40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
手荒れにさよなら!手に年齢を語らせないお手軽ハンドケア

手荒れにさよなら!手に年齢を語らせないお手軽ハンドケア

手は「第二の顔」と呼ばれるほど、思った以上に見られている年齢の表れやすいパーツ。それなのに、顔のお手入れに比べ、なぜか怠りがちなハンドケア。ふっくらとツヤのある手は、それだけで若々しさや清潔感を演出してくれます。手に年齢を語らせないハンドケア、今日からスタートしましょう!


手は想像以上に見られている

女性の手

「手を見ればだいたいの年齢がわかる」という方もいるほどなのに、つい後回しになってしまうハンドケア。そのうえ、手洗い・消毒が頻繁になったことで、手荒れに悩む方も多いようです。

手荒れを放置すればその分老け見えしてしまいますが、その一方でケアの効果が分かりやすい場所でもあります。ふっくら若々しい手を目指して、日中のちょっとしたポイントと、寝る前のマッサージ法をご紹介します。

毎日の“ちょっとしたこと”が、ふっくら手を保つ

日々の手洗いや消毒、家事、紫外線に乾燥と、さまざまな刺激にさらされている手肌。キメの整った健やかな手肌は、日中のちょっとした意識で保たれ、カサカサした老け見えを防ぎます。

手洗い・家事はほんのりあたたかいぬるま湯で

食器洗いをする女性

熱めのお湯は必要な皮脂まで流してしまい、カサカサやささくれの原因を招いてしまいます。手洗いや家事で使う水温はぬるま湯か水がおすすめ。食器洗いなどの洗剤を使う時には、キッチングローブを使うのも手荒れ予防に有効です。

外出時は日焼け止めを忘れずに

日焼け止めを塗る女性

健やかなお肌づくりに日焼けは大敵!顔の日焼けは気にしていても、手の日焼けは忘れがちです。手にも使える日焼け止めを、化粧ポーチやお出かけバッグに入れておきましょう。外出先で手を洗ったら塗り直すのを忘れずに。また、紫外線の強い時季は、美白機能のあるハンドクリームもおすすめです。

すぐ手が届く場所にハンドクリームを数ヵ所設置

思い立ったらすぐに塗れるように、キッチン・洗面台・ベッドサイドなど、手がすぐ届く場所にハンドクリームを置いておきましょう。また、お出かけ時の持ち物には財布・鍵・スマホの他に小さめのハンドクリームをプラスして。

1日の疲れを解きほぐす、ハンドマッサージをナイトルーティンに

1日の終わりには1日の疲れをリセットするような気持ちで、刺激にさらされた手をマッサージで労ってあげましょう。あとは寝るだけ、朝まで手もお休み……そんな就寝前のナイトルーティンにハンドマッサージを組み込むのが理想的です。

ハンドマッサージの方法

夜のハンドケアは日中より多めのクリームを使います。指がなめらかに滑るくらいが適量です。両手でクリームを包んで温めてから、まずは手指全体に伸ばします。その後、各パーツを1〜6に分けてマッサージしましょう。

1:手の甲

骨と骨の間を手のひら側から手を回して、じっくりとほぐします。

手の甲

2:指

親指と人さし指で左右にねじりを加えながら、指先から付け根へと揉んでいきます。

指

3:指の付け根

親指と人さし指で、指の付け根(水かきの部分)をつまむように数回揉みます。

指の付け根

4:手のひら

手のひらを反らせて、指の腹を使って手のひら全体を押し込みます。

手のひら

5:手首

手首を軽く握って、そのままヒジまで数回さすり上げます。

手首

6:爪まわり

爪の根元の両側を、親指と人さし指で数回軽く押します。爪の根元は生まれたての柔らかい爪があるので、指先で強く押すのは厳禁。指の腹を使って行いましょう。

爪まわり

今日はお手入れをする時間があまりとれなかった、手に負担をかけてしまったな……と思ったら、寝る前はいつもより丁寧に。1回1回にこだわり過ぎず、毎日の習慣にするのが若々しい手をキープする秘訣です。手にはたくさんのツボがありますから、ハンドケアは心身のリラックスにも貢献してくれるはず。少し時間をとって、手も心も癒やしてあげましょう。

関連するキーワード


スキンケア ハンドケア

関連する投稿


その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


紫外線対策は夏前から!毎日の努力で美白・エイジング

紫外線対策は夏前から!毎日の努力で美白・エイジング

紫外線ケアを徹底する夏場に比べ、本格的に暑くなる前の時期の紫外線ケアはついつい気がゆるみがちではないですか?実は紫外線の照射量は、夏になる前からどんどん増えはじめ、5月~8月にかけてピークに達するので、この時期の紫外線こそ要注意!また紫外線を浴びることでシミができてしまった部分は、シワのリスクにつながるなどの肌老化も進むため(※)、紫外線対策は美白ケアのためだけでなくエイジングケアのためにも重要です。今回は、そんな大人の肌ケアには欠かせない紫外線対策をご紹介します。 ※当社研究所調べ。


大人の美しい肌を手に入れる“美肌習慣”のススメ

大人の美しい肌を手に入れる“美肌習慣”のススメ

春先は季節の変わり目で、体調だけでなく肌の調子も崩しやすい……といったことはありませんか?大人の肌を美しく保つためには、カラダとココロを健康に保つことが大切です。特に、40代頃の大人の肌は、今まで目立たなかった肌のたるみやハリの衰えなどを感じやすくなるため、毎日の暮らし方が肌の美しさを大きく左右します。そこで、今回は、季節の変わり目にトラブルを起こしがちな、大人の肌コンディションを整える“美肌習慣”をご紹介します。


春先の肌不調に!花粉の季節に気をつけたいスキンケア&インナーケア

春先の肌不調に!花粉の季節に気をつけたいスキンケア&インナーケア

梅の花が咲き始め、少しずつ春の兆しを感じるようになりました。立春を過ぎた頃から、ムズムズと気になり始める花粉。肌がゆらぎやすい季節の変わり目は、花粉による外的刺激も加わり、肌トラブルが続出しやすくなります。そこで今回は、肌の花粉対策&花粉シーズンのスキンケアとインナーケアについてご紹介します。


今日から始める美肌づくりのための「睡眠ルーティン」

今日から始める美肌づくりのための「睡眠ルーティン」

しっかりお手入れをしているのに、翌朝になると肌の調子がイマイチなんてことありませんか?実はその原因、肌と睡眠の関係にあるかもしれません。いつも通りのお手入れをしているのに、肌の調子が悪いと感じたら、眠りの質が低下しているかも…。質の良い睡眠を習慣化させることは、美肌を作るために重要な役割を担っています。あなたも「睡眠ルーティン」を取り入れ、ハリと潤いのある若々しい肌を手に入れましょう!


最新の投稿


その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

【体型悩み別】夏の着やせアイテム&コーデ

肌の露出が増える夏は、体型カバーが難しいですよね。それでも、素材やシルエットを厳選することで、気になる部分をカバーして、細見えを叶えることはできます!「二の腕がちょっと……」、「胸やお尻の位置が下がってきた」などのお悩み別に、夏の着やせコーデをご紹介します。


色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

色で効果が違う!?もう迷わない日傘の選び方

夏の必須アイテム「日傘」。みなさん、デザインだけで選んでいませんか? 日焼けを絶対したくない方も、暑さにとことん弱い方も、求めるものが違えば選び方も違うはず。どなたでも満足の1本を選べるように、今回は日傘の3つの効果と選び方をご紹介します。


夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新行事食「夏越ごはん」!美も健康も叶えるレシピをご紹介

夏の新しい行事食として注目されている「夏越(なごし)ごはん」をご存じでしょうか?1年の前半を締めくくる6月30日に食べる、夏の食材の栄養がたっぷり盛り込まれたメニューです。今回は、夏越ごはんの由来と、おすすめの食材についてご紹介します。美容にも良い食材ばかりなので、必見です!


肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

肩こり・頭痛・重だるい……低気圧不調のおすすめ対策

ジメジメじっとり、ゆううつな梅雨がやってきました。私たちの体にも、曇り空とそっくりの重たい不調があらわれて来る頃ではないでしょうか。来たる夏に備えて、体調を崩すのは避けたいところ。今回は、梅雨特有の不調と、その対策をご紹介。心当たりのある方は、今日から実践スタートです!


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット