40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
春だから、映える写真を撮りたい!スマホ撮影のポイント

春だから、映える写真を撮りたい!スマホ撮影のポイント

花や緑も見ごろになる春は、出会いや別れなどのイベントが多く、写真を撮る機会が増える季節。オシャレで映える写真に憧れるけれど、自分で撮るとイマイチ……。そんなあなたのために、今回はスマートフォンでも、ちょっとした工夫で「映える」写真を撮ることができるコツや豆知識、そして写真を撮ってもらうときのポイントをご紹介します。


「映える写真」とは?

写真を撮る女性

「映える」写真といっても、そのノウハウは被写体やシチュエーションなどによってさまざまです。すべてに共通するポイントはほぼないといっても過言ではありません。そこで、今回はスマートフォンで撮影する機会が多い「花」、「料理」、「人」に絞って、ごく基本的な撮影のポイントをご紹介します。

映える花を撮るポイントは「距離」

花にはなるべく近づくのがおすすめ

<失敗例>

写真失敗例

桜や梅、桃など一輪が小さい花は、離れたところから満開の様子を撮っても、慣れていない人だと上の写真のように白っぽくモワモワした感じで撮れてしまい、目で見たような華やかな雰囲気が出にくくなります。

桜の木

まずは花の形がはっきりとわかるくらい1つの枝に近づいて、他の花は背景にするつもりで撮ると、花の美しさも、満開の様子も伝わりやすい写真になるでしょう。

遠景で撮る場合は枝を意識して

桜の木

遠くから花を撮る時は、花だけでなく枝ぶりがきれいに見える構図を選ぶと、バランスの良い写真になります。花が逆光になると暗く見えがちですから、日当たりも意識しておきましょう。

映える料理を撮るポイントは「構図」

余計なものが入らないよう片付けて

料理の撮影

食べる前になにげなく1枚撮った写真。外食ならおしぼりやストローの袋、おうちごはんなら調味料やボックスティッシュなど……料理に関係のないアイテムが写り込んでいませんか?
カトラリーやグラスなどあえて配置しているものではなく、こうした余計なものが端に見切れていると、見る人の気が散って、主役が目立たなくなってしまいます。撮る本人ほど気づきにくいので、要注意です。

あえての外し、画面から少し欠けさせる方法で主役をはっきり

パンケーキの撮影

主役の料理は真ん中、お皿やグラスは画面に欠けることなく収まるように……一見、正しい撮り方のように思えますが、実はあえて主役を真ん中から外したり、お皿や、場合によっては料理も画面から少し欠けるくらい寄った方が、画面の中で料理の占める割合が広くなり、料理自体が目に入りやすくなります。

少し斜めの逆光で撮ろう

料理全体にしっかり光が当たっていると明るく撮れて良さそうですが、影ができないので立体感がなく、のっぺりとした印象になってしまいます。完全な逆光だと料理全体が暗くなってしまうので、斜めに光が当たり、反対側に少し影ができる少し斜めの逆光を意識してみましょう。こうすることで、油やソースなどにも光が反射して、照りがキレイに撮れます。

映える人物を撮るポイントは「明るさ」

角度を工夫してみよう

室内での写真は、逆光を避け、顔の前~横から光が当たる場所で撮ると、加工しなくても顔が暗くなりません。また、普通に立ってスマホを構えるだけでなく、少し高い位置から見下ろす角度で構えたり、実際に一段高い位置から角度をつけたりして撮ってみると、目元は大きく、あごは細く映ります。また、上から撮ることで顔に影が出来にくく、表情も明るく若々しく見えます。

ホームパーティー

自撮りで高い位置にカメラを構える人が多いのは、こうしたテクニックのひとつでもあるのです。

白いものをレフ板代わりに

写真撮影の時に、白やシルバーのボードを向けられたことはないでしょうか。これはレフ板といって、人の顔などに光を反射させ、自然に明るく撮るための道具です。

実は専用のレフ板でなくても、白い紙や白いハンカチなどを使えば、同じような効果を作ることができます。写り込まないところで誰かに持ってもらっても良いですし、胸から上しか写らないといった場合は、モデルに自分で持ってもらってもOK。紙の角度を変えながら、顔が一番明るく見える角度を探してみましょう。白い服を着てもらうのも効果的です。顔色が一段明るくなり、肌色の美しい写真を撮ることができます。

集合写真はカメラに近づいて

家族写真

料理の写真と同じように、集合写真もつい全身をしっかり収めてしまいがち。足元を撮る必要がないのであれば、思い切って足元が入りきらないほどカメラと近づいてみましょう。背景とのバランスを保ちつつ、表情や手元など、重要なところを大きく写すことができます。5人以上の場合は、横一列より二列に並んで撮るのがおすすめです。

高価なカメラを使ったり、アプリで画像を加工しなくても、今回ご紹介したような、ちょっとした工夫で写真はグッと映えるんです。今年の春は「素敵!」と思った風景や料理をキレイに撮影して、楽しい写真をたくさん撮ってくださいね♪

関連するキーワード


趣味 写真撮影

関連する投稿


写真写りが格段に良くなる♪写真の撮られ方

写真写りが格段に良くなる♪写真の撮られ方

スマホのカメラが高性能になって、写真を撮る機会が増えた昨今。でも「撮られるのは苦手」、「他撮りだと写真写りが微妙」などと感じていませんか?ですが実は、まぶしいライトをたいたり、カメラアプリで加工しなくても大丈夫!自然に写真写りが良くなる「写真の撮られ方」を覚えておくと、いざ撮られる時も自信が持てます。今回は、写真に写りたくなる、撮られ上手になるポイントをご紹介します。


最新の投稿


その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

肌の露出が増える夏は、体型カバーが難しいですよね。それでも、素材やシルエットを厳選することで、気になる部分をカバーして、細見えを叶えることはできます!「二の腕がちょっと……」、「胸やお尻の位置が下がってきた」などのお悩み別に、夏の着やせコーデをご紹介します。


色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

夏の必須アイテム「日傘」。みなさん、デザインだけで選んでいませんか? 日焼けを絶対したくない方も、暑さにとことん弱い方も、求めるものが違えば選び方も違うはず。どなたでも満足の1本を選べるように、今回は日傘の3つの効果と選び方をご紹介します。


夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新しい行事食として注目されている「夏越(なごし)ごはん」をご存じでしょうか?1年の前半を締めくくる6月30日に食べる、夏の食材の栄養がたっぷり盛り込まれたメニューです。今回は、夏越ごはんの由来と、おすすめの食材についてご紹介します。美容にも良い食材ばかりなので、必見です!


肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

ジメジメじっとり、ゆううつな梅雨がやってきました。私たちの体にも、曇り空とそっくりの重たい不調があらわれて来る頃ではないでしょうか。来たる夏に備えて、体調を崩すのは避けたいところ。今回は、梅雨特有の不調と、その対策をご紹介。心当たりのある方は、今日から実践スタートです!


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット