40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
暑い夏を乗り越える「日本ならではの食3選」!

暑い夏を乗り越える「日本ならではの食3選」!

夏は冷たいものを避け、温かく栄養のあるものを……とはわかっていても、夏の暑さに疲れているからこそ食が進まないこともあるもの。今回は、夏に元気が欲しい時のための、味でも栄養面でもおすすめの和の食3種類をご紹介します。


夏は冷やしでもOK、料理に加えても良い「甘酒」

実は夏にもおすすめの「飲む点滴」、甘酒

甘酒

「寒い季節に温めて飲む」、「ひな祭りの飲み物」のイメージが強い甘酒。冷やして飲むのは最近になって登場したアレンジ法だと思われがちですが、実は平安時代にすでに貴族が嗜んでいたとされています。江戸時代に入ると本格的な甘酒商売が生まれ、夏の飲み物として冷やした甘酒が庶民にも普及……その目的はまさに「夏バテ解消」にあります。甘酒は、「飲む点滴」といわれるほど疲労回復を助ける栄養素が多いのです。

お菓子の甘みづけに使ったり、料理に加えたりしても◎

甘酒フルーツ寒天ゼリー

「甘酒のどろどろ感が苦手」、「飲むだけでは飽きてしまいそう」という方に試してほしいのが「甘酒を食べる」摂り方です。ゼリーや蒸しパンなど簡単に作れるお菓子の甘味料に使ったり、醤油や味噌と合わせて料理のソースや漬けこみだれにしたりと、意外とアレンジ法が多いのです。

忙しい時には「手軽にアレンジ」

お菓子や料理などに手をかけられない時は、がんばり過ぎない方法で。おみそ汁やスープに甘酒を加える、豆乳で甘酒を割って飲む、スムージーに加えるなど、手軽にちゃっかり甘酒をプラスしてみましょう。新しい組み合わせを考えて、トライしてみるのも楽しいですよ。

腸活や美肌などキレイにつながる効果も

甘酒には、腸の善玉菌を増やす成分や、善玉菌のエサになるオリゴ糖、食物繊維などが豊富に含まれています。また、ビタミンB群も多く、疲労回復を助けるのに加えて美肌効果も期待できます。
詳しくは以下の記事も参考にしてみてください!

温かくても冷たくても!具材もバリエーション豊富な「おみそ汁」

塩分だけじゃない!おみそ汁は栄養バランス◎

塩分が多いイメージが先行しがちなおみそ汁ですが、実は夏バテで不足しがちな水分、ビタミン、ミネラルもバランス良く補給できる優れもの。熱い汁ものは食べづらいように思えますが、出汁に含まれているうま味成分が食欲を刺激するので、食が進まない時にはまずひと口飲んでみるのもおすすめです。

相性の良い具材が多いのもうれしい

煮ることで柔らかく食べやすくなるおみそ汁の具材。揚げたり炒めたりでは食べ切れない具材も、おみそ汁に入れることであっさりした味わいでするする食べられます。ホウレン草やにんじんなどビタミン類が豊富な緑黄色野菜、たんぱく質たっぷりの豚肉や鶏肉、豆腐や油揚げなど、組み合わせを工夫すればさらに栄養満点に。トマトやパプリカなど洋風の具材を入れてもおいしく食べられます。

火を使わない調理法もいろいろ、冷たくてもOK

冷や汁

コンロの前に立つのがつらい時は、フリーズドライや液状みそなど「火を使わずどこでも調理できる」商品も上手に取り入れてみましょう。そして、温かくても冷たくても食が進むところもおみそ汁の魅力。
たとえば麦飯に、豆腐やほぐした干物、キュウリ、薬味を盛り付け、冷たいおみそ汁をかける郷土料理「冷や汁」は、夏バテをレスキューする栄養たっぷりのメニューです。

アイスクリームやジュースの代わりに「水羊羹」

甘いものを食べるなら、よりヘルシーなものを選びたい

水羊羹

暑いとアイスやジュースについ手が伸びる……という方におすすめなのが「水羊羹」。カロリーだけ見ればアイスクリームとそれほど差はありませんが、脂質は水羊羹のほうが少ないのです。
また、食物繊維などの栄養も豊富で消化が良いところもポイント。実際に、練り羊羹は登山の行動食の定番にもなっています。
冷凍ではなく冷蔵なので冷たさもほどよく、体を冷やし過ぎるのも防げます。

食べ過ぎないよう少しずつつまめる工夫を

アイスよりヘルシーとはいっても、食べ過ぎてしまうのは考えもの。あらかじめ切り分ける、ひと口サイズの水羊羹を用意するなどして、休憩の合間などにひと口ずつ食べるようにしておくと、少量で満足できる習慣がつきやすくなりますよ。

ここでは「飲む・食べる」夏バテ対策をご紹介してきましたが、冷房を効かせ過ぎない、ゆっくり湯船につかる、睡眠をしっかりとるなど、生活面で体をいたわることも夏バテ解消につながります。上手に組み合わせて、暑い夏もアクティブに過ごしましょう!

fotune

関連するキーワード


食事 美食 健康法

関連する投稿


花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症を患う皆さまは、花粉症の季節になると、症状を和らげたくてさまざまな対策を練りますよね。しかし、世の中に存在するさまざまな花粉症対策のなかには、勘違いされていたり、期待した効果が出なかったりする方法も意外と多いんです。今回は、よくある花粉症対策の勘違いや、期待度の高い改善法をご紹介します。


目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

青汁が「まず~い」と言われたのは、いまや昔の話。最近の青汁といえば、栄養価は高いまま、味もおいしい商品がたくさん登場しています。今回は、青汁の概要や、目的に合わせたおすすめの飲み方を紹介します。


【管理栄養士監修】食べる順番ダイエットの常識をアップデート!

【管理栄養士監修】食べる順番ダイエットの常識をアップデート!

ダイエットと言えば「ベジファースト」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、最近は「ミートファースト」や「プロテインファースト」という言葉も耳にするようになってきました。一方で、食べる順番を変えても効果がないという話もあり、どれが良いの?と迷ってしまいますよね……。そこで今回は「食べる順番ダイエット」についての効果や正しいやり方、大人女性にこそ実践してほしい理由について、管理栄養士・上辻知津子さんに解説していただきます。


美しい髪は頭皮から!今日からできるケア方法

美しい髪は頭皮から!今日からできるケア方法

頭皮ケアは健やかな頭皮のみでなく、健やかな毛髪を維持することにもつながります。正しい頭皮ケア方法を知って、美しい髪の毛を維持したいもの。今回は、冬の頭皮をいじめてしまうNG習慣とその対策、より健やかな髪を手に入れるためのスペシャルケア方法をご紹介します。


眠れぬ夜に「エッグノック」はいかが?【レシピ付き】

眠れぬ夜に「エッグノック」はいかが?【レシピ付き】

手足の冷えが気になる夜に、ホットドリンク「エッグノック」はいかがですか?エッグノックはホリデーシーズンに北米を中心によく飲まれていて、カスタードのような甘さと、ほっとする温かさは、冬の飲み物にぴったりです。お家でかんたんに作れる、材料3つのシンプルなレシピをご紹介します。


最新の投稿


4月15日(月)~4月28日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月15日(月)~4月28日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

新年度がスタートして、早いものでもう半月。いかがお過ごしですか?この4月、コミュニケーションを司る星・水星がイレギュラーな動きを見せることから、ハプニングや計画の遅れが生じやすい運勢となっています。新年度のフレッシュなムードのなか、いまひとつ良い流れに乗れていないような気持ちがしていた方もどうぞご心配なく。いまは、ゆっくり前に進む時です。さて、水星が通常運転に戻るのは4月25日。混乱が見られていた物事も、ここから徐々にスムーズに運ぶようになるはずです。話し合いや相談をしたいなと考えている方は、月末か、もしくは5月に入ってからが良いかもしれませんね。


花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症対策、これって常識?誤解と正しい知識

花粉症を患う皆さまは、花粉症の季節になると、症状を和らげたくてさまざまな対策を練りますよね。しかし、世の中に存在するさまざまな花粉症対策のなかには、勘違いされていたり、期待した効果が出なかったりする方法も意外と多いんです。今回は、よくある花粉症対策の勘違いや、期待度の高い改善法をご紹介します。


防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

防犯は日頃の習慣から 防犯対策マニュアル

新生活シーズン、引っ越したばかりの家や新しい通勤経路の防犯面の弱点など、身を守る対策はチェックできているでしょうか?「春からもいままで通り」という方もこの機会に、現状の対策が適切か、自分はいままで通りでも、周辺の状況が変化していないか確認してみましょう。今回は、ちょっとした工夫で実践できる防犯TIPSをご紹介します。


4月1日(月)~4月14日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月1日(月)~4月14日(日)の運勢ーきらめきのヒントが届く 大人の12星座占いー

4月5日、コミュニケーションを司る水星がイレギュラーな動きを始めます。ここから4月いっぱいくらいは、物事の動きが鈍くなったり、コミュニケーションロスが発生したりしがちに……。年度始めでバタバタしがちな方も多いかもしれませんが、できるだけ時間に余裕をもって行動し、スケジュールや伝達事項は念には念を入れて確認しておくと良いでしょう。また、4月9日は日食。日食は「特別な新月」で、新たなことをスタートさせる方も多いでしょう。ただ、前述の通りの時期なので、物事の進展はゆっくりです。すぐに結果を出そうと思わず、長期戦のつもりでコツコツやってみると良いでしょう。


目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

目的に合わせて工夫しよう「青汁の飲み方」

青汁が「まず~い」と言われたのは、いまや昔の話。最近の青汁といえば、栄養価は高いまま、味もおいしい商品がたくさん登場しています。今回は、青汁の概要や、目的に合わせたおすすめの飲み方を紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


12星座占い