、バランスをとるのが難しくなるので、直径18cmくらいまでの小さめのリースがおすすめです。

人形や大きいモチーフは1つだけでOK

あれもこれも飾りたくなりますが、テイストが違うモチーフを組み合わせるのも、同じテイスト同士でバランスをとるのも結構大変。小さめのリースなら、ベルや人形などの大きいモチーフはどれか1つだけにして、「主役」をはっきりさせましょう。

白・ゴールドを効かせよう

クリスマスといえば赤・緑ですが、どちらも濃い色なので、シックなインテリアに合わせると暗く見えてしまうことも。白やゴールドなど、光が映える色を取り入れると、バランスがとりやすくなります。反対に、白い壁に飾るのであれば、赤・緑を思い切り際立たせるのも素敵です!

葉や実はワイヤー入りの枝に付いたものが使いやすい

ワイヤー入りのパーツ

ヒイラギや松ぼっくりなど植物系のパーツを1つずつリースに留め付けるのは意外と大変。ワイヤー入りの枝に葉や実が付いたものを選ぶと、土台のリースに沿わせて丸めるだけでバランスよく配置できますよ。

家にあるものも活用しよう

手作りとなると材料一式を買わなくちゃ!と考えがちですが、家にあるものも活用してみましょう。ラッピングで余ったゴールドや赤のリボンをリースに結べば、ぐっとクリスマスらしい雰囲気に。ファーのポンポンはちょこっと置くだけで雰囲気が出ますし、パールのアクセサリーも合わせやすいアイテムです。また、メタルバレッタやドライフラワーを組み合わせたり、レースのハンカチや小ぶりのスカーフを巻くのもおすすめですよ。

接着剤を付けたり、ワイヤーで穴を空けたりするのがもったいない!という時は、縫い針を使って土台のリースと近い色味の糸をアイテムに通し、目立たないようにリースに結びつけると、糸を切るだけで元通りに外せます。

初めてでも簡単!イメージを形にするリースレシピ

ラフな図を描いてバランスを見てみよう

リースラフ図

いきなり飾り付けるのは失敗のもと。揃えた材料を見ながら、メモ用紙などに大まかな完成予想図を描いてみましょう。図の通り飾り付けるには、どうやって接着させるか、固定すればいいか、まで考えておくと万全です。

まずは主役の位置を決め、周囲の飾り方を決める

配置に迷ったら、まずは主役になる材料を決めましょう。主役の配置が決まると、周囲の飾り方も決まるものです。ここでは定番のパターンを2つご紹介します。

パターン1:主役の対角線にわき役を置く

パターン1:主役の対角線にわき役を置く

「てっぺんの真ん中に大きなリボンを結ぶ⇔下側の真ん中に小さめのサンタ人形を置く」など、主役とわき役を対角線上に置くパターンです。対角線上ならバランスも崩れませんし、真ん中を少し外してもオシャレです。

パターン2:全体をまんべんなく埋める

「てっぺんの真ん中に大きなリボンを結び、周辺は同じパターンの飾り方でまんべんなく埋める」パターン。長いモールを土台に巻き付けたり、松ぼっくりや葉などのパーツをまんべんなく置くと良いでしょう。

リースの全周は目いっぱい飾らなくてもOK

クリスマスリースというと、すき間なく飾り付けられたものをイメージしがちですが、土台のリースを見せつつ控えめに飾るのもおすすめです。

リボンなどで上にポイントを持ってくるとかわいらしくなります。

反対に、下半分にデコレーションをまとめると大人っぽい雰囲気になります。

新年まで飾れるようにするのもおすすめ

せっかく作ったリースは、長く楽しみたいもの。モチーフを後から外せるようにしておいて、クリスマスが過ぎたら新年用のリースにするのもおすすめです。

ちなみに写真のサンタ人形は、デッサンや掲示用に使われる練りゴムで固定しました。こうすることで、クリスマスから新年用のパーツ交換が簡単です。

リース自体は、今回のような作り方であればそれほど時間をかけずに作れるでしょう!材料の選び方やデザインによって、仕上がりもさまざまなので、ぜひじっくり考えながら楽しんでくださいね♪

最新の投稿


【後編:対策】もう一人で悩まない!更年期(メノポーズ)との上手な付き合い方

【後編:対策】もう一人で悩まない!更年期(メノポーズ)との上手な付き合い方

前編で更年期の心と身体に何が起こるのかはわかったけれど、「症状を防ぐ方法はあるの?」、「いざ症状に見舞われてしまったらどうしたらいいの?」とその対策についてはわからないことも多いのではないでしょうか。今回は、更年期を上手に乗り切るための考え方やヒントを、一緒にみていきましょう。


【前編:知る】もう一人で悩まない!更年期(メノポーズ)を知ろう

【前編:知る】もう一人で悩まない!更年期(メノポーズ)を知ろう

仕事・家事・育児や介護など、何もかも自分がやらなくては……と、自分のことを一番後回しにして毎日頑張りすぎていませんか?そんななか、誰にでも訪れる更年期に対して、漠然とした不安を感じている方も多いのではないでしょうか。でも心配はいりません。正しい知識を持てば、不安が軽減されて更年期と上手に付き合っていけるようになりますよ。それでは、更年期とはなんなのか、一緒にみていきましょう。


写真写りが格段に良くなる♪写真の撮られ方

写真写りが格段に良くなる♪写真の撮られ方

スマホのカメラが高性能になって、写真を撮る機会が増えた昨今。でも「撮られるのは苦手」、「他撮りだと写真写りが微妙」などと感じていませんか?ですが実は、まぶしいライトをたいたり、カメラアプリで加工しなくても大丈夫!自然に写真写りが良くなる「写真の撮られ方」を覚えておくと、いざ撮られる時も自信が持てます。今回は、写真に写りたくなる、撮られ上手になるポイントをご紹介します。


大人の女性に似合う!きれいめリュックコーデのポイント

大人の女性に似合う!きれいめリュックコーデのポイント

ノートパソコンなどで荷物が重くなりがちな時、両肩でしっかり支えられて、両手も空けることができる便利なリュック。でも「子どもっぽく見えるかも」、「仕事用にはカジュアルになり過ぎるかも」といった大人のお悩みも……。そんなお悩みは、コーディネートを工夫して上手に解消しましょう。今回は、大人の女性におすすめしたいリュックコーデのポイントをご紹介します。


手荒れにさよなら!手に年齢を語らせないお手軽ハンドケア

手荒れにさよなら!手に年齢を語らせないお手軽ハンドケア

手は「第二の顔」と呼ばれるほど、思った以上に見られている年齢の表れやすいパーツ。それなのに、顔のお手入れに比べ、なぜか怠りがちなハンドケア。ふっくらとツヤのある手は、それだけで若々しさや清潔感を演出してくれます。手に年齢を語らせないハンドケア、今日からスタートしましょう!


Attenir online shop