40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

一般的に「冬至の行事」と思われがちなゆず湯などのかんきつ湯。でも実は、かんきつ湯には年が明けて寒さが厳しい時季こそ入りたい美容・健康効果がたくさんあるのです。今回は、かんきつ湯の主な効果や、おすすめの入り方をご紹介します。


ゆず湯やみかん湯……かんきつ湯には「リモネン」の美容効果がたっぷり!

ゆず

美容の大敵「冷え」を防いで「温まりやすく、冷めにくい」

水道水のお湯と、ゆず湯・みかん湯などのかんきつ湯に入浴した場合では、かんきつ湯の方がより体温も上がりやすく、保温効果も続きやすいという実験結果があります。これは、かんきつ系の香り成分「リモネン」の新陳代謝を促す効果をはじめとする、かんきつの実や皮に含まれる成分や香り成分などの効果が少しずつ混ざり合って表れたものだと考えられています。だからこそかんきつ湯は、冷え性の方にもピッタリの入浴法なのです。

香り成分によってリラックス&リフレッシュしながら「燃えやすい」体に

「リモネン」は、体内に吸収されるとリラックスさせる効果があるとされています。また、自律神経を刺激して活動や休息をつかさどる交感神経を活発にさせ、新陳代謝を促すのでリフレッシュ効果も。なにより、新陳代謝が高まることによって脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットのサポートも期待できますよ。

保湿効果やお肌を守る働きで、冬のスキンケアをサポート

「リモネン」には、皮膚に膜を作って、肌の水分を蒸発させずにキープする保湿効果も見られます。また、かんきつ類に豊富に含まれる「ビタミンC」には、水道水の影響からお肌を守る働きがあります。それに加えて、リモネンには皮膚から成分を吸収させる働きもあります。かんきつ湯に入るとお肌がしっとりするように感じられるのは、こうしたさまざまな働きの相乗効果によるものなのですね。

お家で手軽に!かんきつ湯の楽しみ方

ゆず湯

ここからは、お家で楽しめるかんきつ湯の入り方とそのポイントをご紹介していきます。

ゆず湯はゆずを切る・絞る・皮を使うなどお肌に合わせて

ゆず湯は流水で洗ったゆずを丸ごと湯船に浮かべて入ってもいいですし、カットして香りを出やすくしたり、お湯に果汁を絞ったり、皮だけを使ったりと自由に楽しめます。ただし、絞ると美容効果のある成分もたっぷり出る代わりに、お肌に刺激のある成分も多くなりますから要注意です。輪切りや皮だけであれば絞るよりも刺激は少ないですが、肌がピリピリしやすく敏感な方は、最も刺激が少ない「丸ごと浮かべる」方法がおすすめです。

みかん湯(ちんぴ湯)は食べた後の皮を使うのでより手軽に

みかんは「ビタミンC」に加えて疲労回復効果に優れた「クエン酸」も豊富ですが、取り入れるには実を食べるのが一番。「リモネン」はみかんの皮にもたっぷり含まれていますから、食べた後に残った皮だけを使いましょう。皮は家庭のお風呂で5個分くらいが目安です。1週間ほど陰干しするか、両面2分ずつ電子レンジにかけ、水分を抜いてからお風呂に入れましょう。

かんきつ湯に入る際の注意点

美容効果たっぷりのかんきつ湯ですが、入り方には注意点も。まず、潰れた果実や細かい皮などがお湯に浮いたまま追い炊きをすると、配管に入り込んでお風呂の故障につながることがあります。心配な場合は洗濯ネットを使うなど、お湯を汚さないようひと工夫しましょう。

また、リモネンなどの成分は紫外線と反応してお肌を刺激します。湯上がりに日にあたりやすい朝・昼のかんきつ湯は避け、お風呂から上がる際にはシャワーを浴びて、かんきつ成分を洗い流しておきましょう。

ゆず湯やみかん湯だけでなく、レモンやかぼす、ぼんたんなどさまざまな果実で楽しめるのもかんきつ湯のうれしいところ。ただし輸入フルーツなど、表面に農薬やワックスがかかっている可能性がある場合は、お湯に入れる前にたわしなどでしっかりと洗っておきましょう。

香りを楽しみながら、体を温めてお肌も健康的に美しくなれるかんきつ湯は魅力的ですよね。まだまだ寒い日が続きますが、かんきつ類もたくさん店頭に並びますから、ぜひ気軽に取り入れてみてください。

関連する投稿


リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

木漏れ日や川の音、ゆらりと揺れるキャンドルの炎……心地良さを覚えるこうした情景には、「1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)」を持っているという共通点があります。人の心を落ち着かせる「1/fゆらぎ」は、実は身の回りにもたくさんあります。今回は、手軽に生活に取り入れられる「1/fゆらぎ」をご紹介します。


大掃除がちょっとラクになる「お掃除豆知識」

大掃除がちょっとラクになる「お掃除豆知識」

面倒ではあるけれど、やって後悔することはない大掃除。掃除には体を動かすことによる心を落ちつける効果があり、整頓した部屋はやる気や集中力がUPすると言われています。さらに、掃除は家のなかに良い「気」を入れるので、開運も期待できると良いこと尽くめ……!この時期に読んでおきたい、二度手間を防ぐ掃除の基本や、環境に優しい掃除の方法など、試してみたくなる豆知識を集めました。ぜひ取り入れて、新年を迎えましょう!


ニューノーマル時代のギフト選び~“しきたり”より“安心”を~

ニューノーマル時代のギフト選び~“しきたり”より“安心”を~

「贈り物は直接持参し、ご挨拶とともにお渡しするのが最も丁寧です」というのは、もはやひと昔前の話。いまやお相手にとって便利で、安心していただけるための贈り方も立派なマナーのひとつと言っていいでしょう。今回は、ニューノーマル時代に合った、お相手に安心して喜んでいただける贈り方や、おすすめの贈り物をご紹介します。


腸活&美肌に飲む点滴「甘酒」 そのすごいパワーを解説

腸活&美肌に飲む点滴「甘酒」 そのすごいパワーを解説

日本の伝統的な飲み物「甘酒」は、近年になって「飲む点滴」、「ジャパニーズヨーグルト」とも呼ばれ、国内外でスーパーフードとしても見直されています。夏はバテ防止、冬は身体を温める、さらには疲労回復や美肌にもおすすめ!今回は、甘酒の効能や効果的な飲み方をご紹介します。


いますぐはじめる!女性目線で備える防災

いますぐはじめる!女性目線で備える防災

9月1日は「防災の日」。普段なんとなく「職場」、「地域」、「家族」といった単位で考えられがちな防災対策。でも、女性目線で考えると、それだけでは足りない備えが意外と多いものです。今回は、女性のために役立つプラスアルファの防災TIPSについてご紹介します。


最新の投稿


きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-1月24日(月)~2月6日(日)の運勢-

きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-1月24日(月)~2月6日(日)の運勢-

1月24日からの2週間は星の動きが活発に。止まっていた物事が動き始めたり、新しいことが始まったりと、現状にフレッシュなエッセンスがたくさん注ぎ込まれます。変化が起きるのは良い兆しと考えて、前向きに新しいものを受け入れていくと幸運をつかめるでしょう。また、2月1日は新月。昨年、頑張ったことをベースに新しいチャレンジをしたい方は、この日を含めた前後2〜3日に行動を起こしていくと良いでしょう。さらに、この新月期はスマホやパソコンなど、デジタル機器に良い運が“乗る”時です。新規購入、機種変更、新しいアプリを使い始めるといったことが幸運の呼び水になるでしょう。良いニュースをキャッチできたり、人間関係が豊かに広がったりと、楽しくなってきますよ。


リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

木漏れ日や川の音、ゆらりと揺れるキャンドルの炎……心地良さを覚えるこうした情景には、「1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)」を持っているという共通点があります。人の心を落ち着かせる「1/fゆらぎ」は、実は身の回りにもたくさんあります。今回は、手軽に生活に取り入れられる「1/fゆらぎ」をご紹介します。


肌がよろこぶ温感美容で、過酷な冬を乗り越えよう!

肌がよろこぶ温感美容で、過酷な冬を乗り越えよう!

冬は1年の中でも特に空気が乾燥する時期。そのため肌も乾燥しやすく、くすみやむくみも起きやすくなりますよね。また冷えからくる血行不良で肌トラブル!なんてことも……。ポカポカ温まる温感美容で肌を整え、寒い冬を乗り切りましょう。


きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-1月10日(月)~1月23日(日)の運勢-

きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-1月10日(月)~1月23日(日)の運勢-

2022年がスタートして10日。“日常”の雰囲気が戻ってきた、と感じる方も多いかと思います。さて、1月10日から23日、星占いにおける大きなトピックスを2つお伝えします。まず14日、知性とコミュニケーションを司る水星が「逆行」というイレギュラーな動きをする時期に入ります。コミュニケーションがゆっくりになり、いつもと違う受け取り方をする人が増える時期。「念のため」の連絡や確認はしっかりしておくと安心です。18日は満月で、家族間で過去、課題になっていたことを調整していく機会にしていける方が多そうです。ただ、物事の進行はのんびりしているため、調整の結果は、ゆっくりと現れます。少しずつ変わっていくことに、喜びを見出すことができるでしょう。


美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

一般的に「冬至の行事」と思われがちなゆず湯などのかんきつ湯。でも実は、かんきつ湯には年が明けて寒さが厳しい時季こそ入りたい美容・健康効果がたくさんあるのです。今回は、かんきつ湯の主な効果や、おすすめの入り方をご紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


占い 12星座占い ダイエット