40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
“美しくなれるちらし寿司”で彩りよく美味しくヘルシーに!

“美しくなれるちらし寿司”で彩りよく美味しくヘルシーに!

春のイベントのごちそうといえば、彩りあざやかな「ちらし寿司」。ちょっと豪華なイメージのあるメニューだけに、カロリーが気になりがちですが、ちらし寿司の具材には、美容のためにうれしい成分がたくさん含まれているのです。今回は、美しくなれるちらし寿司のヒントと、気になるお米やすし酢の糖質を抑えるポイントをご紹介します。


ちらし寿司の定番具材は美容成分たっぷり

ちらし寿司

まず、ちらし寿司の具材にどんな栄養があるのか見ていきましょう。

抗酸化作用に優れた「エビ・カニ・イクラ」

ちらし寿司の華でもあるごちそう食材、エビ・カニ・イクラ。これらの特徴的な赤い色は、アスタキサンチン酸という天然色素によるものです。アスタキサンチン酸は、若々しさを保つ抗酸化作用にとても優れた成分で、紫外線によるお肌の疲れが気になるこれからの季節、特におすすめです。

食物繊維はもちろん、ビタミンCも注目の「レンコン」

シャキシャキの歯ごたえが楽しいレンコンは、食感からもわかる通り腸内環境を整え、お肌を健やかにする食物繊維がたっぷり。そして実は、美容に重要なビタミンCも豊富な食材です。ビタミンCは水に溶けだしやすく、加熱でも壊れやすい栄養素ですが、レンコンのビタミンCはでんぷんに守られているので、加熱してもOK。酢水にさらす時間を短めにして、茹でるのではなく電子レンジで加熱すると、ビタミンCをキープできます。

肌や髪を健やかにする「卵」

さまざまな栄養素を含んでいる卵ですが、美容面で注目なのはビタミンB群の仲間ことビオチン。お肌や髪を健やかに保つ働きがある栄養素です。生卵のままだと、白身に含まれる「アビジン」という成分がビオチンの吸収を妨げてしまうので、ちらし寿司の錦糸卵のように加熱して食べることがポイントです。

実は緑黄色野菜!「さやえんどう」

緑黄色野菜というと、にんじんやピーマンのように色の濃い野菜を連想しがちですが、やさしいグリーンでちらし寿司を彩るさやえんどうも、実は緑黄色野菜の仲間です。抗酸化作用に優れたβ-カロテンも、ビタミンCもたっぷり含んでいます。

すし飯をヘルシーに食べたい!

お米の糖質や、すし酢の糖分が気になるすし飯。ヘルシーに食べられるアイディアをご紹介します♪

「ライスサラダちらし」でバランスよく

ライスサラダ

米飯を主食としない欧米などでは、お米も野菜のひとつとして扱う「ライスサラダ」がよく見られます。このライスサラダのように、野菜の具材多め、すし飯をやや少なめにした分量でちらし寿司を作ると、お米の食べ過ぎも防げます。お重に詰めるのではなく、フラットか浅めのお皿に盛りつけると、すし飯が少なめでも見栄えしやすいですよ。

しらたきやカリフラワーで「かさ増し」しつつ栄養もプラス

カリフラワーライス

フライパンで乾煎りして匂いを飛ばしたしらたきや、細かく刻んで蒸したカリフラワー、えのき茸など、ご飯と食感の近いヘルシー食材をすし飯に加えて「かさ増し」するのもおすすめの方法です。しらたきやえのき茸には食物繊維、カリフラワーにはビタミンCと、美容のためにうれしい栄養も「かさ増し」できます。

すし酢をハチミツで作ると少量でも甘く

すし酢の砂糖が気になる方におすすめなのが、砂糖の代わりにハチミツを使ってすし酢を作る方法です。ハチミツは砂糖よりも甘みを感じやすいので、おおむね砂糖の半量程度で同じくらいの甘さになるといわれます。

ちらし寿司のおすすめアレンジ具材

アレンジしたちらし寿司

ちらし寿司をもっと美容成分たっぷりにする、おすすめのアレンジ具材をご紹介します。

ごまで美容成分をさらにプラス!

若々しさを保つ抗酸化作用に優れ、お肌を健やかにする食物繊維も豊富なごま。すし飯に混ぜてもいいですし、具材の上からトッピングするのも、香りが楽しめておすすめです。

アボカドは和食と相性が良いスーパーフード

若々しさを保つビタミンE、美容に欠かせないビタミンCなどビタミン類が豊富なスーパーフード、アボカド。和食やエビ、イクラなどとの相性も良く、ちらし寿司にもぴったりの食材です。食べ応えがあるので、すし飯少なめのちらし寿司にもおすすめですよ。

サーモンでアスタキサンチンをもっと!

ピンク色の身がきれいなサーモンは、実は白身魚の仲間。あのピンク色は、エビやカニ、イクラと同じアスタキサンチン酸によるものなのです。焼いてほぐした鮭フレークや、スモークサーモンはちらし寿司とも好相性。彩りも良くなるので、ぜひ取り入れてみてください。

春のイベントをイメージしがちなちらし寿司ですが、「ちらし寿司の日」は、実は夏目前の6月27日に制定されています。通年で手に入りやすい食材も多いですから、季節やイベントに関係なく、美容食材やお好みの味など、いろいろ取り入れてアレンジしてみてくださいね。

関連するキーワード


食事 美食

関連する投稿


夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新しい行事食として注目されている「夏越(なごし)ごはん」をご存じでしょうか?1年の前半を締めくくる6月30日に食べる、夏の食材の栄養がたっぷり盛り込まれたメニューです。今回は、夏越ごはんの由来と、おすすめの食材についてご紹介します。美容にも良い食材ばかりなので、必見です!


内側から美しく!春野菜でキレイを手に入れよう

内側から美しく!春野菜でキレイを手に入れよう

肌寒いうちから店頭に並ぶ春野菜は、暖かい季節の到来を予感させてくれて、うれしいものですよね。実はこの春野菜、健康的に美しくなるためにも見逃せない特徴を持った食材なのです!今回は、お肌に春を呼んでくれる春野菜のインナービューティー効果と、おすすめの食べ方である春野菜スープについてご紹介します。


最新の投稿


大人の指先を華やかに彩る!マニキュアで楽しむ“秋のセルフネイル”

大人の指先を華やかに彩る!マニキュアで楽しむ“秋のセルフネイル”

ダークなトーンが多くなりがちな秋のファッション。大人の華やかさを演出する差し色として、マニキュアでネイルデザインを楽しんでみてはいかがでしょうか?ネイルデザインに、秋の人気カラーであるボルドーやカーキを取り入れるだけで、グッとトレンド感がアップします。今回は、セルフネイルの基本とマニキュアで楽しめる秋のネイルデザインをご紹介します。


外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

40代からは下半身の筋肉が落ちやすく、冷え・むくみなどが起こりがちです。しかし若い頃のように「冷えた時に温める」だけでは対策として万全とは言えません。大人世代には、普段から体を温め、冷えが原因の不調やつらさを予防する「温活」が重要です。今回は、温活の考え方や手軽に取り入れられる方法をご紹介します。


病気じゃないかも、でもつらい……理解されにくい「不定愁訴」との付き合い方

病気じゃないかも、でもつらい……理解されにくい「不定愁訴」との付き合い方

たぶん健康だと思うけど「元気!」という感じがしない、頭が重い、疲れがとれない……。こうした自覚症状がありながら、病名がつかないようなケースを『不定愁訴』と言います。不定愁訴の多くは検査を受けても異常がなく、しかも本人の自覚症状も変化するため、周囲の理解を得られにくいものです。なんだかずっと不調が続く、そんな方に向けて不定愁訴の症状や付き合い方を解説します。


カンタン風水で金運アップ♪お金を呼び込む行動&お財布とは

カンタン風水で金運アップ♪お金を呼び込む行動&お財布とは

開運の代名詞としてメジャーな風水。占いと思われていることも多いのですが、そもそもは住まいをはじめとする環境を整え、開運に導く「環境学」です。しかし、よい環境に住んでいれば自動的に運が良くなるというわけではありません。日々の行動や習慣も重要なのです。ひとことで開運と言っても、なかでも気になるのは、金運ではないでしょうか?というわけで、今回は、毎日の行動やいつも使うお財布で金運をアップする風水をご紹介します。


いますぐはじめる!女性目線で備える防災

いますぐはじめる!女性目線で備える防災

9月1日は「防災の日」。普段なんとなく「職場」、「地域」、「家族」といった単位で考えられがちな防災対策。でも、女性目線で考えると、それだけでは足りない備えが意外と多いものです。今回は、女性のために役立つプラスアルファの防災TIPSについてご紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット 温活 セルフケア アロマ リラックス法