40代、キレイの旅に漕ぎ出そう
春先の肌不調に!花粉の季節に気をつけたいスキンケア&インナーケア

春先の肌不調に!花粉の季節に気をつけたいスキンケア&インナーケア

梅の花が咲き始め、少しずつ春の兆しを感じるようになりました。立春を過ぎた頃から、ムズムズと気になり始める花粉。肌がゆらぎやすい季節の変わり目は、花粉による外的刺激も加わり、肌トラブルが続出しやすくなります。そこで今回は、肌の花粉対策&花粉シーズンのスキンケアとインナーケアについてご紹介します。


春先に肌トラブルが増えやすい5つの理由

花粉症の女性

暖かく過ごしやすい日が増え、気持ちがウキウキとする季節ですが、春の強い風や乾燥した空気など、肌にとっては過酷な環境です。春先に肌トラブルが多発する理由には、大きく5つの原因が挙げられます。まずは原因から探っていきましょう。

原因1:肌のバリア機能が低下

寒暖差による刺激で、“肌のバリア機能”が低下し、肌トラブルを起こしやすくなります。“肌のバリア機能”が低下することで、肌は水分が保てなくなり、カサついた乾燥状態に。

原因2:花粉やPM2.5などの外的刺激

春の強風が吹き始め、スギやヒノキの花粉、PM2.5などのアレルゲンが飛散。“肌のバリア機能”も低下しているため、さまざまな肌荒れが起こりやすくなります。

原因3:ティッシュペーパーやマスクなどの摩擦刺激

花粉による影響で、目のかゆみ・くしゃみ・鼻水などが起こりやすいため、何度も鼻をかんだり目をこすったり、マスクの取り外しなど、肌を摩擦することでダメージを与えてしまいます。

原因4:紫外線量の増加

春先から少しずつ紫外線量が増え始めます。紫外線は、シミやソバカスの原因になるだけでなく、シワやたるみなどの肌老化や乾燥など、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

原因5:新年度に向けての不安やストレス

環境の変化や、新しい人との出会いが増える新年度。新生活に向けての不安やストレスなどにより、ホルモンのバランスが乱れ、肌トラブルを起こしやすくなります。

花粉シーズンのスキンケアのポイント

花粉シーズンは、普段は肌トラブルの少ない人でも敏感肌になったりすることがあります。お手入れの際に“カサつき”や“ピリつき”を感じたら、毎日のスキンケアを見直してみましょう!次に、洗顔や保湿ケアについてのポイントをご紹介していきます。

~クレンジング&洗顔編~

洗顔

POINT1:肌への刺激を避ける

花粉時期のスキンケアで重要なのが、肌への刺激を避けること。クレンジングや洗顔の際に、強くこすったり、爪を立てるのはNGです。指の腹を使い、軽く滑らせるようにして、優しく洗いましょう。

POINT2:洗顔料は十分に泡立てる

洗顔の際は、洗顔料をたっぷりと泡立てること。肌の上で泡を転がすようにして、余計な皮脂や汚れをからめとります。泡立てないタイプの洗顔料の場合は、肌の上でクルクルと指を滑らせるようにして、なじませるように洗います。

POINT3:ぬるめのお湯で洗い流す

洗顔料をすすぐ際は、お湯で肌を乾燥させないように注意しましょう。必要な保湿成分まで失われないように、ぬるめのお湯(32℃ぐらい)で洗い流します。

POINT4:タオルをそっと押しあてる

洗顔後に肌の水分を拭きとる際は、柔らかいタオルを使用して、肌に摩擦がかからないように、そっと押しあてるように拭きます。

~保湿ケア編~

保湿ケア

POINT1:洗顔や入浴後は、すぐに保湿

洗顔後や入浴後は、肌から保湿成分が流出して乾燥しやすい状態です。特に、花粉シーズンは、肌のバリア機能が低下しているので、洗顔後や入浴後はすぐに保湿ケアを行いましょう。

POINT2:保湿ケアは“とにかく優しく”が合言葉!

花粉時期で敏感になっている肌は、コットンの繊維でかゆみを感じたり、パッティングで肌が赤くなってしまうことも……。保湿ケアの際は、手のひらに化粧水・乳液を取り、肌の状態を手で確認しながら、優しくなじませましょう。

POINT3:化粧水だけの保湿ケアでは不足

化粧水を塗布すると、肌が潤って保湿されたように感じますが、すぐに水分は蒸発してしまいます。化粧水の塗布後は、必ず油分となる乳液やクリームなどを併用し、肌内部に潤いを閉じ込めるようにしましょう。

POINT4:唇の保湿ケアも忘れずに!

唇は、角質層が薄いため、肌よりも刺激を受けやすく乾燥しやすい部分です。リップクリームやリップバームなどを塗り、唇にも潤いを与えるようにしましょう。

毎日の生活における花粉対策

マスク着用による肌荒れ対策とは?

加湿器

マスク生活が長引く中で、マスク着用時に起こる「乾燥」、「摩擦」、「蒸れ」が原因の肌トラブルが急増しています。肌の乾燥や摩擦ダメージの対策には、徹底的に保湿ケアを行うことが重要です。肌のバリア機能が低下して、肌内部に水分を保てなくなっているので、たっぷりと潤いを補給しましょう。保湿ケアにプラスして、デスクの脇に携帯用の加湿器などを置くのも効果的です。

また、マスク内の蒸れにより雑菌が繁殖することで、ニキビや吹き出物ができやすくなります。こまめにマスク内の汗を拭きとる、帰宅後はすぐに洗顔するなど、肌を清潔に保つように心がけましょう。

食事で緩和!花粉のお悩み改善・対策に注目されている食材

花粉に負けない肌を作るには、規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動、ストレスを溜めないなど、“美肌作りの基本”が肝心です。“美肌作りの基本”を徹底したうえで、花粉対策に効果的な食材を活用するのもおすすめです。花粉に伴うお悩みに対し、有効と注目されている食材をご紹介します。食事の際に積極的に摂り入れてみてはいかがでしょうか?

ゴボウやレンコン

ゴボウやレンコンなどの根菜類には食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を整え、花粉のお悩み改善に良いとされています。

ヨーグルトや納豆

納豆や味噌、ぬか漬けやキムチ、ヨーグルトなど、発酵食品には腸内環境を整える善玉菌が豊富に含まれています。

サバやイワシ

サバやイワシ、サンマやマグロなどに含まれるαリノレン酸、多価不飽和脂肪酸には、抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。

鰻や鶏レバー、牛肉や豚肉

鰻、鶏レバー、牛肉、豚肉、ほうれん草、モロヘイヤ、にんじんなど、ビタミンAを豊富に含む食材には、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

ケール

「野菜の王様」とも呼ばれるケールには、アレルギーを抑制する成分として、糖脂質やポリフェノールの一種であるフラボノール配糖体が含まれています。野菜ジュースや青汁として摂取するのもおすすめです。

肌が敏感になりやすい花粉シーズン。花粉による身体への刺激を最小限に抑えるよう、毎日の生活習慣を見直すことも大切です。身体の内と外から、肌のバリア機能を高めるアプローチを心がけ、健やかなお肌で過ごしましょう!

関連するキーワード


スキンケア

関連する投稿


気になる毛穴をタイプ別にケア!今年の夏は“毛穴レス”な大人肌へ

気になる毛穴をタイプ別にケア!今年の夏は“毛穴レス”な大人肌へ

夏になると目立ち始める毛穴の開きや詰まり。夏場の肌は、気温や湿度が上がることで皮脂が過剰に分泌され、普段よりも毛穴が目立ちやすくなります。詰まった皮脂を放置してしまうと、皮脂が酸化し黒ずみの原因に。特に、40代以降の大人の肌は、たるみ毛穴からシワになってしまう恐れも……。今回は、大人の肌悩みに多い毛穴について、毛穴のタイプ別にお手入れ方法をご紹介します。


その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

その塗り方、間違えてない?大人肌のための“日焼け止めの基本”

一年を通して、紫外線が最も強くなる7月から8月。紫外線は、日焼け・シミ・シワ・肌老化などの原因となる、肌の天敵です。「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と油断していませんか?実は、日焼け止めを正しく使えていないと、肌は無防備な状態と同じなんです!そこで今回は、紫外線から肌を徹底ガードするために、日焼け止めの正しい使い方・落とし方と日焼け後のケアをご紹介します。


紫外線対策は夏前から!毎日の努力で美白・エイジング

紫外線対策は夏前から!毎日の努力で美白・エイジング

紫外線ケアを徹底する夏場に比べ、本格的に暑くなる前の時期の紫外線ケアはついつい気がゆるみがちではないですか?実は紫外線の照射量は、夏になる前からどんどん増えはじめ、5月~8月にかけてピークに達するので、この時期の紫外線こそ要注意!また紫外線を浴びることでシミができてしまった部分は、シワのリスクにつながるなどの肌老化も進むため(※)、紫外線対策は美白ケアのためだけでなくエイジングケアのためにも重要です。今回は、そんな大人の肌ケアには欠かせない紫外線対策をご紹介します。 ※当社研究所調べ。


手荒れにさよなら!手に年齢を語らせないお手軽ハンドケア

手荒れにさよなら!手に年齢を語らせないお手軽ハンドケア

手は「第二の顔」と呼ばれるほど、思った以上に見られている年齢の表れやすいパーツ。それなのに、顔のお手入れに比べ、なぜか怠りがちなハンドケア。ふっくらとツヤのある手は、それだけで若々しさや清潔感を演出してくれます。手に年齢を語らせないハンドケア、今日からスタートしましょう!


大人の美しい肌を手に入れる“美肌習慣”のススメ

大人の美しい肌を手に入れる“美肌習慣”のススメ

春先は季節の変わり目で、体調だけでなく肌の調子も崩しやすい……といったことはありませんか?大人の肌を美しく保つためには、カラダとココロを健康に保つことが大切です。特に、40代頃の大人の肌は、今まで目立たなかった肌のたるみやハリの衰えなどを感じやすくなるため、毎日の暮らし方が肌の美しさを大きく左右します。そこで、今回は、季節の変わり目にトラブルを起こしがちな、大人の肌コンディションを整える“美肌習慣”をご紹介します。


最新の投稿


大人の指先を華やかに彩る!マニキュアで楽しむ“秋のセルフネイル”

大人の指先を華やかに彩る!マニキュアで楽しむ“秋のセルフネイル”

ダークなトーンが多くなりがちな秋のファッション。大人の華やかさを演出する差し色として、マニキュアでネイルデザインを楽しんでみてはいかがでしょうか?ネイルデザインに、秋の人気カラーであるボルドーやカーキを取り入れるだけで、グッとトレンド感がアップします。今回は、セルフネイルの基本とマニキュアで楽しめる秋のネイルデザインをご紹介します。


外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

外から温めるだけでは足りない?今日から始める温活習慣

40代からは下半身の筋肉が落ちやすく、冷え・むくみなどが起こりがちです。しかし若い頃のように「冷えた時に温める」だけでは対策として万全とは言えません。大人世代には、普段から体を温め、冷えが原因の不調やつらさを予防する「温活」が重要です。今回は、温活の考え方や手軽に取り入れられる方法をご紹介します。


病気じゃないかも、でもつらい……理解されにくい「不定愁訴」との付き合い方

病気じゃないかも、でもつらい……理解されにくい「不定愁訴」との付き合い方

たぶん健康だと思うけど「元気!」という感じがしない、頭が重い、疲れがとれない……。こうした自覚症状がありながら、病名がつかないようなケースを『不定愁訴』と言います。不定愁訴の多くは検査を受けても異常がなく、しかも本人の自覚症状も変化するため、周囲の理解を得られにくいものです。なんだかずっと不調が続く、そんな方に向けて不定愁訴の症状や付き合い方を解説します。


カンタン風水で金運アップ♪お金を呼び込む行動&お財布とは

カンタン風水で金運アップ♪お金を呼び込む行動&お財布とは

開運の代名詞としてメジャーな風水。占いと思われていることも多いのですが、そもそもは住まいをはじめとする環境を整え、開運に導く「環境学」です。しかし、よい環境に住んでいれば自動的に運が良くなるというわけではありません。日々の行動や習慣も重要なのです。ひとことで開運と言っても、なかでも気になるのは、金運ではないでしょうか?というわけで、今回は、毎日の行動やいつも使うお財布で金運をアップする風水をご紹介します。


いますぐはじめる!女性目線で備える防災

いますぐはじめる!女性目線で備える防災

9月1日は「防災の日」。普段なんとなく「職場」、「地域」、「家族」といった単位で考えられがちな防災対策。でも、女性目線で考えると、それだけでは足りない備えが意外と多いものです。今回は、女性のために役立つプラスアルファの防災TIPSについてご紹介します。


Attenir online shop

最近話題のキーワード

KIREI Cruiseで話題のキーワード


ダイエット 温活 セルフケア アロマ リラックス法