40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

ジメジメじっとり、ゆううつな梅雨がやってきました。私たちの体にも、曇り空とそっくりの重たい不調があらわれて来る頃ではないでしょうか。来たる夏に備えて、体調を崩すのは避けたいところ。今回は、梅雨特有の不調と、その対策をご紹介。心当たりのある方は、今日から実践スタートです!


梅雨・低気圧の不調は「ずっしり重い」

外を見る女性

梅雨・低気圧が原因で起こる不調、そのキーワードは「ずっしり重い」です。雨天が続くことで体内の水分代謝がうまくいかない、気圧の変化に内耳や自律神経が過敏に反応するなどが、不調の理由と考えられています。

水はけの悪い場所が、不調の場所に

低気圧の不調の多くは、余分な水が溜まる場所に現れます。たとえば、余分な水が消化器系に溜まるタイプはお腹を壊したりガスがたまりやすくなり、頭に溜まるタイプなら頭痛に、筋肉や関節に溜まれば肩こりや関節の痛みといった症状を引き起こします。どこに水が溜まるかは、その人のもともとの体質も関わっているので、人によって不調の現れ方が違います。

こんな症状、梅雨・気圧が原因かも?

・体や頭が重だるい
・肩こり、関節の痛み
・むくみ
・おなかにガスがたまる
・トイレの回数が多い    など

こういった不調に対する改善のカギは「余分な水分を溜めない」のと「冷やさない」こと。ここからは具体的な対策をみていきましょう!

体の冷えを直接温める!

体を冷やすことで溜まった水分も冷えて、症状をさらに進めてしまいますから、梅雨の時期であっても体を冷やしすぎないことが大切です。ジメジメ暑い季節にはバテないようにエアコンは使うべきですが、快適だと感じていても感覚以上に体は冷えています。こうした時期に物理的に体を温めてあげることは即効性がある養生法です。

梅雨でも夏でもおすすめ!湯船や足湯で体を温める

足湯をする女性

足湯は体に負担をかけずに長湯ができ、たし湯をしながら20分ほど入れば、体全体がじんわり汗ばむほど温まります。バケツやフットバスを用意すれば、リビングなどでも気軽にできます。また足湯は、梅雨はもちろん、エアコンがフル稼働する夏にもおすすめです。手足が一年中冷えているという方は、季節に関係なく実践してみてください。
この方法は、慢性病・冷え性・低体温症・自律神経失調症・不眠症などにも効果的です。

睡眠時や日中も意識するように

眠っている時には、知らないうちにふとんをはがしたり寝汗をかいたりするので、冷やさないようにパジャマは長袖・長ズボン、ガーゼや綿と麻が混ざった素材がおすすめです。関節が重だるい方や肩こりをお持ちの方には特に睡眠中の冷えに注意してください。

また、エアコン(冷房)を使う季節は特に、首・手首・足首を冷やさないよう注意しましょう。肩と首を温めると、血流が良くなり水分代謝も促すため、肩こりの改善につながります。蒸しタオルや温熱シートを取り入れたり、薄手のカーディガンやひざ掛け、アンクルウォーマーなどを活用したりしてみてください。お腹がゆるくなる方は、薄手の腹巻きを使うなど体幹も温めるようにしましょう。

梅雨・低気圧におすすめの食材

体の余分な水分を取り除く食材や、体を温める薬膳食材を積極的に摂りましょう。たとえば、体の水はけを促すはと麦、温めるシソ、温めて発汗させる生姜や長ネギなど。お肉ならお腹を温めて胃を健やかにする鶏肉がベストです。胃腸の冷えには長芋もおすすめです。長芋は「山のウナギ」の異名をもつスタミナ食材ですから、梅雨の時期にたくさん食べておけば、この先、夏バテもしにくくなります。

反対に、食欲がない時にアイスコーヒーやサラダ、冷麺といった冷たいものばかり食べると、ますます冷えが進んで胃腸が弱ります。味の濃い焼き肉やウナギは胃腸が元気なら大丈夫ですが、すでに弱っている体にはおすすめできません。「夏バテにはまだ早い」と油断せず、優しい味付けで温かいものを食べるようにしてみてください。

冷えにおすすめの食材は、こちらの記事もチェック!

“1分 耳マッサージ”で血流促進

梅雨どきに限らず気圧の変化に弱い方は、内耳や自律神経が過敏に反応していることが原因と考えられます。気がついた時に耳をマッサージして、内耳の血流を促しましょう。予防にも改善にも効果的です。

低気圧不調に「耳マッサージ」の手順

内耳マッサージ

1. 両耳をつまんで、上に5秒、下に5秒、横に5秒引っ張る。

2. 両耳を軽く引っ張りながら、ゆっくりと後ろに向かって回す。これを5回繰り返す。

3. 上の2つを1分くらい繰り返す。

低気圧不調に用いられる漢方薬

漢方

どうにもつらい時には、ドラッグストアで手に入る漢方薬に頼ってみるのも一案です。薬剤師やかかりつけ医に相談しながら、うまく取り入れてみましょう。

五苓散(ごれいさん)

「五苓散」は体の水はけを促す漢方です。むくみ・頭痛・下痢・暑気あたりなどに用いられます。口の渇きや尿量が減少した方に適した処方です。尿量が多い方には不適です。

葛根湯(かっこんとう)

カゼの処方薬としておなじみの「葛根湯」は、病院でも頭痛や肩こりに処方されるお薬です。体を温めることで、頭痛・肩こり・首のこわばりを緩和します。こちらは体力のある方に適応するので、体力虚弱・胃腸が弱くおなかを壊しやすいといった方には不適です。

自己判断のみで常用しないようにしましょう

漢方薬は副作用が少ないイメージですが、その人の状態に合っていないと悪化させることがあります。たとえば「葛根湯」は体を温める処方なので、寒気からくるカゼや、冷えが原因の症状にはよく効きます。しかし、喉が赤い・熱っぽい(実際の体温ではなく体感として)といった「熱」イメージの症状に用いれば、「熱」をさらに温めてしまって逆効果です。
まずはかかりつけ医や薬剤師に相談し、自分の状態に適しているかを確認しましょう。

ここでご紹介した方法・対策は、なんだか調子が悪い状態、いわば健康と病気のはざま(未病といいます)にとても効果的です。病気になる前に対処すると調子が戻るのも早いですから、今日から試してみてください。ニュースでは毎年のように「猛暑です」といわれています。来たる夏に備えて、体の調子を万全にしておきましょう!

関連する投稿


香りで幸福度をUP♪梅雨時期におすすめのアロマ3選

香りで幸福度をUP♪梅雨時期におすすめのアロマ3選

じめじめしている梅雨は、髪型も決まりにくいし、雨が降るとファッションも制限されたりして、テンションが下がりがち。そんな時、手軽に取り入れられて気分を上げる効果も高いのが「香り」。今回は、香りの持つパワーに注目して、じめじめした梅雨時期におすすめの「ハッピーになれる香り」をご紹介します。


香りでセルフメンテナンス、お悩み別アロマと使い方

香りでセルフメンテナンス、お悩み別アロマと使い方

なにかとストレスが溜まりがちな毎日、自分でも理由のわからない気分の浮き沈みや不眠に戸惑ったりしていませんか? 女性特有のバランスや生活リズム、季節の変化などさまざまな理由で影響される私たちの心のバランス。体と心のメンテナンスのために、お家で気分転換ができる方法は普段から取り入れておきたいもの。人気の「アロマ」もそのひとつですが、どんな香りを選べば良いのか、どう使えば良いのか、具体的な方法は意外と知られていないかも。今回は、アロマの使い方とお悩み別の香りをご紹介します!


数分で効果あり!?自粛ストレスを和らげる、簡単「ボディスキャン瞑想」

数分で効果あり!?自粛ストレスを和らげる、簡単「ボディスキャン瞑想」

自粛生活が長引く中で、おこもり疲れなどのストレスを抱える方も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめしたいのが、お手軽セルフケア「ボディスキャン瞑想」です。リラックスや気持ちの整理、集中力UPなど、さまざまな効果をもつ瞑想。難しい技術もいらず短時間でも効果を感じられ、慣れてくればどこでもできるようになります。


最新の投稿


その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

肌の露出が増える夏は、体型カバーが難しいですよね。それでも、素材やシルエットを厳選することで、気になる部分をカバーして、細見えを叶えることはできます!「二の腕がちょっと……」、「胸やお尻の位置が下がってきた」などのお悩み別に、夏の着やせコーデをご紹介します。


色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

夏の必須アイテム「日傘」。みなさん、デザインだけで選んでいませんか? 日焼けを絶対したくない方も、暑さにとことん弱い方も、求めるものが違えば選び方も違うはず。どなたでも満足の1本を選べるように、今回は日傘の3つの効果と選び方をご紹介します。


夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新しい行事食として注目されている「夏越(なごし)ごはん」をご存じでしょうか?1年の前半を締めくくる6月30日に食べる、夏の食材の栄養がたっぷり盛り込まれたメニューです。今回は、夏越ごはんの由来と、おすすめの食材についてご紹介します。美容にも良い食材ばかりなので、必見です!


香りで幸福度をUP♪梅雨時期におすすめのアロマ3選

香りで幸福度をUP♪梅雨時期におすすめのアロマ3選

じめじめしている梅雨は、髪型も決まりにくいし、雨が降るとファッションも制限されたりして、テンションが下がりがち。そんな時、手軽に取り入れられて気分を上げる効果も高いのが「香り」。今回は、香りの持つパワーに注目して、じめじめした梅雨時期におすすめの「ハッピーになれる香り」をご紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット