40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
内側から美しく!春野菜でキレイを手に入れよう

内側から美しく!春野菜でキレイを手に入れよう

肌寒いうちから店頭に並ぶ春野菜は、暖かい季節の到来を予感させてくれて、うれしいものですよね。実はこの春野菜、健康的に美しくなるためにも見逃せない特徴を持った食材なのです!今回は、お肌に春を呼んでくれる春野菜のインナービューティー効果と、おすすめの食べ方である春野菜スープについてご紹介します。


インナービューティーのポイントは肝臓にあり!

肝臓が弱ると代謝が乱れてお肌がくすむ

お肌を気にする女性

「お肌のシミ対策の成分は、二日酔いにもおすすめ」と聞いたことはないでしょうか?それは、お肌の代謝もアルコールの代謝も、いずれも肝臓に関係があり、これらの成分が肝臓の働きを助ける作用を持つといわれているからなのです。

逆に言えば、肝臓はインナービューティーの重要ポイント。肝臓の働きのひとつである「代謝」が弱まると、お肌のターンオーバーのサイクルが乱れて古い角質が溜まり、シミやくすみのリスクが高まります。40代以降の女性は、特に肝臓機能の低下がお肌に表れやすいのだとか。

むくみや便秘なども起こりやすい

他にも、肝臓の働きとされる「解毒」機能が弱まると、体内に老廃物が溜まりやすくなり、むくみや便秘のもとに……。放っておくと、肌荒れや吹き出物の原因にもなってしまいます。

春野菜には肝臓からキレイになれる成分がたっぷり

独特の苦み「植物性アルカロイド」が肝臓をサポート

たけのこ、たらの芽、ふきのとうなどの春野菜

「肝臓に良いものといっても、しじみやレバーしか思い浮かばないし、調理も大変そう……」という方におすすめなのが、たらの芽やふきのとう、ウドなどの「春野菜」です。早いものでは2月頃から出回ります。

春野菜は独特の爽やかな苦みが特徴とされますが、この苦み成分「植物性アルカロイド」には、肝臓の解毒や代謝の機能を高めたり、腎臓のろ過機能を高めてお肌を健康的に美しくしたり、むくみを防ぐ働きなどがあるといわれています。

春キャベツの「イソシオチアネート」と「キャベジン」も肝臓に◎

春野菜の中でも手に入りやすい春キャベツには、辛み成分である「イソシオチアネート」と、胃薬の成分としても有名な「キャベジン」が多く含まれています。この2つもまた、肝臓の働きを助け、お肌を健康的に美しくする成分とされています。

美容に欠かせない食物繊維やビタミン類も豊富!

春野菜の仲間は、肝臓の働きを助ける成分はもちろん、腸内環境を整える食物繊維や、若々しさを保つ抗酸化作用に優れたビタミン類など、インナービューティーに重要な成分をたっぷり含んでいます。まさに、美味しく食べて美しくなれる食材なのです。

春野菜を美味しく食べて美しく!

独特のえぐみを避け、栄養を逃さないようにするにはスープが◎

春野菜のスープ

肝臓のために重要な春野菜の苦み・えぐみですが、生食や軽く火を通すだけでは食べづらいことも。そこでおすすめの調理方法が、独特の風味も和らぐ「スープ」です。ちなみに、ビタミンCなど水に溶けやすい栄養素は、茹でるとゆで汁に溶け出してしまいますが、スープなら汁ごと食べるので栄養を逃しません。

コンソメ、トマト、和風、中華、味噌と味付けも選ばない

春野菜はトマトやカボチャのように強い風味がない淡白な野菜が多いので、味付けを選ばないのも食べやすいポイントです。コンソメやトマトなどの洋風スープは定番ですが、醤油ベースの和風味や、鶏だしにごま油を効かせた中華味、おみそ汁でも美味しくいただけます。

春キャベツや新玉ねぎのように柔らかい春野菜は、時間をかけて煮込まなくてもとろとろのやさしい味わいになりますよ。

汁物以外ではサッと蒸すか天ぷらがおすすめ

春野菜の天ぷら

春野菜ならではの青々しい風味を楽しみたいなら、茹でるよりもサッと蒸して。水に溶けやすい栄養素だけでなく、野菜本来のうま味も逃しません。ふきのとうやたらの芽などの山菜類は天ぷらが定番の食べ方ですが、これも衣が栄養やうま味を閉じ込めてくれるので、おすすめです。

春野菜というと「春キャベツをひと玉買っても使いきれないかも」、「新玉ねぎは足が早いから」とつい心配になってしまいますが、毎日いろいろな味付けのスープを作って食べれば、意外とすぐに食べ切ってしまいます。スープごと冷凍すれば保存もききますから、上手に取り入れて、インナービューティーを目指しましょう♪

関連するキーワード


食事 美容メニュー

関連する投稿


夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新しい行事食として注目されている「夏越(なごし)ごはん」をご存じでしょうか?1年の前半を締めくくる6月30日に食べる、夏の食材の栄養がたっぷり盛り込まれたメニューです。今回は、夏越ごはんの由来と、おすすめの食材についてご紹介します。美容にも良い食材ばかりなので、必見です!


“美しくなれるちらし寿司”で彩りよく美味しくヘルシーに!

“美しくなれるちらし寿司”で彩りよく美味しくヘルシーに!

春のイベントのごちそうといえば、彩りあざやかな「ちらし寿司」。ちょっと豪華なイメージのあるメニューだけに、カロリーが気になりがちですが、ちらし寿司の具材には、美容のためにうれしい成分がたくさん含まれているのです。今回は、美しくなれるちらし寿司のヒントと、気になるお米やすし酢の糖質を抑えるポイントをご紹介します。


最新の投稿


その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

肌の露出が増える夏は、体型カバーが難しいですよね。それでも、素材やシルエットを厳選することで、気になる部分をカバーして、細見えを叶えることはできます!「二の腕がちょっと……」、「胸やお尻の位置が下がってきた」などのお悩み別に、夏の着やせコーデをご紹介します。


色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

夏の必須アイテム「日傘」。みなさん、デザインだけで選んでいませんか? 日焼けを絶対したくない方も、暑さにとことん弱い方も、求めるものが違えば選び方も違うはず。どなたでも満足の1本を選べるように、今回は日傘の3つの効果と選び方をご紹介します。


夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新しい行事食として注目されている「夏越(なごし)ごはん」をご存じでしょうか?1年の前半を締めくくる6月30日に食べる、夏の食材の栄養がたっぷり盛り込まれたメニューです。今回は、夏越ごはんの由来と、おすすめの食材についてご紹介します。美容にも良い食材ばかりなので、必見です!


肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

ジメジメじっとり、ゆううつな梅雨がやってきました。私たちの体にも、曇り空とそっくりの重たい不調があらわれて来る頃ではないでしょうか。来たる夏に備えて、体調を崩すのは避けたいところ。今回は、梅雨特有の不調と、その対策をご紹介。心当たりのある方は、今日から実践スタートです!


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット