40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
引き締まった体を作る!基本的な体幹トレーニング方法

引き締まった体を作る!基本的な体幹トレーニング方法

エクササイズが習慣になっている方には、すっかりおなじみとなった「体幹トレーニング」。それだけに「体幹やインナーマッスルって何?」とはいまさら聞きにくいですよね。今回は、体幹・インナーマッスルの概要や基本的な体幹トレーニングの方法をご紹介します。


体幹とは?鍛えるとどんなメリットがある?

体幹トレーニングをする女性

「体幹」は筋肉なども含めた「体の中心部」

「体幹」とは、頭(首)、腕、足以外の胴体部分、体の中心部を指します。また「インナーマッスル(深層筋)」は、体の表面からは触れることのできない、内部の筋肉のことを言います。背骨や骨盤の周囲にある「体幹のインナーマッスル」は「コアマッスル」とも呼ばれます。
コアマッスルは、安定した姿勢を維持する、関節を守る、内臓を支えるなど、体にとって重要な役割を担っています。

体幹を鍛えることでヘルシーな体形を維持しやすく

体幹トレーニングに取り組むと、動作が安定するのでスポーツや日常生活でのケガ防止につながります。また、おなか周りを中心に体全体が引き締まるため、バランスの取れたヘルシーな体形を維持しやすくなります。

基本の「ドローイン」と「ロープランク」を覚えよう

「ドローイン」で腹式呼吸のための筋肉を鍛える

立ったまま、寝転がったままでもできる「ドローイン」。まずはこの体幹トレーニングを覚えると良いでしょう。後ほど、トレーニングの中でも登場してきます。

立った状態でのドローイン

立った状態でのドローイン

1:足を自然に開き、背筋を伸ばして立った状態で、腹式呼吸を使って思い切り息を吸います。
2:吸い切ったら息を止めてしばらくキープし、おなかをへこませる感覚で思い切り息を吐きます。
3:吐き切ったらここでもしばらくキープ。1~3まで1回15秒程度を目安にやってみましょう。

寝た状態でのドローイン

寝た状態でのドローイン

1:床に仰向けになり、両ヒザを立てて腹式呼吸で思い切り息を吸います。
2:吸い切ったら息を止めてしばらくキープし、おなかをへこませる感覚で思い切り息を吐きます。
3:吐き切ったらここでもしばらくキープ。1~3まで1回15秒程度を目安にやってみましょう。

POINT

吸い切った時、吐き切った時など腹筋を意識するようにしましょう。ただし体全体は、余計な力を入れず自然にしておきます。

ロープランクは初心者でも取り組みやすい「基本にして万能選手」

ロープランク

ロープランクは初心者でも取り組みやすい基本のトレーニング。体幹トレーニングといえばこのポーズが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。“効く”範囲も広く、体幹に加えて胸や腕、背中、足、お尻などの筋肉を同時に鍛えてくれます。

初めは「1回10秒×3回」から

<手順>

1:うつ伏せから少し体を起こし、肘が肩の真下になるよう、直角に曲げて床につけます。
2:つま先を立て、腹筋と太ももに力を入れて、体をまっすぐの状態で床から浮かせます。

POINT

おなかやヒザが下がったり、お尻が上がったりしないよう、おなかに力を入れて頭、肩、骨盤、ヒザ、かかとまで一直線をキープしましょう。1回10秒×3回から始めて、慣れてきたら少しずつ1回あたりの時間を増やしていきましょう。

脇腹に効く「サイドプランク」でくびれを作る

サイドプランク

横方向からおなかを引き締める効果も

サイドプランクは体幹を鍛えつつ、横方向からおなかを引き締めていくことができるトレーニングです。正面の腹筋に加えて、ウエストのくびれを作る脇腹の筋肉も鍛えられます。

実は「基本形」が結構難しい!

イラストのように頭からかかとまで一直線の姿勢を保ったまま片腕で体を支えるポーズをよく見かけますが、初心者にはやや難しいかもしれません。まずは直角に曲げたヒザを床につき、頭からヒザまでを一直線でキープするやり方から始めてみましょう。

<手順>

1:床に横向きに寝ころび、両脚を揃えます。ヒザをつく場合は両ヒザを揃え、直角に曲げます。
2:床側の肘が肩の真下になるよう、直角に曲げて床につけます。
3:腹筋と太ももに力を入れて、頭からかかと(もしくはヒザ)がまっすぐの状態で床から浮かせます。反対側も同じように行い、交互に繰り返します。

POINT

お尻が前後に動きやすいので、特にまっすぐになるよう意識します。これもプランク同様、1回10秒×3回を目安に、短時間から始めて慣れてきたら少しずつ時間を増やすようにしましょう。

背中のインナーマッスルを鍛える「アームレッグクロスレイズ」

アームレッグクロスレイズ

左手&右足、右手&左足……対角線上の手足を持ち上げる

ここまで紹介したトレーニングでおなか側のインナーマッスルを鍛えたら、対角線上の手足を持ち上げるアームレッグクロスレイズで背中側のインナーマッスルも鍛えて、バランスを取りましょう。
サイドプランクのようにポーズ自体が難しいトレーニングではありませんが、ゆっくり動くことで小さい負荷を筋肉にかけ続けて、効果を高めていきます。

<手順>

1:四つん這いの体勢を取り、背中がまっすぐになるよう意識しながら、3~5秒かけて左手を前方に水平に伸ばすと同時に、右足を後方へ水平に伸ばします。
2:伸ばした手足と背中が水平になった状態を10~30秒キープした後、3~5秒かけてゆっくり下げます。
3:反対側(右手を前方へ、左足を後方へ)も同じように行い、交互に数回繰り返します。回数を意識し過ぎず、正しい姿勢を保つのがきつくなる程度までを目安にしましょう。

POINT

ゆっくり上げて、ゆっくり下げることを心がけましょう。「2」のキープ時間は、短時間から始めて慣れてきたら少しずつ時間を増やすようにしましょう。

下腹を引き締める「V字クランチ」

V字クランチ

「ドローイン」も活かしたトレーニング

V字クランチは、体幹の中でも下腹の筋肉を鍛えられるトレーニングです。また、最初に紹介したトレーニング「ドローイン」も組み合わせられています。

<手順>

1:寝たまま、片ヒザを立てた体勢でドローインします。
2:息を吐き切った状態のまま頭を起こし、ヒザを立てていない方の足を3秒かけてゆっくり上げます。
3:足をまっすぐ伸ばしたまま、3秒キープします。反対側も同じように行い、交互に繰り返します。

POINT

足を上げる時は伸ばしたまま、腰が浮かないように注意します。左右数回から始めて、慣れてきたら少しずつ回数を増やし、左右10回ずつを目指しましょう。

今回ご紹介した5つのトレーニングは、全部まとめて1セットというわけではありません。また、同じトレーニングを毎日続けると、鍛えた部分を休ませることができず、ケガのもとになったり、トレーニング効率が落ちたりしてしまいます。そこで、日替わりで違うトレーニングを1種類~数種類、体調とも相談しながら組み合わせて取り組んでいくのがおすすめです。

間違ったフォームのままがんばり続けるより、短時間でも正しいフォームで実践する方が効率的ですし、ケガを防ぐうえでも重要です。まずはまっすぐになっているか、ゆっくり動けているかを意識しながら、無理なく少しずつ体幹を鍛え、時間や回数を増やしていけるようにしましょう。

fotune

関連する投稿


【管理栄養士監修】食べる順番ダイエットの常識をアップデート!

【管理栄養士監修】食べる順番ダイエットの常識をアップデート!

ダイエットと言えば「ベジファースト」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、最近は「ミートファースト」や「プロテインファースト」という言葉も耳にするようになってきました。一方で、食べる順番を変えても効果がないという話もあり、どれが良いの?と迷ってしまいますよね……。そこで今回は「食べる順番ダイエット」についての効果や正しいやり方、大人女性にこそ実践してほしい理由について、管理栄養士・上辻知津子さんに解説していただきます。


美しい髪は頭皮から!今日からできるケア方法

美しい髪は頭皮から!今日からできるケア方法

頭皮ケアは健やかな頭皮のみでなく、健やかな毛髪を維持することにもつながります。正しい頭皮ケア方法を知って、美しい髪の毛を維持したいもの。今回は、冬の頭皮をいじめてしまうNG習慣とその対策、より健やかな髪を手に入れるためのスペシャルケア方法をご紹介します。


正月太り解消!下腹部重視のエクササイズ

正月太り解消!下腹部重視のエクササイズ

食べ過ぎや運動不足などですぐに目立ってくるわりに、やせづらく気になりがちな下腹部。薄着で過ごす季節になる前に、しっかり対策しておきましょう!今回は、下腹部を意識した生活改善や、エクササイズ方法を紹介します。


七草粥から始める!お粥温活

七草粥から始める!お粥温活

1月7日に食べる七草粥は、年末年始で疲れた胃を休め、健康的な美しさを取り戻すことができる行事食です。今回は七草粥の概要と知られざる美容・健康パワーを解説しつつ、年中は手に入りにくい七草に変わるおすすめ具材・調味料を用いた「お粥温活」をご紹介します。


和のスーパーフード「あずき」 むくみ&二日酔いに

和のスーパーフード「あずき」 むくみ&二日酔いに

和菓子といえばあんこ!原料の小豆は漢方薬にも配合されるれっきとした生薬で、強い解毒作用と利尿作用があり、むくみなどの症状に利用されます。あんこにするとその作用は減少するものの、それでも美容と健康にうれしい栄養素は残っています。今回は、女性にうれしいあんこの魅力や活用方法について解説していきます♪


最新の投稿


春の紫外線は油断大敵!大人肌を守る対策をご紹介

春の紫外線は油断大敵!大人肌を守る対策をご紹介

夏のイメージが強い紫外線。高い空から降り注ぐ強い紫外線を避けるため、毎年対策を行う方も多いのではないでしょうか?しかし実は、春こそ紫外線に注意すべき季節!寒さや日差しのやわらかさから油断しがちですが、夏に負けない量が降り注いでいるのです。また、大人肌にとっては紫外線量以外にも気をつけたい理由が……。そこで今回は、大人肌が気をつけるべき、春の紫外線対策をご紹介します。


2月19日(月)~3月3日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

2月19日(月)~3月3日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

2024年、年明けから春にかけて、火星や水星など占星術で使う10個の星がぎゅっとまとまった配置となっています。たとえば1月はやぎ座に、2月中旬まではみずがめ座に――そして2月下旬から3月にかけては、うお座に星々が集中するのです。こうした時期は、世の中のムードにその星座“らしさ”が強く反映される、という傾向が生まれます。では、うお座“らしさ”とは……?うお座は「共感や情緒」、「直感」、「無意識」などを司る星座。それを現実に応用すると、たとえば人間関係では理屈よりも情を重視したほうがうまくいきますし、美容では直感でピンときたアイテムを選ぶと運気アップにつながる、ということになります。この時期、直感に従ってみませんか?


ツヤツヤの爪と柔らかい手を育てる秘訣♪日々の小ワザをご紹介

ツヤツヤの爪と柔らかい手を育てる秘訣♪日々の小ワザをご紹介

大人女性は髪や肌に変化を感じるのと同様に、手や爪にも変化が現れます。近年ではアルコール消毒やマメな手洗いによって、その変化を一層強く感じている方も。手や爪は視線に入りやすいので、ふっくらツヤツヤに育んでいきたいものですね。そこで今回は、大人女性が知っておきたいハンドケア・ネイルケアの豆知識や小技を集めました。


アテニア誕生35年の物語。アテニアとお客様との大切な約束

アテニア誕生35年の物語。アテニアとお客様との大切な約束

1989年の創業から35年にわたって、アテニアは「自分らしく、美しくありたい」という女性たちの本音にお応えすべく、寄り添い、ともに歩んできました。それまでの化粧品の常識を打ち破る、商品開発をしてきた創業時の想いや、お客様との大切なお約束をご紹介します。


2月5日(月)~2月18日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

2月5日(月)~2月18日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

1月、やぎ座に大集合した星々が続々とお隣のみずがめ座に移動します。やぎ座は社会性、つまり仕事や組織、権威といったものを管轄する星座で、みずがめ座は革新や平等、個人といったものを管轄します。2月5日から18日にかけては、古い常識にとらわれない発想や行動力が重視されるでしょう。特に10日の新月前後では、テクノロジーのさらなる発展を連想させるようなニュースが世間を騒がせることになるかもしれません。また、「情熱と闘いの星」と呼ばれる火星と「破壊と再生の星」と呼ばれる冥王星が重なる14日前後は、目の前のことに振り回されすぎず、落ち着いて判断することを心がけると良いでしょう。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


12星座占い