40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
カラダを内側から温める!手軽にできる薬膳温活ライフ

カラダを内側から温める!手軽にできる薬膳温活ライフ

カラダにじんわりと染み渡るあったかいスープ。薬膳の考え方を取り入れて、温め効果をレベルアップさせませんか?今回はカラダを温めて疲れを癒やす、スープジャーで作る薬膳スープをご紹介します。お鍋でも手軽に作れますから、ぜひチャレンジしてみてください。食べ終わる頃にはカラダがポカポカになりますよ。


食材が持つ「温める」「冷やす」チカラ

                                        ※画像はイメージです。

薬膳は食材そのものに「カラダを温める」「カラダを冷やす」「どちらでもない」などの性質があると考えられています。この考えをもとに、寒い日やカラダが冷えている時には「温」のもの、反対に、暑い日や熱がある時には「涼」のものというように、食材の性質を利用してカラダのバランスを取り戻す、というのが薬膳の基本的な考え方のひとつです。

【レシピ】ネギとろとろ・お肉柔らか! ネギとささみの薬膳スープ

さっと加熱したらスープジャーにおまかせ♪ランチタイムには食べ頃に

スープジャーは保冷・保温に優れているので、温かいまま・冷たいままで持ち運べるのがうれしいですよね。それに、保温性の高さを利用して予熱で火を通すこともできちゃいます。例えばおみそ汁やスープなら、朝にさっと火を通してスープジャーに詰めればOK!ランチタイムには火が通って、食べ頃スープができていますよ!次に、スープジャーで簡単に作れる薬膳スープのレシピをご紹介していきます。

作り方:ネギとささみの薬膳スープ

今回紹介するレシピは、「温」食材ばかりを使った薬膳スープです。多めのショウガは、炒めることで強い辛味を抑えます。鶏肉は表面の色が変わるくらいの加熱でOKです。
※少量で作るため、小さい鍋か卵焼き用フライパン(テフロン加工)で作るのがおすすめです。
※お手持ちのスープジャーの使い方・大きさに合わせて分量を調整してください。

<材料:1人分、容量0.3リットルのスープジャー>

A
鶏ささみ…1本(包丁で4等分して、さらに手で割く)
長ネギ…15センチくらい(斜め薄切りに)
ショウガ…2ミリくらいの薄切りを3~4枚

ごま油(炒め用)…適量
コショウ…適量


水…200ミリリットル
鶏ガラスープの素、白だし、しょう油…各小さじ1

<作り方>

1.スープジャーに分量外の熱湯を入れて、フタをせず5分以上保温する
2.鍋にごま油を熱し、弱めの中火でショウガを炒める
3.ショウガが透けてきたら、長ネギを入れる
4.長ネギに油が回ったら鶏ささみを入れる
5.鶏ささみの表面の色が変わったら、Bの水と調味料を全て入れる
6.中火にして、ひと煮立ちしたら火を止める
7.スープジャーのお湯を捨て、手順6を注ぎ入れ、コショウを振り入れてフタをする
8.1時間半以上置けば出来上がり

普通のお鍋で作る場合

このレシピはお鍋でも作ることができます。作り方はほとんど同じですが、鶏ささみはきちんと火が通るまで過熱しましょう。お鍋だけで完成させるので、具材はもう少し大きく切っても良いかもしれませんね。

レシピに使った4食材の「温」効果とは?

レシピで使用した4つの食材は、薬膳の視点からどんな働きがあるのでしょうか?おさえておくと、自分の体調に合わせてピックアップできて便利ですよ。冬に限らず、エアコンの効いた夏にもおすすめできます。

鶏肉:おなかが冷える、むくみやすい人に

鶏肉は、おなかを温めて気力を充実させます。おなかが冷えやすい人・胃弱な人に食べていただきたい食材です。病後・産後など体力が落ちている際の滋養強壮にもおすすめです。

長ネギ:漢方薬にも使われる「温」食材

ネギの白い部分は「葱白(そうはく)」という名で、漢方薬にも調合されるほど薬効の高い食材なんです。カラダ全体を温めて発汗を促し、冷えによる頭痛・腹痛を穏やかにします。寒気のある風邪の時にたくさん食べるのがおすすめです◎

ショウガ:食欲不振・冷えに

ショウガは、カラダ全体を温めて発汗を促します。寒気のある風邪、冷え、頭痛、咳、食欲不振の時におすすめです。他にも、吐き気を抑える特効薬としても知られています。二日酔いでつらい時には、大根とショウガのすりおろしに熱湯を加えて飲んでみてくださいね!

コショウ:おなかを温めて血流を促す

コショウは、「温」以上に温める作用が強く、「熱」に分類されます。特に胃腸が温まるので、冷えによる腹痛や下痢に効果的です。血流を促すので貧血の時にもおすすめ。だたし「熱」は作用が強いので、食べすぎは控えましょう。

体質別 スープにちょい足ししたい!おすすめ食材

薬膳スープにちょい足ししたい食材をご紹介します。その日の体調に合わせると良く、また不調予防にも役立ちますよ♪

すりごま

ごまは生命力を養うと言われています。疲れやすい・風邪をひきやすい方、指先・足先など末端が冷える方におすすめです。

しそ

カラダを温め、胃の働きを助け、元気や気力のもととなる「気」のめぐりを良くします。ストレスによる食欲不振・不眠にも適しています。

春菊

胃腸を整え、消化をサポートします。香りには気持ちを安定させる働きがありますが、加熱し過ぎると香りが飛んでしまい効果が弱まります。さっとゆでる、または葉をちぎってそのままちょい足しするのがおすすめです。

お酢

カラダを温めて疲労を回復します。疲れがたまっている時、食欲のない時におすすめ。本レシピのように鶏ガラベースに加えると、さっぱり系の中華になりますよ。

これから寒さもどんどん増してくるこの時季に、「温」のチカラを借りてカラダを芯から温める温活ライフを楽しみましょう。

関連するキーワード


温活

関連する投稿


外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

40代からは下半身の筋肉が落ちやすく、冷え・むくみなどが起こりがちです。しかし若い頃のように「冷えた時に温める」だけでは対策として万全とは言えません。大人世代には、普段から体を温め、冷えが原因の不調やつらさを予防する「温活」が重要です。今回は、温活の考え方や手軽に取り入れられる方法をご紹介します。


最新の投稿


肌にご褒美♪美肌力が上がる冬のスペシャルケア法

肌にご褒美♪美肌力が上がる冬のスペシャルケア法

12月に入り、今年もあと少しで終わりですね。一年間頑張ってきた自分へ、スペシャルケアのご褒美を贈りませんか?今回は、大人女性に起こりがちな肌トラブル別のスペシャルケアをご紹介していきます。普段のスキンケアにちょっとだけスペシャルケアをプラスして、眩い輝きを放つ美肌を手に入れましょう。ぜひ、新しい年を迎える前にご自身の肌も整えてあげてくださいね。


ボリュームジュエリーは大人の特権!本当に似合うジュエリーの選び方

ボリュームジュエリーは大人の特権!本当に似合うジュエリーの選び方

流行に左右されない価値あるジュエリーを持つことは、大人だからこそ分かる喜びです。プチプラもステキだけれど、上質なジュエリーもデイリー使いに持っておきたいもの。そこで今回は、ジュエリーの後悔しない選び方をご紹介します。自分へのご褒美に、心惹かれる1点を手に入れましょう!


肌くすみは血色メイクで解消!大人のツヤ感メイク術

肌くすみは血色メイクで解消!大人のツヤ感メイク術

年齢を重ねるごとに気になる肌のくすみ。それに加え、本格的に寒くなると血行不良が起こり、ますます肌がくすんで顔色も悪くなりがちです。さらには、毎日の間違ったスキンケアがくすみを悪化させることも……。特に目元にくすみがあると、マスクをした時に目立ってしまいますよね。今回は、そんなくすみを一掃し、顔色を良く見せるための血色メイク術をご紹介します!


マフラー使いで冬の装いを格上げ!大人のマフラーコーデ

マフラー使いで冬の装いを格上げ!大人のマフラーコーデ

マフラーは寒い季節に大活躍するファッションアイテムなのに、つい「いつもの巻き方」を何年も続けてしまいがち……。しかし、コーディネートに合わせて巻き方をアレンジすれば、同じマフラーで何通りものテイストが楽しめる優れモノなんです。今回は、冬の装いを格上げし、スタイルアップ効果も狙える「大人のマフラーの巻き方」についてご紹介します。


秋の味覚で美活!旬を楽しむ美腸&美肌レシピ

秋の味覚で美活!旬を楽しむ美腸&美肌レシピ

秋はたくさんのおいしい食べ物が旬を迎えます。「食べたいしキレイにもなりたい」という大人のワガママに応えてくれるのが、この旬の食材たち。今回は、秋が旬の食材の中からインナービューティーにおすすめの食材と、その魅力を余すことなくいただける美活レシピをご紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


占い ダイエット 温活