40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
腸活&美肌に飲む点滴「甘酒」 そのすごいパワーを解説

腸活&美肌に飲む点滴「甘酒」 そのすごいパワーを解説

日本の伝統的な飲み物「甘酒」は、近年になって「飲む点滴」、「ジャパニーズヨーグルト」とも呼ばれ、国内外でスーパーフードとしても見直されています。夏はバテ防止、冬は身体を温める、さらには疲労回復や美肌にもおすすめ!今回は、甘酒の効能や効果的な飲み方をご紹介します。


江戸時代から愛される「甘酒」のすごい効果とは?

甘酒を持つ女性

甘酒はお正月やひなまつりなどでいただく冬の飲み物というイメージがありますが、江戸時代においては疲労や夏バテを解消する飲み物として、特に夏に飲まれていました。しかし近年、甘酒の栄養や効果は、疲労回復やアンチエイジングに不可欠な抗酸化作用、さらに腸の善玉菌を増やすなど、一年中飲んでおきたい飲み物だということが分かってきました。それでは、それぞれの効果を見ていきましょう。

美肌効果

甘酒には健康な髪や肌、粘膜を育てるビタミンB群が豊富。さらに、米麹甘酒にはビタミンCよりも抗酸化作用が高いとされるエルゴチオネインという成分が含まれています。

腸内環境の改善

善玉菌を増やすグルコシルセラミドや、善玉菌のエサとなるオリゴ糖・食物繊維などが腸内環境を整えてくれるので、便秘・下痢・おなかの張りが気になる方にもおすすめ。お通じとお肌の状態は繋がっていますから、腸内環境が整えば肌荒れの改善も期待できます。

疲労回復

ビタミンB群、各種ミネラル、アミノ酸、ブドウ糖など、疲労回復に貢献する栄養がたっぷり!甘酒が「飲む点滴」といわれる理由はここからです。特に脳のエネルギーとなれるのはブドウ糖だけですから、パソコン作業や勉強、会議などの疲れにもぴったり。もちろん肉体疲労にもおすすめです。

米麹・酒粕の甘酒の違い

甘酒は「酒粕で作った甘酒」、「米麹で作った甘酒」、「酒粕・米麹をブレンドして作った甘酒」の3種類があります。酒粕で作った甘酒は微量のアルコールが含まれていますから、妊娠中や授乳中、極端にお酒に弱い方、小さなお子さまは避けておきましょう。また、酒粕甘酒の多くは甘み付けに砂糖が入っています。

米麹・酒粕どちらで作った甘酒でも、前述した効能がありますが、以下のような違いがあります。

米麹甘酒

米麹

ブドウ糖やオリゴ糖が豊富で、砂糖なしでも自然な甘みがあります。高い抗酸化作用を持つエルゴチオネインは米麹甘酒だけに含まれ、酒粕甘酒には含まれていません。

酒粕甘酒

酒麹

酒粕甘酒はタンパク質・葉酸・ビタミンB群・食物繊維などが、米麹甘酒よりも豊富。栄養補給の点は米麹甘酒よりも優秀ではありますが、酒粕甘酒には微量のアルコールが含まれることや砂糖が添加されていることを踏まえて、ご自身の好みで選ぶと良いでしょう。

甘酒の効果的な飲み方

甘酒

甘酒の効果を体感するには、1日コップ1〜2杯がおすすめ。栄養価が高く消化吸収も良いため、忙しい朝には朝食代わりとしても良いでしょう。一年を通した疲労回復・風邪予防の飲み物として最適です。

扱いやすい紙製パックや、1回分に小分けされたパック・缶がありますから、「手軽に飲めるなら続けたい!」という方はこうしたパッケージタイプを試してみてくださいね。

便秘解消や冷え解消が目的なら、ぜひ温めていただきましょう。冷たい飲食物は胃腸を冷やし、腸の働きを低下させてしまいます。特に秋冬はホットがおすすめです。

おいしく続けよう、甘酒アレンジ

生姜と甘酒

毎日飲みたい甘酒だから、うれしい効能をプラスしてさらにおいしくする簡単アレンジはいかがですか?ここではいくつか甘酒のアレンジをご紹介します。お好みに合わせて分量を加減してみてくださいね。

甘酒+生姜

甘酒コップ一杯にチューブ生姜大さじ1をプラス。生の生姜は末端まで血流を促してくれるので、手足が冷たい朝にぴったりです。電子レンジで温めて召し上がってください。
ちなみに、生の生姜は手足など身体の末端を温めるのが得意で、加熱した生姜は身体の内部を温めるのが得意です(10分程度の加熱が必要)。欲しい効能によって使い分けてみてくださいね。

冷え性を改善するには、「冷えにくい体質をつくる」ことも大切。こちらの記事では、冷えが原因の不調やつらさを予防する「温活」をご紹介しています。

甘酒+豆乳

甘酒の甘さが苦手な方は、豆乳を加えてさっぱりさせましょう。豆乳は良質なタンパク質を含むので、甘酒の疲労回復効果と相まって、特に運動前後のドリンクとして理想的。もちろん、大豆イソフラボンの美肌効果も期待したいですね。1:1でミックスしてみて、お好みの配分を探してみてください。

甘酒+ヨーグルト

菌活・腸活中なら、甘酒1杯にヨーグルト大さじ2をプラス。植物性の発酵食である甘酒に、動物性の発酵食品を組み合わせることで、整腸効果UPが見込めます。食物繊維が豊富で消化も良いバナナと合わせれば、朝食代わりにも最適です。

調理が不要で、飲むだけでOKの甘酒は、現代の私たちにとっても大変優秀な飲み物。身体に良いことをはじめたい、腸活が気になるけれど毎度の料理にまで気を使えない……そんな方でも毎日の生活に取り入れられます。米麹か酒粕か、メーカーによっても味わいや舌触りが異なりますから、いくつか試してみて、ご自身に合うものを続けてみてくださいね。

関連するキーワード


健康管理

関連する投稿


リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

木漏れ日や川の音、ゆらりと揺れるキャンドルの炎……心地良さを覚えるこうした情景には、「1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)」を持っているという共通点があります。人の心を落ち着かせる「1/fゆらぎ」は、実は身の回りにもたくさんあります。今回は、手軽に生活に取り入れられる「1/fゆらぎ」をご紹介します。


美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

一般的に「冬至の行事」と思われがちなゆず湯などのかんきつ湯。でも実は、かんきつ湯には年が明けて寒さが厳しい時季こそ入りたい美容・健康効果がたくさんあるのです。今回は、かんきつ湯の主な効果や、おすすめの入り方をご紹介します。


おうち時間に潜む夏の不調!?大人の冷え&夏バテ対策

おうち時間に潜む夏の不調!?大人の冷え&夏バテ対策

冷房の効いたオフィスや店舗で寒い思いをしたり、一歩外へ出れば夏の強い日差しや蒸し暑さに襲われたりと、寒暖差の激しい環境にさらされる夏の体は、冷え性や夏バテに悩まされがちです。しかし一方で、そういった環境とは無縁に見えるおうち時間にも、実は冷えや夏バテのリスクが潜んでいます。今回は、おうち時間の冷え・夏バテ対策についてご紹介します。


最新の投稿


きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-1月24日(月)~2月6日(日)の運勢-

きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-1月24日(月)~2月6日(日)の運勢-

1月24日からの2週間は星の動きが活発に。止まっていた物事が動き始めたり、新しいことが始まったりと、現状にフレッシュなエッセンスがたくさん注ぎ込まれます。変化が起きるのは良い兆しと考えて、前向きに新しいものを受け入れていくと幸運をつかめるでしょう。また、2月1日は新月。昨年、頑張ったことをベースに新しいチャレンジをしたい方は、この日を含めた前後2〜3日に行動を起こしていくと良いでしょう。さらに、この新月期はスマホやパソコンなど、デジタル機器に良い運が“乗る”時です。新規購入、機種変更、新しいアプリを使い始めるといったことが幸運の呼び水になるでしょう。良いニュースをキャッチできたり、人間関係が豊かに広がったりと、楽しくなってきますよ。


リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

リラックス&集中力を高める「1/fゆらぎ」の取り入れ方

木漏れ日や川の音、ゆらりと揺れるキャンドルの炎……心地良さを覚えるこうした情景には、「1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)」を持っているという共通点があります。人の心を落ち着かせる「1/fゆらぎ」は、実は身の回りにもたくさんあります。今回は、手軽に生活に取り入れられる「1/fゆらぎ」をご紹介します。


肌がよろこぶ温感美容で、過酷な冬を乗り越えよう!

肌がよろこぶ温感美容で、過酷な冬を乗り越えよう!

冬は1年の中でも特に空気が乾燥する時期。そのため肌も乾燥しやすく、くすみやむくみも起きやすくなりますよね。また冷えからくる血行不良で肌トラブル!なんてことも……。ポカポカ温まる温感美容で肌を整え、寒い冬を乗り切りましょう。


きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-1月10日(月)~1月23日(日)の運勢-

きらめきのヒントが届く 大人の12星座占い-1月10日(月)~1月23日(日)の運勢-

2022年がスタートして10日。“日常”の雰囲気が戻ってきた、と感じる方も多いかと思います。さて、1月10日から23日、星占いにおける大きなトピックスを2つお伝えします。まず14日、知性とコミュニケーションを司る水星が「逆行」というイレギュラーな動きをする時期に入ります。コミュニケーションがゆっくりになり、いつもと違う受け取り方をする人が増える時期。「念のため」の連絡や確認はしっかりしておくと安心です。18日は満月で、家族間で過去、課題になっていたことを調整していく機会にしていける方が多そうです。ただ、物事の進行はのんびりしているため、調整の結果は、ゆっくりと現れます。少しずつ変わっていくことに、喜びを見出すことができるでしょう。


美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

美容効果バツグン!かんきつ湯の隠れた魅力

一般的に「冬至の行事」と思われがちなゆず湯などのかんきつ湯。でも実は、かんきつ湯には年が明けて寒さが厳しい時季こそ入りたい美容・健康効果がたくさんあるのです。今回は、かんきつ湯の主な効果や、おすすめの入り方をご紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


占い 12星座占い ダイエット