40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
大人の女性に似合う!きれいめリュックコーデのポイント

大人の女性に似合う!きれいめリュックコーデのポイント

ノートパソコンなどで荷物が重くなりがちな時、両肩でしっかり支えられて、両手も空けることができる便利なリュック。でも「子どもっぽく見えるかも」、「仕事用にはカジュアルになり過ぎるかも」といった大人のお悩みも……。そんなお悩みは、コーディネートを工夫して上手に解消しましょう。今回は、大人の女性におすすめしたいリュックコーデのポイントをご紹介します。


大人のリュックコーデのポイントは「上品さ」

リュックと女性の足元

荷物の量で崩れないデザインを選ぶ

布製やナイロン製のリュックを、中身を少なめにしてラフに持つのは定番ですが、仕事用だとちょっとカジュアルに見え過ぎることも。逆に、荷物を詰め過ぎてパンパンになると、野暮ったくなってしまいます。

そこで、形がしっかりしていて、荷物の量に関わらずシルエットが変わらないデザインを選べば、中身を問わず大人の上品な雰囲気をキープできます。大人のバッグの定番であるレザー素材は手堅いところ。ただしリュック自体が素材の性質上重くなりやすいので、荷物が多く重い方には、帆布や厚手のナイロン素材とレザーのコンビなどもおすすめです。

余った紐やベルトは垂らさない

ショルダーベルトの余りや、絞り紐の余りなどは、カジュアルなスタイルではそのまま垂らすことも多いのですが、レザー素材以外のベルトや紐をそのまま垂らしてしまうと、だらしない印象になりがちです。

カットすると長さを調整できなくなってしまうので、余った先を折り返してバックルに通したり、ベルトクリップやバックルクリップなどを使って、垂らさないように工夫してみましょう。

黒よりも「あえての中間色」を選んでみる

大人コーデの定番でもある「黒」。ただ、形がしっかりした黒リュックだと、スーツやオフィスカジュアルに合わせるのがなかなか難しいアイテムです。鮮やかな原色はレザー素材なら良いのですが、帆布はややカジュアル、ナイロンだとスポーティーなイメージになってしまいがち……。

そこでグレーや紺、カーキ、ブラウン、ベージュなど、合わせやすい中間色を選ぶようにすると、素材を問わずやわらかい雰囲気が出せて、大人女性のリュックらしくなります。手提げ用のハンドルにスカーフを結んだり、レザーのキーホルダーを付けたりしてアクセントをつけるのも良いですね。

リュックコーデを快適にするポイント3つ

「細い肩ベルト」はショルダーパッドで食い込み防止

女性用のリュックに多いのが、2~3cm幅の細い肩ベルトです。見た目は上品なのですが、荷物が重いと肩に食い込んで痛いと感じることもあるのではないでしょうか?

肩への負担を和らげる「ショルダーパッド」は、そんな時の強い味方。カメラバッグやアウトドアリュック用のクッションが入ったパッドはややかさばりますが、レザー素材を使ったパッドなら、見た目にも違和感がなくなじみやすいはずです。あらかじめショルダーベルトに通すタイプもありますが、外側から巻き付けるタイプを選べば「移動中だけ使って、お出かけ先では外しておく」といったことも簡単にできますよ。

気づかないうちに毛玉が!「洋服との擦れ」に要注意

毛玉とり

リュックを愛用している方でも、意外に気づかないのが「リュックと洋服の擦れ」です。特にノートパソコンなど重い荷物を入れる方は、肩や背中、腰などのリュックと擦れる場所に、気づかないうちに毛玉ができていることも!リュックと組み合わせる服は、洗濯やお手入れの際に肩や後ろ側も意識しておきましょう。

こまめに肩から下ろして「汗ジミ」を防ごう

リュックを腕に下げる女性

汗をかく季節、リュックと密着するショルダーベルトの周りや背中には汗ジミができやすくなります。リュックを下ろした途端、ベルト型の汗ジミがくっきり……なんて、できれば避けたいですよね。そこで、電車の中や待ち時間など、歩いて移動している時以外はこまめにリュックを肩から下ろして、風を通すのがおすすめです。

リュックスタイルを上手に取り入れられれば、おしゃれを楽しみながら、肩や手にかかる負担も分散できていいことずくめ。自転車移動などもしやすくなりますから、ぜひトライしてみてくださいね♪

関連するキーワード


コーデ術

関連する投稿


【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

肌の露出が増える夏は、体型カバーが難しいですよね。それでも、素材やシルエットを厳選することで、気になる部分をカバーして、細見えを叶えることはできます!「二の腕がちょっと……」、「胸やお尻の位置が下がってきた」などのお悩み別に、夏の着やせコーデをご紹介します。


お出かけを楽しく♪自転車に乗っていてもおしゃれなアクティブ冬コーデ

お出かけを楽しく♪自転車に乗っていてもおしゃれなアクティブ冬コーデ

三密になりやすい公共交通機関を避けたり、運動不足を解消したりするために、自転車に乗り始める人が増えているようです。動きやすい服で乗った方が良いと分かってはいるものの、それでも「寒いのはイヤ!」、「スカートをはきたい!」ということもありますよね。今回は、自転車にも乗れてあたたかく、動きやすいオシャレなコーディネートのポイントや、おすすめのアイテムをご紹介します。


最新の投稿


その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

肌の露出が増える夏は、体型カバーが難しいですよね。それでも、素材やシルエットを厳選することで、気になる部分をカバーして、細見えを叶えることはできます!「二の腕がちょっと……」、「胸やお尻の位置が下がってきた」などのお悩み別に、夏の着やせコーデをご紹介します。


色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

夏の必須アイテム「日傘」。みなさん、デザインだけで選んでいませんか? 日焼けを絶対したくない方も、暑さにとことん弱い方も、求めるものが違えば選び方も違うはず。どなたでも満足の1本を選べるように、今回は日傘の3つの効果と選び方をご紹介します。


夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新しい行事食として注目されている「夏越(なごし)ごはん」をご存じでしょうか?1年の前半を締めくくる6月30日に食べる、夏の食材の栄養がたっぷり盛り込まれたメニューです。今回は、夏越ごはんの由来と、おすすめの食材についてご紹介します。美容にも良い食材ばかりなので、必見です!


肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

ジメジメじっとり、ゆううつな梅雨がやってきました。私たちの体にも、曇り空とそっくりの重たい不調があらわれて来る頃ではないでしょうか。来たる夏に備えて、体調を崩すのは避けたいところ。今回は、梅雨特有の不調と、その対策をご紹介。心当たりのある方は、今日から実践スタートです!


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット